伊原木隆太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
伊原木 隆太
いばらぎ りゅうた
生年月日 (1966-07-29) 1966年7月29日(50歳)
出生地 岡山県岡山市
出身校 東京大学工学部
スタンフォード大学ビジネススクール
前職 天満屋代表取締役社長
所属政党 無所属
称号 工学士東京大学・1990年)
MBA(経営管理学修士)スタンフォード大学・1995年)
公式サイト いばらぎ隆太後援会 - 生き活き岡山 -

岡山県の旗 公選第18・19代 岡山県知事
当選回数 2回
在任期間 2012年11月12日 - 現職
テンプレートを表示

伊原木 隆太(いばらぎ りゅうた、1966年7月29日 - )は、日本実業家政治家

公選第18・19代岡山県知事(2期目)。元天満屋代表取締役社長。父は前天満屋代表取締役会長の伊原木一衛。

来歴[編集]

1966年岡山県岡山市の地元百貨店・天満屋の創業家に生まれる。岡山大学教育学部附属中学校岡山県立岡山大安寺高等学校東京大学工学部を卒業。1995年スタンフォード大学経営大学院(ビジネススクール)にてMBA(経営管理学修士)を取得した[1]1998年、父・伊原木一衛の後任として、天満屋代表取締役社長に就任した。以後14年にわたり同社社長を務める。

2012年5月、天満屋代表取締役社長を退任。同年6月、10月に実施される岡山県知事選挙に出馬する意向を表明した。伊原木の出馬表明の直後、現職の石井正弘は5期目の不出馬を表明した。

伊原木は自由民主党公明党たちあがれ日本の推薦を受けたほか、天満屋時代の人脈を生かし地元岡山県の経済団体、約2000の企業・団体、連合の支持も受け、約36万票を集め、元民主党県議会議員の候補者、日本共産党推薦の候補者など3人の対立候補を破り、初当選を果たした。

戦後の公選の歴代岡山県知事(西岡広吉三木行治加藤武徳長野士郎石井正弘)はいずれも官僚経験者であったことから、伊原木が初の民間出身の岡山県知事となった[2]

略歴[編集]

政策・主張[編集]

岡山県知事就任後のインタビューで、前知事の石井正弘による行財政改革を、先々代の長野士郎県政で発生した大規模公共事業による負債を現役職員に負担を強いるものであるとして、職員に同情を示しつつも、行財政改革を引き続き推進する方針を表明している。そのうえで、新たな財政指針を策定することを表明し、「明確に無駄と言えるのは受益者自身がコストを払うつもりのないサービス」であると発言、医療費無料化に代表される無料の医療福祉サービスに対し「基本的に無料のものは無駄遣いされる」と述べ、「低所得者層や母子家庭にはバウチャーで対応するべきだ」との見解を示した。また、最重要課題として2011年度に校内暴力発生率・不登校率が全国ワーストとなり、全国学力テストでも低迷する教育の再生と産業振興を挙げ、とりわけ教育に対しては「やるべきことをやるより権利を主張する人間を育てているのではないかという思いがある」とし、規範意識の育成が急務であるとの認識を示している[4]

2013年2月からは、知事と県民の対話の機会として「知事と一緒に生き活きトーク」を開催している。

人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ プロフィール | いばらぎ隆太後援会
  2. ^ 岡山県知事選で伊原木氏当確 元県議ら3人破る(山陽新聞、2012年10月28日)
  3. ^ 知事のプロフィール(岡山県秘書課)
  4. ^ トップ・インタビュー 伊原木隆太・岡山県知事(時事ドットコム、2013年3月1日)
  5. ^ フォトアルバム(平成25年8月)(岡山県秘書課)8月1日分を参照
  6. ^ 伊原木・岡山県知事が来訪 - 女流名人戦中継ブログ・2015年2月8日
  7. ^ 控室に伊原木知事と菅井七段 - 女流名人戦中継ブログ・2017年2月5日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


14-17代:
石井正弘
岡山県の旗 岡山県知事
18・19代:2012 - 現職
次代:
-