川勝平太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
川勝 平太
かわかつ へいた
内閣府地方創生推進室より公表された肖像
生年月日 (1948-08-16) 1948年8月16日(75歳)
出生地 日本における郵船商船規則の旗 日本 大阪府
出身校 早稲田大学大学院経済学研究科修了
オックスフォード大学大学院修了
前職 静岡文化芸術大学学長
現職 静岡県知事
所属政党 無所属
称号 経済学修士(早稲田大学)
D.Phil.(オックスフォード大学)
公式サイト 静岡県/ようこそ知事室へ

静岡県の旗 第17-20代 静岡県知事(公選)
当選回数 4回
在任期間 2009年7月7日 - 2024年5月9日(退職予定[1]
テンプレートを表示
川勝 平太
生誕 (1948-08-16) 1948年8月16日(75歳)
日本の旗 日本 大阪府
国籍 日本の旗 日本
研究機関 早稲田大学
国際日本文化研究センター
静岡文化芸術大学
研究分野 比較経済史
母校 早稲田大学政治経済学部卒業
早稲田大学大学院経済学研究科
博士課程
指導教員
ピーター・マサイアス[2]
他の指導教員 正田健一郎
影響を
受けた人物
ピーター・マサイアス今西錦司梅棹忠夫
影響を
与えた人物
小渕恵三
石川嘉延
実績 「文明の海洋史観」の提唱
「富国有徳」の提唱
受賞 国際交流基金
十周年記念論文賞
1983年
アジア・太平洋賞
特別賞

1996年
読売論壇賞1998年
南十字国家勲章コメンダドール位(2016年
テンプレートを表示

川勝 平太(かわかつ へいた、1948年昭和23年〉8月16日 - )は、日本経済学者歴史学者政治家静岡県知事(公選第17・18・19・20代)。

早稲田大学政治経済学部教授国際日本文化研究センター副所長、財団法人総合研究開発機構理事静岡文化芸術大学学長(第2代)、学校法人静岡文化芸術大学理事長(第2代)を歴任した。

人物

大阪府で生まれ[3]京都府京都市で育つ[3]1997年以降長野県北佐久郡軽井沢町に自宅があるが[4][5]、静岡県知事就任後は基本的に静岡市葵区にある知事公舎に入居している[6]

経済学者であり専攻は比較経済史で、研究内容としては英国議会資料の分析などが挙げられる。早稲田大学で助手、講師、助教授、教授、国際日本文化研究センターで教授、副所長、財団法人総合研究開発機構理事などを歴任した。元静岡県知事の石川嘉延に「富国有徳」との県のスローガンを提案するなどブレーンとして活動した。このため、知事への立候補の際には地元の京都府知事ではなく静岡県で知事を務めることになる(後述)[注 1]

後に、石川からの要請を受け、静岡文化芸術大学の学長に就任した[3]

その後、石川の辞任を受け、いったんは立候補を否定したものの、2009年6月5日に静岡県知事選挙への出馬を表明した。公職としては、小渕内閣に設置された「21世紀日本の構想」懇談会[7]第1次安倍内閣に設置された教育再生会議[8]と「美しい国づくり」企画会議[9]に於いて委員を務め、国土交通省では国土審議会の委員を務めた。京都市社会教育委員会委員、東京都大学運営諮問会議新大学の教育研究に関する検討会委員にも就任した。

来歴

生い立ち

京都府出身[10]石油石炭セメントの販売を営む三光商店(後の三光商事)代表取締役を務めた川勝弘の長男として生まれる[11][12][13]。母は同じく三光商店社長を務めた中島真治の長女[11][14]。高校は京都市内の洛星高等学校に通い、卒業した[15]。当時の同級生には、建築家六鹿正治医学者の竹中洋と市田隆文、経済学者の杉村芳美、法学者嶋津格らがいる[15]早稲田大学政治経済学部経済学科に進学[10]1972年3月に同学を卒業すると、早稲田大学大学院経済学研究科に進学[10]1975年3月、同院における修士課程を修了[10]。大学時代の指導教授は正田健一郎である[16]。その後、同大学の大学院博士課程在学中に、イギリスに渡り、1977年から1981年までオックスフォード大学ウルフソン・カレッジ英語版で、ピーター・マサイアス英語: Peter Mathiasの指導を受けた[17]1985年10月、オックスフォード大学で博士号を得た[10][18]

研究者として

第1次安倍内閣の「美しい国づくり」企画会議の委員就任に際して公表された肖像写真

早稲田大学の政治経済学部助手、講師、助教授を経て、1990年4月に教授に昇任した[10]1998年4月、国際日本文化研究センター教授に就任した[10]

その後、2007年4月に静岡文化芸術大学学長に就任した[10]。学校法人静岡文化芸術大学理事長は静岡県知事石川嘉延であり、石川の誘いを受けて学長に就いた。その後、理想の学校教育具現化委員会などで石川県政を支え、静岡県学術教育政策顧問の廣部雅昭と共に石川のブレーンとして活動した。

政治家として

2013年9月1日ふじのみやスポーツ公園で実施された「静岡県・富士宮市・富士市総合防災訓練」にて
2014年4月21日、世界遺産認定書伝達式にて外務大臣岸田文雄(右)と

2009年5月、自由民主党民主党に所属する静岡県議会議員、日本労働組合総連合会静岡県連合会、民主党代表代行小沢一郎らから、同年7月の静岡県知事選挙への出馬要請を受け[19]、自由民主党・民主党の相乗り候補者として名前が挙がった[20]。静岡県知事選挙への立候補が取り沙汰されると、川勝は「私の身は理事長(石川嘉延知事)に預けてある。理事長が『やれ』と言うならノーとは言わないが、99.99%ないと思う」[21]と述べて立候補を否定していた。超党派の議員らから立候補を要請されても、川勝は「身を理事長(石川嘉延知事)に預けている」[22]との理由から、これを固辞していた。自由民主党の静岡県議会議員らは、当初は川勝の擁立を目指したものの、最終的には離脱した。

その後、出馬・不出馬に関する発言を二転三転しつつも[23][注 2]、最終的に民主党、社会民主党国民新党の推薦で同選挙への立候補を表明した。立候補表明直前に学校法人理事会に対し辞表を提出し、受理された[25]。退任後の2010年11月、静岡文化芸術大学の名誉教授となった[26]

選挙戦は自由民主党と公明党が推薦した元参議院議員の坂本由紀子との激しい戦いとなった。民主党は、元参議院議員の海野徹と川勝の候補一本化を目指したものの不調に終わり、分裂選挙となった。鳩山由紀夫岡田克也菅直人など民主党幹部も連日応援に駆けつけた結果、坂本を15,000票差で破り初当選した。

※当日有権者数:3,037,911人 最終投票率:61.06%(前回比:増加16.57pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
川勝平太60無所属728,706票39.58%民主党国民新党社会民主党推薦
坂本由紀子60無所属713,654票38.76%自由民主党公明党推薦
海野徹60無所属332,952票18.09%
平野定義59日本共産党65,669票3.57%

2009年7月7日、静岡県選挙管理委員会の告示を経て、静岡県知事に就任[27][28]。知事の任期は、選挙の投開票が行われた7月5日から4年間となる[28]

2013年6月16日に投開票が行われた知事選挙ではスポーツコンサルタントの広瀬一郎らを破り再選。

※当日有権者数:3,026,955人 最終投票率:49.49%(前回比:減少11.57pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
川勝平太64無所属1,080,609票72.61%
広瀬一郎57無所属345,617票23.22%自由民主党支持
島津幸広56日本共産党61,980票4.16%

2017年6月25日に投開票が行われた知事選挙ではバルセロナオリンピック柔道銀メダリストの溝口紀子を破り、3選した[29]

※当日有権者数:3,060,965人 最終投票率:46.44%(前回比:減少3.05pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
川勝平太68無所属833,389票59.67%連合静岡推薦
溝口紀子45無所属563,316票40.33%

2021年6月20日に投開票が行われた知事選挙で、前参議院議員の岩井茂樹を破り4選[30][31]

※当日有権者数:3,014,952人 最終投票率:52.93%(前回比:増加6.49pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
川勝平太72無所属957,239票60.50%連合静岡推薦
岩井茂樹53無所属624,967票39.50%自由民主党推薦

辞意表明

知事在職中に数々の物議を醸す失言や行動が続いた(下記)、2021年、自民改革会議と公明党県議団は知事を失職させる知事不信任決議案の提出を検討した。しかし決議には前議員の3/4の賛成が必要であり、知事を支持する立憲民主党議員らからなるふじのくに県民クラブが反対したために決議に至らなかった[32]。そのため知事の給与減額条例および拘束力のない辞職勧告決議が可決されるにとどまり、川勝は知事続投を宣言した。その後も問題発言や問題行動が続いたが、区切りがついたとして、2024年4月に知事辞任の表明を行った(後述)。当初は6月の県議会開会のタイミングで辞職することを明言していたが、早期の辞職を要求する意見が高まったこともあり、予定を前倒しして同年4月10日に中沢公彦県議会議長に辞職願を提出した。これにより同年5月9日付で知事を退職する見通しとなった[33]

家族・親戚

川勝家は代々農業を営み、南桑田郡(現・亀岡市)で有数の大地主として知られた[34]。六世祖父・光従、五世祖父・平太夫の2代にわたって庄屋を営み、特に六世祖父の在職中には天保の大飢饉に遭遇し、幾多の困難を冒して郷土のために奮闘した[34]。墓所は亀岡市旭町の川勝家墓地にあり、同地の臨済宗大雲寺を菩提寺とする[34]

川勝家

自家

  • 六世祖父・(葵菴?)光従(生没年不明)
  • 五世祖父・平太夫(生没年不明)
  • 高祖父・儀左衛門(生没年不明)
    八木貯金銀行取締役[35]。妻は五世祖父・平太夫の長女・かる[34]
    京都府会議員を務めた曽祖父・光之助
  • 曽祖父・光之助1854年4月4日安政元年3月7日)生)
    高祖父・儀左衛門の長男として南桑田郡旭村に生まれる[34][36]。7代目の家督を継いだのち、1875年(明治8年)旭村戸長に挙げられ、1879年(明治12年)3月に最初の京都府会議員に当選した。1881年(明治14年)3月辞任の後、1882年(明治15年)7月(補欠)、1884年(明治17年)6月、1888年(明治21年)1月と改選期ごとに再選され、1889年(明治22年)死亡退職するまで在任した。その間、常置委員に4回、第5組幹事に3回挙げられる[34]
    府会で活動するかたわら、郷里にあっては1879年(明治12年)地方有力者とともに盈科義塾を設立し、また地方衛生会委員、日本赤十字社幹事、京都倶楽部委員などを兼ねた[34]。一方で、1886年(明治19年)有志と京都倉庫株式会社を発起してその重役となり、翌1887年(明治20年)5月には京都染物会社(のち京都織物会社に合併)の発起人となる。さらに1889年(明治22年)には京鶴鉄道会社を発起し、発起人中より選ばれて創立委員となるなど実業界においても活躍した。 若くして政界・実業界に頭角をあらわし、前途を嘱望されていたものの肺がんのため、1889年(明治22年)9月25日に京都市上京区西洞院下立売下ル西側の別宅で死去した[34]。享年36[34]
    妻は旭村の農業、平井孝兵衛の次女・やお子[34]。弟は園部銀行頭取を務めた高見種吉[36][37]。なお高見の妹(養子先)は商工貯金銀行支配人を務めた野村鶴次郎に嫁ぎ、野村の妹が永山武敏霊友会初代会長)の弟・武美に嫁いでいるため、川勝家は高見家・野村家をまたいで永山家とも縁戚関係を結んでいることになる[38][39]
  • 祖父・誠之(1884年(明治17年)5月生)
    旭村村長[40]。園部銀行監査役[41]。桑船酒造組合長[42]。戦前まで造り酒屋(旭酒造)を営んでいた[43][44]。妻は園部商工銀行頭取を務めた湯浅平吉の長女・ヨシエ[45]
  • 父・1917年大正6年)12月15日生)
    祖父・誠之の長男として生まれる[11]1942年(昭和17年)早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後、日本石炭配炭公団を経て、1949年(昭和24年)に三光商店(後の三光商事)入社[11]。その後、同社取締役となり、1965年(昭和40年)代表取締役に就任[11]。その後、三光商事専務に就任[13]
  • 母・定子1925年(大正14年)8月20日生)
    中島真治(三光商店社長)の長女[11][14]梅花高等女学校卒業[11][14]

親族

政策・主張

静岡空港

2012年9月2日静岡空港で実施された「静岡県総合防災訓練」にて防衛副大臣渡辺周(手前左)、陸上自衛隊陸上幕僚長君塚栄治(手前中央)らと
2014年8月31日静岡県下田市で実施された「静岡県・賀茂地域総合防災訓練」にてアメリカ合衆国海兵隊未来軍事作戦企画担当官レマスター(中央)らと
  • 静岡県知事の石川嘉延と2005年に行った対談の中で、静岡県内への空港設置について話が及んだ。この対談において、川勝は国外からの観光客誘致の重要性を指摘した上で「当然、空港も必要でしょう」[49]と提言している。
  • 空港の立地条件について、「国際空港は東京の外れや大阪湾ではなく、富士山が見える場所にあったほうが日本らしい」[49]と主張している。
  • 静岡県知事選挙への立候補に際しては、川勝は「トップセールスで日本の表玄関としての静岡空港の利用率を高める」[50]と主張している。
  • 知事就任後は、静岡空港への就航便数の増加を狙い、自ら積極的に売り込みを図っている[51]
  • 静岡県議会の定例会では、空港反対派の議員から知事による売り込みの効果を疑問視する質問がなされたが、川勝は「何としてもですね、あの空港を立派に育てようと決意して知事になったんです」[52]と強く反論した。

中央新幹線

中央新幹線の工事を巡って、大井川の水量減少対策が示されていないとして、着工の許可を認めなかった。川勝自身は「リニア賛成」、「リニア推進派」であることを幾度も自称しているが[53]、JR東海から対策を示されても頑なに応じないため、川勝に対して「リニアを妨害している」という批判が少なくなかった[54]。2024年3月、JR東海が川勝による静岡区間の事業不認可のために2027年までの開業を延期すると発表すると、「リニアの開業時期が延期され、自分の責任は果たした」として任期途中での知事辞任を発表した。川勝から直接辞任の経緯の説明を受けた議会議長の中沢公彦は、「(JR東海への)嫌がらせが成就したので私の役目は終わったという感じだった。」と述べた[55]

沼津駅高架線事業

  • 静岡県知事に就任した当初は、沼津駅高架線事業を不要として貨物駅不要論を唱え「絶対に強制収用は行わない」と主張していた。
  • しかし、当選4年後の2014年に「貨物駅不要論」を取り下げて、県議会で高架事業の推進を明言した。低環境負荷の大量輸送手段であり、東日本大震災で代替として主張していたトラック輸送に頼った脆弱性が現実で示され、貨物ターミナルの整備がいかに重要かを理解したことで方針を転換したと指摘されている[56]。同年9月県議会で川勝は事業推進を表明、振り出しから再スタートさせた。2019年9月に県と沼津市は土地収用法に基づく手続きに入り、2020年4月に県収用委員会の未買収用地の権利取得と明け渡しを求める判決が下り、市は未買収用地7件に補償金を支払ったが、元地権者1人が反対を継続した。
  • 2020年10月27日、川勝は「強制収用はできる限り避けなくてはならないが、強制というより、法律に基づいたものなので仕方ない。強制収用しなければらちが明かない立場もありうる」と述べた。県と市は同年11月10日に強制収用の請求を行った。
  • 川勝は元地権者と会談を行った際に「非常に和やかな会談で、意義があった」と主張したが、地権者側は「一方的に突然きて、話し続けただけ。ただのパフォーマンスだ」と怒りを露わにした[56]
  • 静岡経済新聞編集長の小林一哉は「知事の横やりで事業が10年近く遅れたと嘆く沼津市民らは多い」と指摘した[56]
  • 元沼津市長の栗原裕康は「4年間は知事の貨物駅不要論で事業は完全にストップした。知事に沼津市のこれまでの取り組みや貨物駅の必要性を何度も説明したが、まったく聞く耳を持たなかった。ただの巧言令色である。政治家として責任を取ることはなかった」と批判している。

中韓外交

  • 2010年1月の中国訪問に際し、川勝は「訪中を通じて(石川前知事から)教えを受けたい」[57]と述べ、石川に対し同行を要請した。石川はこの申し出を承諾したため、川勝と石川の両名が副主席習近平らと会談することになった[57]
  • 2013年4月30日、韓国・忠清南道と友好協定を締結した[58]
  • 2014年3月22日、同年6月の朝鮮通信使を顕彰する記念式典に韓国の朴槿恵大統領の出席を要請する招待状を送付していたことが明らかとなり、県内外から電子メールや電話など180件の苦情が寄せられた[59]

富国有徳

川勝は自著『富国有徳論』などの中で「富国有徳」の概念を提唱している。

「富国有徳」について静岡県発行の「ふじのくに「有徳の人」づくり大綱ー誰一人取り残さない教育の実現に向けてー」において川勝はこう説明している[60]

(前略)「富国有徳」は、霊峰・富士の字義を体し、「富(豊富な物産)」は「士(有徳の人材)」に支えられ、「富」は「士」のために用いる、「徳のある、豊かで、自立した」地域をつくり、富士山の姿に恥じない理想郷を目指すものです。 “ふじのくに”づくりの礎は“人”であり、霊峰・富士の姿のように、気品をたたえ、調和した人格を持つ「士」すなわち「有徳の人」の育成が“ふじのくに”の教育理念です。 — 川勝平太、ふじのくに「有徳の人」づくり大綱ー誰一人取り残さない教育の実現に向けてー

まだ同書においてこの考え方はSDGsの考えと合致するとも述べている[60]

第84代内閣総理大臣小渕恵三は、意味は分からないもののこのことばに感銘を受け、自らのモットーの一つとして「富国有徳」を挙げていた[61]施政方針演説の中で「富国有徳」について触れており[62]、この理念の下で教育立国と科学技術創造立国を実現すると主張した[63]。首相就任後、小渕は「21世紀日本の構想」懇談会を設置し、その委員に川勝を選任した[7]。川勝は第四分科会にて座長を務め、懇談会のまとめた報告書に「富国有徳」の概念を盛り込んだ[64]

第49 - 52代静岡県知事の石川嘉延も「富国有徳」の思想に賛同した一人であり、静岡県の県政のキャッチコピーとして「富国有徳――しずおかの挑戦」を掲げた。石川は学校法人静岡文化芸術大学理事長を兼任していたが、学長だった木村尚三郎が死去すると、石川は後任の学長として川勝を招聘した。その後、川勝は静岡県が設置した「理想の学校教育具現化委員会」にて委員を務めるなど[65]、石川県政のブレーンの1人として活躍した。石川の後継者を決める静岡県知事選挙への立候補に際し、川勝は「石川知事が私の言葉を引用してくださったのも、ここ静岡県に“理想の日本”を創る、という私の使命感につながる」[66]と語っている。

憲法・安全保障を巡る発言

イラクへの自衛隊派遣には賛成したが、その復興を巡っては、「憲法で自衛隊は武力は使わないことになっている。実質的に紛争地域であるイラクで万が一、自衛隊が戦闘行為に及ぶことがあった場合は、即座に撤退すべき」「国際紛争を武力で解決しないという憲法9条の精神は、不戦条約国連憲章と響きあう普遍性をもつ。憲法が施行されたとき、日本は国際紛争を処理する国力を備えていなかった。その後、経済力、文化力をつけ、アジアの西端を視野に入れるところまできた。憲法の理念を、世界に対し具体的な形にする必要がある。ただ、そのための政治力は乏しい。イラク復興を含む中東問題の根っこにパレスチナ紛争があることは、ゆめゆめ忘れてはならない」と語った[67][68]

憲法改正私案

2018年1月に川勝が作成した憲法改正私案の存在が報じられた。この私案は、富士山は日本国土統合の象徴であるとする条文を新たに憲法9条として制定し、従来の9条は10条に移行したうえで「国民と国土の平和と安全の維持に必要最小限の武力を保持する」として自衛隊の存在を明記したものであった[69]

理想とする内閣

川勝は「日本最強内閣」としての閣僚には誰が最適かとするアンケートにて、内閣総理大臣櫻井よしこ外務大臣曽野綾子厚生労働大臣中村桂子内閣官房長官中山恭子、の4人の女性の名を挙げている[70]。その他の閣僚としては、総務大臣丹羽宇一郎財務大臣堺屋太一文部科学大臣寺田典城農林水産大臣竹中平蔵防衛大臣山折哲雄を列挙し[70]無任所の行政改革担当大臣には渡辺喜美を挙げている[71]。川勝は、櫻井について「憂国の士」[70]であると指摘したうえで「美しい大和撫子」[70]と評しており、それを理由に内閣総理大臣に選出したと説明している。

「新しい歴史教科書をつくる会」との関係

1996年12月2日、藤岡信勝西尾幹二小林よしのりらは「新しい歴史教科書をつくる会」(略称:つくる会)の結成記者会見を開催。中学校社会科教科書からの従軍慰安婦の記述削除を求めた[72]。会見時の呼びかけ人は9人、賛同者は78人。川勝は賛同者に名を連ねた[注 3]

1997年6月30日に行われた「つくる会」の第2回シンポジウムに、藤岡、小林、伊藤隆らとともにパネリストとして参加[74]

2005年2月時点の「つくる会」の公式サイト[75]や2009年県知事選での産経新聞の報道[76]でも「つくる会」の賛同者であると紹介されていたが、2009年7月8日の知事就任記者会見において「賛同者なのか」との質問に対して「もう違います。ああいった方々とは一線も二線も画しております」と答えた[77]。さらに川勝は記者に対して「まず誤解を解かなければいけません。新しい歴史教科書をつくる会ですか。一度もメンバーになっておりません。あれは最初会長になった西尾幹二という方が電話をかけてこられて、歴史教科書についてどう思うか、私の観点では日本史と東洋史と西洋史が分けられているのがおかしいと、そしてそれが選択科目になっているのがおかしいと、そういう観点での歴史教科書についての疑問があったので、教科書を見直すというのであればいいと、ところが御承知のように蓋を開けたところ特定の問題について必ずしも歴史家でない人たちが自らイデオロギーを論じる場になっていたので、一度もメンバーになっていません。それが誤解されてですね、あなたは中日新聞ですか、朝日新聞でも、教育再生会議の委員になったときに最初の版で、私がメンバーであるとお書きになって、それは調べてみたら違ったと、それで外されました。ですから私はメンバーではありません」と答えた[77]

受動喫煙問題

  • 2011年にフードスタジアムが47都道府県知事を対象に行った受動喫煙問題に関する意識調査において、「原則として多の人が利用する公共的な空間である飲食店は禁煙とするのが望ましい」としながらも、「施設の実情によって禁煙化が困難な場合もあることから県民が喫煙可能施設か禁煙施設かを選択して利用できる施設の場合には、当面は分煙も含めた受動喫煙防止対策が必要」と答えている[78]
  • 静岡県では2020年東京オリンピックパラリンピックにおいて自転車競技が行われることに伴い受動喫煙対策が必要不可欠となるため、川勝は2018年4月時点で「と歩調を合わせたい」として国の改正健康増進法より厳しい条例の制定を示唆していた[79]。しかし、同年8月に発表した県受動喫煙防止条例の骨子案は国の法律にほぼ準ずるものであり、飲食店規制には踏み込まず、店頭に「禁煙」「分煙」「喫煙可」のいずれかの標識の掲示を義務化するものとした[80][81]。「分煙」「喫煙可」については既に国の法律で義務づけられており、当条例はこれに「禁煙」を追加したものである[82]

その他

  • 前任の静岡県知事だった石川嘉延と交流があり、石川の知事在任中はブレーンを務めた。石川は川勝が提唱した「富国有徳」をキャッチコピーとして取り入れたうえで、川勝を静岡文化芸術大学の学長として招聘している。知事就任後は、前任の石川の県政運営について「16年間の実績はすばらしい」[83]と発言するなど評価する姿勢を示し、石川の施政方針を継承しつつ新たな総合計画を策定すると表明した[84]
  • 2013年9月9日、小学校学力テストで静岡県が全国最下位だったことを受け、県内の学力下位の小学校の校長名を公表すると発言。その後撤回し、学力上位の小学校の校長名を公表した。
  • 2016年4月26日、定例会見で、米軍から新型輸送機オスプレイへの体験搭乗を招待されたが、断ることを明らかにした。オスプレイの安全性に懸念を示しており、「(搭乗は)できる相談ではない」と述べた[85]
  • 日本史の東京奠都以降を、鎌倉時代・室町時代・江戸時代に倣い「東京時代」と呼ぶべきであると唱えている[86]

批判を受けた発言・行動

コシヒカリ発言

2021年10月23日、参議院静岡県選挙区補欠選挙に出馬した山﨑真之輔(浜松市中区出身)への応援演説を浜松市で行った際、対抗候補の若林洋平が前御殿場市長であることから、御殿場市と浜松市とを比較して下記の発言をした[87][88]

(前略)
こちら、食材の数でも439ある静岡県の食材のうち3分の2以上がここにある。あちらはコシヒカリしかない。だから飯だけ食って、それで農業だと思っている。
(中略)
浜松、遠州、その中心、ここ、経済はここが引っ張ってきた。あちらは観光しかありません。それしか知らない人間、そんな人間がですね、静岡県全体の参議院議員になってどうするんですか。ダメです。
(後略) — 川勝平太、“川勝知事演説全文 御殿場「コシヒカリしかない」発言”. 静岡新聞. (2021年11月11日). オリジナルの2021年11月12日時点におけるアーカイブ。. https://archive.vn/aQ70S 2021年11月25日閲覧。 

11月9日、支持政党である県議会第2会派・少数与党「ふじのくに県民クラブ」に催促されて行った記者会見で、「御殿場に対して何か批判めいたことを言ったというようにお受け取りになったのは、それは誤解であるということを明確に申し上げる」と主張し謝罪はしなかった。このため、苦情が殺到するなど火に油を注ぐことになった[89][90][91]

これに対して、県政与党を除く最大会派の自民党全40名・第三会派の公明党全5名・無所属議員ら計49名の県議から抗議文が提出された[92]。抗議文になった理由として、自民改革会議などが不信任決議案を提出した場合、賛同した49人の賛成だけでは、静岡県議全67人が出席した場合の可決条件である4分の3以上(51人以上)に不足していることが背景にある。静岡県自民党会派の野崎正蔵代表は、川勝の会見後に「余計火を消すどころか、火に油を注ぐような会見だったような気もしますけれども。多くの県民からしっかりとしたけじめをとっていただきたいという声も我々の所に届いておりますので、そうした声に応えられるような行動を取って行きたい」とコメントした[93]勝又正美御殿場市長は「謝罪という会見ではなくて、この内容からいきますと御殿場市民の心を傷つけた気持ちというのはとても消えない」と非難している[93]。記者会見を終えた川勝は、ふじのくに県民クラブとの会談にて「(ふじのくに県民クラブから)記者会見を持つべきだとのアドバイスをいただき、早速、実行しました。いいアドバイスはすぐに…。善は急げです」と述べたため、ふじのくに県民クラブ会長の佐野議員は面会後、記者団に「謝罪の会見をお願いしたつもりだったが、謝罪にはなっていなかった。『誤解を与えた。申し訳ない』と発言してほしかった」と不満を表明した[93]。自身が応援していた山﨑が長年不倫をしていた問題が週刊誌で報じられたことについて、川勝は「まことに残念至極であります。もう応援することはありません」と述べた。

11月10日、川勝は臨時会見で「誤解だ」と強調したことで「会見を見たが全く謝罪になっていない」「誤解とはどういう意味なのか」と批判が更に殺到したため、御殿場市役所を訪れて勝又市長に面会して問題の発言を撤回・謝罪し、再度会見を開く意向を示した[94]

11月24日、上記発言に対して御殿場市民をはじめ、静岡県内でも批判が高まったため、県議会に静岡県政史上初辞職勧告決議が提出された[95]。採決の結果、議長を除く自民会派の39人と公明会派の5人、無所属の3人の計47人の賛成で可決された。反対したのは、川勝知事を支える「ふじのくに県民クラブ」の17人と共産党1人を含む無所属の2人だった。

辞職勧告決議の可決を受け、川勝は自身の冬のボーナス約315万円と12月分の給与計約440万円の返上を表明したが、返上に必要な条例改正案は12月21日の議会閉会日まで提出されず、結局、全額支給された[96]

2023年7月3日、条例に基づき知事の去年一年間の所得が公開された。NHK静岡放送局記者の仲田萌重子は給与とボーナスが満額支払われた事を確認し、知事に問い合わせたところ、川勝は秘書課を通じて返上しない意志を示し、NHKはその日のうちにニュースとして報じた[97]。川勝は「熟慮した結果、発言に対するけじめは職責を果たすことだと思い至った」と説明している[98]。しかし、県議会などで「言行不一致」と指摘されたことを受け、同月12日の県議会本会議で給与返納の意向を改めて示した[99]。同日の本会議では自民や公明の議員から川勝に対して「今回の騒動がなければ黙っているつもりだったのか」「危機管理能力が欠けている」などの批判が相次いぎ[100]、自民改革会議から不信任決議案が提出された。13日未明に採決が行われ、賛成50票、反対18票で成立に必要な4分の3以上の賛成(51票)に1票足りず、否決された[101][102]。24日の定例会見では、「今度間違うようなことをして人様に迷惑をかければ辞職する」と述べた[103]。9月21日、12月の給与とボーナスを受け取らず、11月の給与も減額する内容の条例案を県議会に提出した[104]。10月6日、県議会総務委員会が給与減額条例案の採決を行い、原案通り可決した。コシヒカリ発言への非難とともに、二度と同様の事態を起こさないよう知事に猛省を促す附帯決議案が自民改革会議の委員から提出され、全会一致で可決した[105]。13日に本会議でも可決された[106]

職業差別発言と辞意表明

2024年4月1日、川勝は静岡県庁で新規採用職員向けの訓示を行った。その際次のように述べた。

実は静岡県、県庁というのは別の言葉でいうとシンクタンクです。毎日、毎日、野菜を売ったり、あるいは牛の世話をしたりとか、あるいはモノを作ったりとかということと違って、基本的に皆様方は頭脳・知性の高い方たちです。ですから、それを磨く必要がありますね[107]

同年4月2日7時20分、読売新聞は訓示の内容を報じる記事を配信。「特定の職業を比較するような発言で、再び物議を醸しそうだ」と書き記した[108]。同日午後、他のメディアも追随。「これはどこをどう捉えても第一次産業や第二次産業を蔑む発言だろう」「職業差別発言と捉えられかねず波紋を広げそうだ」などと報じた[109][110]

同日17時までに静岡県庁には、「農業や畜産に携わる人々の知性が低いというのか。おごった考えだ」「静岡県はモノづくりを誇っていたのではなかったか」「生産者はイコール納税者だ。それをわかっていないのではないか」などの430件の苦情が[111]、4日までは1400件以上の苦情が殺到した[112]

同日17時30分、FNNプライムオンラインは、川勝がかつて問題発言を行った際「(メディアに発言を)切り取られた」「切り取りというのが問題」と釈明した前例があるとして、訓示の全文を配信した[107]

同日夕方、川勝は辞意を表明する直前に、立憲民主党静岡県連顧問の渡辺周に「あなたやってくれますか」と自らの後継打診をした[113]

同日18時、川勝は記者会見を開き「職業差別は皆無です、ありません。歓迎の言葉、励ましの言葉がこんなことになったというか、何か問題発言かのごとき状況になって本当に驚いている」と発言した[114]。さらに「どうしたらいいのかと思っておりまして、よく考えたんですけれども、準備もありますからね。6月の議会をもって、この職を辞そうと思っております」と発言し、2024年6月で知事の職を辞すことを明らかにした[115][116]

同日21時17分、産経新聞は川勝との一問一答のインタビュー記事を配信。同紙が、県民から「農業・畜産に携わる人の知性が低いということか」との批判の声が上がっていると伝えると、川勝は「それは読売新聞の報道のせいだと思っている」と答えた。産経が反論すると「いや、切り取られたんだと思う」と自説を貫いた[117]

4月3日、川勝は静岡県議会議長の中沢公彦に対し、県議会6月定例会の開会日である6月19日に辞職することを報告し、中央新幹線の2027年開業断念の発表について、「自分の役割は終わった」と話した。報告を受けた中沢議長は「なんでそれが任期途中で辞めないといけないことにつながるのか、さっぱり意味がわからなかった」と疑問を呈し、「説明の受け止めとしては嫌がらせが成就したので私の役目は終わったという感じだった。辞めるのは職業差別にまつわる不規則発言が理由ではなさそう。どうやらリニアが上手くいかなかったこと(2027年の開業断念)について目途が立った」ためと述べた[118][119]

同日15時半から川勝は臨時記者会見を開いた[120]。記者会見の冒頭では、「私の新規県庁職員としての励ましの言葉の中に人々の心を傷つけるものがあったということを厳しく受け止めております。…特に、第1次産業、農業、酪農、あるいは水産業、これは最も大事にしてきた産業であり、そういう方たちの心を傷つけたとすれば誠に申し訳なく心からお詫びをいたします」と職業差別ととれる発言について謝罪した[121]。一方で発言については、「不適切だとは思っていなかった」とし、撤回しなかった[122](後に撤回[123])。また、辞意表明の主な理由については、リニア問題が大きな区切りを迎えたこと、不十分なことばづかいにより人の心を傷つけたことを挙げた[121]。発言については、「この言葉の問題で、議会あるいは、マスコミのみなさま方から、あるいは県民のみなさま方からアドバイスを含めてご批判をいただきまして、そしてその都度、以後こういうことがないようにと、努めてまいりましたけれども、再びそうしたことが、思いもかけぬ形で浮上しまして、自ら不徳の致すところと思う次第であります。」と述べつつ、「昨年の東アジア文化都市、これはみなさんとともに苦しみ、喘いだ、コロナの時期を乗り越えて、見事に東アジア文化都市、日本の文化を文化首都として、恥ずかしくない素晴らしい実績が残せました。」「…やはり富士山が2013年からちょうど10年経ったということが、当時の文部科学大臣から言われました。」と2023年東アジア文化都市の開催や、富士山の世界文化遺産登録が10年を迎えたことに触れた[124]。また、「私はこのリニア問題を解決するのは、事業計画を見直す以外にないと、従来から思っておりました。」「ですから、この2~3か月で大きく動いたリニア問題が大きく動いた、ここで仕事は一段落したと。ということで、辞表を提出するということになった理由であります。」とリニア中央新幹線の開業時期が2027年以降へと変更する事業計画の根本的な見直しを辞意表明の理由として述べた[124]。また、任期の途中で辞める理由については、「県議会も私の言動が一因になり政局がらみで動くというのが常態化して、これはなんとか解決したいと思っていた。」と述べ、知事選に再立候補する考えがあるか問われると、「私はもう十分仕事をした。出直し選挙なんてとんでもない。まったく考えていない。」と答えた[125]。ボーナスを受け取るかについては、「そういうことは全く考えていません。自然体でいきたいと思っております。そこまでいられるか分かりませんからね。議会との関わりがありますから」と答えた[126]

同日、川勝は浜松市内で、長年支援を受けてきたスズキ鈴木修相談役と面会し、辞意を直接伝えた[127]。これに対して鈴木は、「止むを得ない。ご苦労様でした」と伝え、川勝について「上出来だった。ただし失言が少なくなかった」と評した[127]

3日の会見に対し、川勝が、リニア問題が区切りを迎えたことを理由に辞意を表明したことについて、中央新幹線の開業を遅らせること自体が目的だったのではないか、それが達成されたから辞任するのではないか、という批判の声が挙がった[128]

4月4日、自民・公明両党会派は川勝に対し、早期辞職と職業差別発言の撤回を申し入れた[129]。また、県議会は6月定例会の開会日を4月10日に確定させる方針を決めた[130]

4月5日、川勝は「職業差別ととらえられかねないところは削除して撤回する。なりわいの違いを説明したかった」と述べ、職業差別発言を撤回した[131][123]

同日、立憲民主党渡辺周衆議院議員は、川勝知事から後継の打診を受けていたとしてテレビ朝日のインタビューに応じて「知事の姿勢=静岡県という評価になっちゃうのは、やっぱりつらいものというか、心痛めるところはある。後継と言っても、別にそのまま受け継ぐわけではないので、主従関係があって指名を受けて、私に従ってやってくれみたいなことじゃないし」「(Q.リニア問題、川勝知事との考え方の違いは?)もう、ここまでできている話を静岡県の我を通していることで(工事が)止まってると言われるのは、県民としても非常に胸を痛めるところがありますから、沿線の方々の不安を払拭することは最低限行いながら、リニアの開通に向けては進めていくべき」と発言し、川勝知事の政治姿勢を引き継がないことを表明した[132][133]

同月8日、静岡県副知事も務め、元総務官僚の大村慎一が静岡県知事選挙への立候補を表明した。また、浜松市長を務めた鈴木康友も立候補に前向きな姿勢を示し、スズキなど一部の浜松市の財界も本人へ立候補を打診している[134]

当初、川勝は6月の県議会定例会開会日に県知事を辞職するとしていたが、4月10日に知事辞職願を中沢県議会議長に提出し、5月9日に知事を退任する見通しとなった[135][136]。前述の自民・公明の申し入れなど早期辞職を望む意見が多かった事、また、6月の辞職の場合、退職金に加えて期末手当が満額支給されることから、さらなる世論の批判が起きつつあった[137]。川勝は申し入れを尊重するとともに自身の後任を決める県知事選に関して具体的な候補者名が取り沙汰されるようになったことも背景に、辞職の前倒しに至ったとされる[138]。これにより静岡県選挙管理委員会は、川勝の後任者を決める静岡県知事選挙の日程を2024年5月9日告示、同月26日投開票とすることを決定した[139]

川勝は辞職願提出後、記者からの問いに「いつでも辞任する用意はありなるべく早く辞めたかった。県政の空白を短くするため、きょう退職届を提出した」と答えている。一方でリニアに関する考えはこの時点でも「推進派に変わりはないし、推進派から外れたこともない」「一生懸命、われわれは南アルプスの自然の保全と水資源の保全の両立を図ろうとしてきた。推進の足を引っ張ったことは一度もない。段取りが見えたのでバトンタッチできると思った」と語った[140][135]。川勝は辞職願を提出する際に報道陣から心境を問われ、細川ガラシヤの辞世の句を引用して、

「散りぬべき 時知りてこそ世の中の 花も花なれ人も人なれ」[33]

と答えた。散り際の重要性を説いた句とされる[33]

発言・辞意表明に対する反応

川勝の県知事辞意を受けて、閣僚や周辺自治体の首長などから反応が相次いだが、概ね川勝の以前からの言動や政治姿勢(特に辞職の理由とした、リニア中央新幹線の2027年開業断念を挙げた一件)などを批判する意見が相次いだ。

川勝の記者会見が行われた4月3日、元副知事で静岡市長の難波喬司は職業差別発言に対し、「極めて不適切であり得ないレベルの発言だ」「発言全文を聞くと切り取りも何もない」「発言を適切でないと思わないこと自体にも大きな問題がある」と苦言を呈した[141][142]

同日、会見直前に川勝と面会した島田市長の染谷絹代は、「昨夜の決断までには長い苦悩があっただろう。決断は尊い。人がとやかく言うことではない。知事の様子はいつもどおりだった。豪快な人柄が出ていた」と述べた[143]。また、川勝の辞任による中央新幹線への影響について「大きな分岐点」「本来あるべき議論に戻るきっかけになればありがたい」と述べた[141]

中央新幹線長野県駅が設置される長野県飯田市長の佐藤健は、川勝の辞任の発表に対して「中央新幹線着工に向けた最大の不安定要素がクリアされる」と述べ、静岡県とJR東海へ協議・着工のスピードアップを求めた[144]

大井川の下流に位置する静岡県牧之原市長の杉本基久雄は、4月4日の定例会見で「辞職するのは失言・舌禍が原因」とした上で中央新幹線について「国家プロジェクトであるし、国も3.5兆円の財政投融資をしている中で、それを7年止めたとなると僕は犯罪じゃないかと思う。それくらい大きな問題」と述べ、川勝を批判した[145]

川勝のコシヒカリ発言で揶揄を受けた御殿場市長の勝又正美は、川勝の辞任を受け「今回の発言は農業や畜産に関わる職種の人を見下す差別的発言と私自身も感じた。コシヒカリ発言で御殿場市民は大きな心の傷を受けたが、あれから、あまり時間はたっていない。コシヒカリ発言と重ね合わせてしまい、がっかりしている」とコメントした[141]

農林水産大臣の坂本哲志は4月5日の閣議後の会見で「国民の食だけではなく、地域の経済やコミュニティーを支える農業者にとって残念なものであり、農村地域に生まれ育ち、これまで農業の現場における創意工夫を見てきた1人の政治家として憤りを感じます」と述べた[146]

国土交通大臣の斉藤鉄夫は4月5日の閣議後の会見で「川勝知事の進退を巡る発言や記者会見での1つ1つの発言に政府の立場でコメントすることは差し控えたい」としつつ、「国の有識者会議を通じて事業主体であるJR東海と静岡県をはじめとする関係自治体とのいっそうの対話を促す」とした[146]

前国土交通大臣の赤羽一嘉は4月3日のX(旧Twitter)のポストで「川勝氏の暴言癖は今に始まったことではない。私が国交相時代、記者会見で、当時の鉄道局長を名指しし、『恥を知れ』『folly(愚か者)、猛省しなければならない』と発言。県民の代表でもある知事が、己の部下でない役人に対し名誉棄損することは非常識の極み。呆れました」と激しく糾弾した[147]

愛知県知事大村秀章は4月8日の定例会見で、川勝が辞意を固める要因に挙げた「リニア中央新幹線の2027年の開業断念が大きな区切りになった」発言に触れ「リニア中央新幹線建設促進期成同盟会は一致結束して2027年の東京・名古屋開業、2037年までの大阪までの全線開業を願い活動してきた。その中で、この発言は釈然としないし、違和感を禁じ得ない、大変残念な発言」と苦言を呈したうえで、「2027年の開業を断念させたことが一区切り、一仕事済んだと受け取れる発言は文書(約束)の趣旨と異なり極めて遺憾。開業を断念させて一区切りというのは整合性が取れない。我々をたばかったのか。だいぶ抑えて言っているが、もっと腹立っている」と怒りを露わにした[148]。大村はさらに同月10日の定例会見でも、「静岡工区だけの責任ではなく、そもそも当初の計画が破綻していた」と川勝がリニアについて持論を主張したことについて、「(リニア)推進論者であれば多くの人が納得できるような、専門家・科学者が論拠を持って作った報告書やリポートをもっと尊重すべきだったのではないか。はっきり言ってすべてイチャモンつけていましたよね。みんながそう思っていたと思う」と反論し、さらに「静岡県の協議が進まないから事業が遅れた。それなのに事業計画が『破綻していた』と言うのは『お前言う?』という感じです」と、再び川勝を激しく糾弾した[149][150]

山梨県甲府市長の樋口雄一も4月9日の定例会見で、川勝が早期の辞職の意向を示したことに「歓迎したい」としたうえで、「(リニア中央新幹線の静岡工区の工事を巡り)静岡の水を守ると言っていたが、水を大事に使う職業の方をおとしめる発言であり、静岡県全体を本当に愛していたのか」と厳しく糾弾した[151]

三重県知事一見勝之も4月10日の定例会見で、川勝の辞職に関する論評は差し控えるとしつつ「リニアの早い開業を目指し、(建設促進)期成同盟会に(静岡県も)参加されているので、理解しがたい発言だ」と批判した[152]

一方で山梨県知事長崎幸太郎は4月10日の定例会見で、「リニアに関してはいろいろな関係もあるが、トータルでは静岡県と山梨県は緊密に連携をとりながら物事を進めてきた。大変感謝している」と述べ、リニアの静岡工区未着工については、「本質的には静岡県のみなさんの自然環境に対する影響への懸念が払拭しきれていないため」との見解を示しやうえで、この心配を解消する必要があり「どなたが知事になってもやるべき話で、これまで以上にアクセルを踏むことで(リニア関連)事業は進展していく」と答えた[153]

川勝が辞世の句を引用した細川ガラシャの子孫にあたる政治ジャーナリストの細川隆三は、同月14日の『ABEMA的ニュースショー』に出演した際のコメントで、「川勝さんはまったく勘違い甚だしい。使い方が間違ってる。政治家の失言とよく言うが、あれは失言じゃない。信念なんですよ。誰に対して無礼かと言うと、まずは細川ガラシャに対してですよね」「ガラシャというのは、正しいと思ったこと、信念を貫く強い意志を持った女性。夫・忠興との約束を見事に守り抜いたそういう女性ですよ。その時読んだ辞世の句なんです。川勝さんの辞め方、散り時、引き際、どこが美しいんですか。ちっとも美しくない。自分の失言をきっかけにお辞めになっただけの話でしょ」「私は細川家を代表してるわけではありませんが、代わりに私が代弁します。これは(細川家)みんな怒ってる。ガラシャだってそう。あの世できっとビックリしてると思いますよ。『なんで私の辞世の句が、川勝さんの引き合いに出されるのか』。失礼千万です」と怒りを露わにした[154]

その他の発言・行動

  • 大井川の水利権に関しては、田代ダムを管理する東京電力と中央新幹線工事に関するJR東海に対する対応の違いを鮮明にしている。静岡県議会でも田代ダムに関する利水権に関しては、答弁しない事が多い[要出典]
  • 2019年12月、面談の席で、県の構想に反対する県議らについて触れ「県議会にはヤクザもいる、ゴロツキもいる。そういうゴロツキと一線を画してバンバンやってほしい」「反対する議員は文化力がない」「反対する人がいたら県議会議員の資格がない」などと発言した[155][156]。自民改革会議の公開質問状を受け、2020年2月の県議会定例会で「不適切な発言があったことを認め、全て撤回する。不信を抱かれた方々におわびする。ごめんなさい」と陳謝した[157]
  • 2020年10月7日の知事定例会見で、日本学術会議が推薦した会員候補105人のうち政府が6人の任命を拒否した問題について、「菅義偉という人物の教養のレベルが図らずも露見したということではないか」「学問をされた人ではない。単位のために大学を出られた」「任命権があるとか何も語ってないに等しい。信教、学問、言論の自由は基本中の基本。日本の学問立国に泥を塗る汚点」などと発言した[158][159]。10月12日、静岡県議会会派の自民改革会議はこの発言に対し「学歴に関して個人への誹謗中傷に当たるような発言はいかがなものか。周囲に物議をかもす発言はしないよう今後は気を付けてほしい」と川勝に公の場での発言には慎重を期すよう申し入れることを決めた[160]。静岡県議会では、静岡県議会議長が「公の場で個人の資質に言及するのは遺憾だ」と語った。自民会派は「過去にも行きすぎた言動で本質と懸け離れた部分で物議を醸すことが多々あった。同じ轍(てつ)を踏むことを遺憾に思う」。公明党議員団長は 「言い過ぎでは。教養レベルの話なのか。個人攻撃と見られる。発言の意図をしっかり説明しないと誤解される」と懸念を示した。川勝に近いふじのくに県民クラブも「誤解を生むような物言いは避けた方がいい。十二分に言葉を選んでほしい」と述べ、日本共産党県議は「学問の軽視に対し、知事なりに学者として一言、言わずには置けなかったのでは」と擁護した。川勝は「大切なのは学歴ではなく学問。菅首相が学問を本当に大切にしている人かどうかについて疑問を持った」と述べ、発言を訂正する必須は無いと述べた[161][162]が、10月16日、発言の一部(「菅首相が夜学を出た」「政治権力のトップにあるものが任命を拒否するのは教養がない」)について、事実認識に誤りがあったとして撤回、陳謝した[163]。県に対し、14日までにメールや電話で寄せられた1192件の意見のうち、976件が発言を批判する内容だった[164]
  • 2020年12月以降、静岡県は新型コロナウィルス対策として不要不急の帰省は我慢して控えるよう強く求めていたが、自らは自宅のある長野県軽井沢町に帰省していたことが判明した[5]
  • 2021年3月23日、中央新幹線工事の大井川をめぐる有識者会議において、座長を務める福岡捷二を、静岡県と異なる主張をすることから、「御用学者」と呼び、会議から外すように発言した[165]
  • 2021年10月の参議院補欠選挙では山﨑真之輔を「最高の後輩である」と応援していたが[166]、翌11月に山﨑の不倫問題が発覚すると「誠に残念至極。もう応援することはない」と態度を翻した[167]
  • 2021年12月1日、6月6日の知事選中の集会で、静岡文化芸術大の学長時代のエピソードを紹介し、女子学生について「みんなきれいです。めちゃくちゃ顔のきれいな子はあまり賢いことを言わないとですね、なんとなく、もうきれいになる、きれいに見えないでしょ。ところが全部きれいに見える」等と発言したことが明らかとなり、発言を撤回する意向を示した[168][169]
  • 2023年2月20日、2022年12月27日の記者会見で今年を表す漢字を問われた際に、中央新幹線問題への対応や台風15号の被害を例に挙げ「水」と答え[170]、“さらにひと言いえば”とした上で9月に3歳の女児が送迎バスに置き去りにされ死亡した事件を挙げ、「牧之原市の幼稚園で、いたいけな子どもさんが熱気の中である意味水分を全部、体内から吸収されてお亡くなりになった、それもある意味で…広い意味で『水』と関係していると思う」などと発言した件について、大石健司県議(牧之原市・吉田町選挙区選出)に「あまりにも思慮に欠けていて不謹慎だ」と非難され、静岡県議会で自身の発言について謝罪した[170]
  • 2022年9月23日から24日にかけて台風15号の影響で静岡県が記録的な豪雨被害に見舞われた際、県による自衛隊の災害派遣の要請が遅かったとの批判が起きた[171]。原因の一つとして、県と静岡市の連携不足や首長の不仲が取り沙汰された[171]。記者会見では、「携帯電話の番号を知らない。電話をしあう関係ができていません。」と発言し、被害にあった自治会長から「不仲なのは分かるが、大人の対応をして欲しい。」と呆れられた。静岡新聞は「知事はリニアの水問題には著しく敏感だが、水災害には鈍感である」と表現した。
  • 2023年2月28日、記者会見で中央新幹線工事を巡り、山梨県側が実施を検討しているボーリング調査に対し、「山梨県側の断層および脆い区間が静岡県内の県境付近の断層と(地下深くで)つながっている。それゆえ、いわゆる『サイフォンの原理』で、静岡県内の地下水が流出してしまう懸念がある」と主張した。しかし、実際には、ボーリング調査を実施する断層ゾーンには粘土などの遮水層もあり、圧力が掛かっても静岡県の地下深くの断層に影響を与える可能性はない。3月20日、県地質構造・水資源専門部会で、丸井敦尚委員は「サイフォンは、例えば、2つのバケツがあって、雑巾か何かで高さを変えたときに、一方のバケツに水が集まるという考えだ。ここはサイフォンとは違う」と否定した。3月28日の知事会見で、サイフォンの原理について問われたところ、「わたしだ。間違っていた」と誤りを認めた[172]。さらに記者が「間違っていたことに対する(JR東海への)謝罪はないのか」と追及したところ、「山梨県内の断層帯をボーリングすることにより、削孔された部分が1気圧となり、高圧の地下水が圧力の高いところへ流れ、静岡県内の地下水が抜けるおそれがある」、「掘っていけば極めて高い水圧があり、その圧力の違いによって水が流出するというのが正しいことだ」と発言した。
  • 2023年5月11日、JR東海に対し、静岡県が合意するまでは、山梨県内でもあっても、県境から約300mまでの区間を掘削調査をしないよう中止を求める文書を出した[173]。5月12日、この文章に対し、山梨県知事である長崎知事は、「静岡県の議論には強い違和感がある。山梨県内のボーリングで出た水は、山梨県の水というのが常識的な考え方だ」と述べ、「山梨県内の活動について頭越しに言うのは遠慮願いたい」と強い不快感を示した[174]。この件について、5月15日、記者から「山梨県内で出る水は、静岡県の水か、山梨県の水か」という質問を受けたが、「確定されていない」「わからない」「いま、私が答えるべき筋のものではない」と回答した[175]。5月16日、記者会見で、「礼節を欠いていた。こういうことがないようにしたい」と反省の言葉を述べた[176]
  • 2023年10月12日、静岡県議会9月定例会において、「三島を拠点にしまして、東アジア文化都市の発展的継承センターのようなものを置き、今、土地を物色していると。詰めの段階に入っておりますけども」と発言。実際には、県議会への上申等は行われておらず詰めの段階とは程遠いものであり、発言に関する緊急質疑が行われるなど、議会の当初の予定の大幅な変更を余儀なくされた[177][178]
  • 2024年1月4日、能登半島地震の被災地支援のために開かれた石川県や愛知県など災害時の応援協定を結ぶ9県1市の首長とのオンライン会議が行われたが関係者の中で川勝は唯一欠席し静岡新聞社静岡放送主催の賀詞交換会に出席していた[注 4]。県議会の自民会派などは、川勝に対し「危機管理を預かるトップの判断として不適切」とする抗議の申し入れを行った[179]
  • 2024年3月13日、県庁であった磐田市に本拠地を置く女子サッカークラブ「静岡SSUボニータ」の監督や選手との懇談で「藤枝東はサッカーをするために入ってきている。学校もボールを蹴ることが一番重要なこと。勉強よりも何よりも」「磐田は文化(水準)が高いんですよ。浜松より元々高かったわけでしょ」「侍ジャパンとか“侍”というでしょう。礼儀正しい、潔い、スポーツマンシップが身に付いている。それは、男の子はお母さんに育てられる。お母さんは持っている」と話した[180][181]。同日の記者会見で川勝は、浜松市を下げる意図はなく「歴史的事実で市民の共通認識だ」と説明し、撤回しない考えを示した[181]

その他のエピソード

  • 2009年度の日本航空と静岡~福岡線の運航に関して、搭乗率が70%未満の場合は県が運航支援金を支払う覚書を交わしていたが、静岡空港からの一方的な撤退は覚書に反すると拒否したため、日本航空側が提訴。2011年11月17日、県が日本航空に和解金として約1億5000万円を支払う内容で、東京地裁で和解が成立した[182]
  • 2015年7月23日に田辺信宏との初会談の場において、「構想は君のためでも、私のためでもない」と田辺を呼んだ。川勝に「君」と呼ばれた田辺が「君、君と言うが静岡市長だ。ずっと気になっていた」と述べると、川勝も、市へ出向している県職員の処遇に関し「部下がいなくて孤立している」と苦言を呈するなど対立している[183]
  • 2016年の川勝、田辺信宏・静岡市長、鈴木康友・浜松市長の3首長が一堂に会し、県内の広域的な行政課題について意見交換する「県・政令指定都市サミット (G3) 」でも、人口減少問題を巡っては、「静岡市は政令市の失敗事例」と主張した。田辺市長は「訂正してほしい。現場では職員は一生懸命頑張っている。市政について口出ししすぎている」と反論している[183][184][185]

比較経済史の研究

経済学が専門で比較経済史を研究対象としている。早稲田大学大学院経済学研究科の指導教員は正田健一郎[186]で、日本経済史を正田健一郎に、西洋経済史を小松芳喬に学び、オックスフォード大学でイギリス経済史をピーター・マサイアス英語版に学んだ[187]

梅棹忠夫の「文明の生態史観」を発展させた、独自の「海洋史観」を展開したことで知られる。「英国議会資料」の研究で同僚30余人と共に早稲田大学図書館に2億円余の資料購入を申請するも受け入れられず、大阪の国立民族学博物館が購入したため、早大教授を辞職して京都の国際日本文化研究センターに移籍した[188]。「西太平洋津々浦々連合」を提唱した[189]

日本の歴史における時代区分に関して、元号による時代区分に異を唱え、政権所在地による時代区分で一貫すべきだとして、明治維新から現在までを「東京時代」と呼ぶことを提唱している[190][191]

国際日本文化研究センター時代、梅原猛の影響で展開した「文明論」は、テッサ・モリス=スズキらの歴史学者から批判されている[192]

なお、川勝が留学を終えてから2年後の1983年、浩宮徳仁親王がオックスフォード大学へ留学、マサイアス教授の下で研究を行うことになった時、マサイアスの指導を受けた経験のある日本人が川勝しかいなかったことから、浩宮の「兄弟子」として、マサイアスの研究についての事前レクチャーを行ったことがある。

早稲田大学教員時代

政治経済学部の日本経済史講義の主題は、(1)日本はいかにして「東洋における最初の工業国家」になったのか、(2)日本の工業化は「西洋における最初の工業国家(英国)」といかなる関係にあるのか、であった。講義ではマルクス、ウェーバー、シュンペーター、ヒックス、ロストウ、ガーシェンクロン、ポラニー、ウォーラーステイン、大塚史学、宇野理論、生態史観等の理論の貢献を紹介するとともに、日本の経済発展をグローバルな観点から理解するには、それらに限界があることを示し、新たに「文化・物産複合論」という独自の理論を立てた[193]。川勝は授業開始時刻前の教室入りを原則とし、各講義の終了後は学生との議論の時間をとり、質問・挑戦には必ず応じることとしていた[194]

川勝ゼミのテーマは「日本と世界経済-長期的・理論的・実証的接近-」で、ゼミ生はこのテーマに関わるものであれば自由に個別のテーマを選ぶことができた。ゼミでは自分にとってのっぴきならないテーマを定めて、卒業論文(ゼミ論文)を完成されることとなっていた。入ゼミ資格は「文・武・芸の三道の鼎立をめざす者」だった[193]。川勝は日文研に移籍した後も早稲田大学には非常勤講師として残り、ゼミ生と院生の指導を継続した。

略歴

  • 1948年 - 大阪府で生まれ、京都府京都市で育つ。

学歴

  • 京都市立富有小学校入学[195]
  • 京都市立衣笠小学校卒業[195]
  • 京都市立衣笠中学校卒業[195]
  • 1967年 - 洛星高等学校卒業
  • 1968年4月 - 早稲田大学第一政治経済学部経済学科入学
  • 1972年3月 - 同卒業
  • 1975年3月 - 早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了
  • 1975年4月 - 早稲田大学大学院経済学研究科博士課程理論経済学・経済史専攻入学
  • 1982年3月 - 同単位取得満期退学(研究指導認定)
  • 1985年10月 - オックスフォード大学 D.Phil.、博士論文は‘International Competition in Cotton Goods in the late Nineteenth Century with Special Reference to Far Eastern Markets’(「19世紀後半の綿織物に見る国際競争:極東市場の事例を中心に」)[17]

職歴

2016年9月4日静岡県掛川市で実施された「静岡県・掛川市総合防災訓練」にて
2016年9月4日静岡県掛川市で実施された「静岡県・掛川市総合防災訓練」にてアメリカ合衆国陸軍兵士(右)らと
  • 1975年4月 - 早稲田大学政治経済学部助手[注 5]
  • 1982年4月 - 早稲田大学政治経済学部専任講師
  • 1984年4月 - 早稲田大学政治経済学部助教授
  • 1990年4月 - 早稲田大学政治経済学部教授
  • 1991年1月 - 早稲田大学中央図書館副館長(1994年11月まで)
  • 1998年4月 - 国際日本文化研究センター教授(その後は副所長兼任)、国立民族学博物館地域研究企画交流センター客員教授(「英国議会資料」研究利用推進専門部会部会長)
  • 1999年 - 小渕内閣・「21世紀日本の構想」懇談会委員
  • 2006年 - 安倍内閣・教育再生会議委員
  • 2007年 - 静岡文化芸術大学学長、国際日本文化研究センター客員教授、安倍内閣・「美しい国づくり」企画会議委員
  • 2009年6月5日 - 静岡文化芸術大学長を辞職 静岡県知事選挙へ立候補を表明
  • 2009年7月5日 - 静岡県知事選挙当選
  • 2009年7月7日 - 静岡県知事就任
  • 2009年9月10日 - 学校法人静岡文化芸術大学理事長就任(2010年3月まで)
  • 2010年11月 - 静岡文化芸術大学名誉教授就任

この間以下の役職も務めた。

  • 読売新聞社読書委員(1994年)
  • 財団法人地球産業文化研究所「GIIの行方と各国の対応」研究委員会委員(1996年)
  • 建設省・これから10年後の暮らしを語る懇談会委員(1999年)
  • 経済企画庁・経済審議会国民生活文化部会委員(1999年)
  • 日本経済新聞社ミレニアム会議委員
  • 国土交通省・国土審議会委員(2001年)
  • 京都府の未来研究会座長(2001年)
  • NPO法人日本防災士機構評議員(2002年)
  • 東京都大学運営諮問会議新大学の教育研究に関する検討会委員(2003年)
  • 福岡空港調査委員会委員(2003年)
  • オーライ!ニッポン会議副代表(2003年)
  • 富山県・日本海学推進機構専門委員(2003年)
  • 農林水産省・農林水産政策研究所参与
  • 総合研究開発機構理事(2004年)
  • 京都市社会教育委員会議第27期委員(2005年)
  • 京都迎賓館運営懇談会委員(2005年)
  • 国連創立60周年記念事業「生命の碧い星」 国際交流推進協力者(2005年)
  • アジア平和貢献センター理事
  • 学校法人常磐大学評議員
  • 静岡県学術委員会委員(2007年)
  • 農林水産省・食料の未来を描く戦略会議委員(2007年)
  • 浜松市やらまいか大使(2007年)
  • 静岡県・理想の学校教育具現化委員会委員(2007年)
  • 厚生労働省・人生85年ビジョン懇談会参集者(2007年)
  • 農林水産省・総務省・文部科学省・子ども農山漁村交流プロジェクト全国推進協議会会長(2008年)
  • ごはんを食べよう国民運動推進協議会会長(2008年)
  • 東京湾の環境をよくするために行動する会会長(2008年)
  • G8サミット日本国開催記念特別事業実行委員会副委員長(2008年)
  • 財団法人北國総合研究所研究員
  • 奈良県・日本と東アジアの未来を考える委員会委員長代行(2009年)
  • 日伯交流協会会長(2009年)
  • 世界緑茶協会理事長(2009年)
  • 稲森財団第26回京都賞審査機関委員(2010年)
  • 静岡県地球温暖化防止活動推進センター・STOP温暖化アクションキャンペーン実行委員会2010名誉委員長(2010年)
  • 東芝国際交流財団審査委員会委員(2010年)
  • 静岡国際オペラコンクール実行委員会会長(2010年)
  • 第3回国際ユニヴァーサルデザイン会議 2010 in はままつ組織委員会委員(2010年)
  • 静岡県農林水産業振興会「ふじのくに食の都シンボルマーク」審査委員長(2010年)

賞歴

著作

単著

  • 『日本文明と近代西洋――「鎖国」再考』(日本放送出版協会NHKブックス]、1991年)
  • 『富国有徳論』(紀伊國屋書店 、1995年/中公文庫、2000年)
  • 『文明の海洋史観』(中央公論社〈中公叢書〉、1997年/中公文庫、2016年)
  • 『文明の海へ――グローバル日本外史』(ダイヤモンド社、1999年)
  • 『近代はアジアの海から』(日本放送出版協会、1999年)。シリーズ「人間講座」放送テキスト
  • 『海洋連邦論――地球をガーデンアイランズに』(PHP研究所、2001年)
  • 『「美の文明」をつくる――「力の文明」を超えて』(筑摩書房ちくま新書]、2002年)
  • 『「美の国」日本をつくる――水と緑の文明論』(日本経済新聞社[日経ビジネス人文庫]、2006年)
  • 『経済史入門』(日本経済新聞社[日経文庫]「経済学入門シリーズ」、2003年)
  • 『ガーデニングでまちづくり――庭園国家日本への道』(中央公論新社、2003年)
  • 『文化力』(ウェッジ、2006年)。梅棹忠夫入江隆則ら4名との対談を収録
  • 『日本の理想 ふじのくに』(春秋社、2010年)
  • 『近代文明の誕生――通説に挑む知の冒険』(日経ビジネス人文庫、2011年)。新編再刊
  • 『資本主義は海洋アジアから』(日経ビジネス人文庫、2012年)。新編再刊
  • 『「鎖国」と資本主義』(藤原書店、2012年)。論考集

共著

編著

  • 『海から見た歴史――ブローデル『地中海』を読む』(藤原書店、1996年、増補版2020年)
  • 『アジア経済の将来と日本文化』(読売新聞社:読売ぶっくれっと、1998年)
  • 『「鎖国」を開く』(同文舘出版、2000年)
  • 『グローバル・マインドが地球をかえる』(北國新聞社、2000年)
  • 『世界経済は危機を乗り越えるか――グローバル資本主義からの脱却』(ウェッジ、2001年)
  • 『グローバル・ヒストリーに向けて』(藤原書店、2002年)
  • 『アジア太平洋経済圏史――1500-2000』(藤原書店、2003年)
  • 『日本の中の地球史』(ウェッジ、2019年)

共編著

  • 浜下武志)『アジア交易圏と日本工業化――1500-1900』(リブロポート、1991年)
  • Japanese Industrialization and the Asian Economy、co-edited with A. J. H. Latham、(Routledge、1994).
  • 孔星鎮)『韓国の政治――南北統一をめざす新・先進国』(早稲田大学出版部、1997年)
  • (三好陽)『イギリスの政治――改革に揺れる伝統国家』(早稲田大学出版部、1999年)
  • Asia Pacific Dynamism 1550-2000、co-edited with A. J. H. Latham、(Routledge、2000).
  • 嶌信彦)『居心地のよい国ニッポン――ジャパニーズ・ドリーム』(中央公論新社、2000年)
  • (浜下武志)『海と資本主義』(東洋経済新報社、2003年)

訳書

  • ノエル・ペリン『鉄砲をすてた日本人――日本史に学ぶ軍縮』(紀伊國屋書店、1984年/中公文庫、1991年)原題:Giving up the gun : Japan's reversion to the sword、1543–1879

共訳書

  • W・F・ウェルトヘイム(清水元)『進化と革命』(紀伊國屋書店、1982年)原題:Evolution and revolution : the rising waves of emancipation
  • A・J・H・レイサム(菊池紘一)『アジア・アフリカと国際経済1865-1914年』(日本評論社、1987年)原題:The international economy and the undeveloped world 1865-1914[197][198]
  • ウィリアム・ウドラフ(かわかつきみ、あきやまさちよ・画)『パラダイスの夢』(新樹社、1990年)原題:William Woodruff. Paradise galore
  • ロナルド・P・トビ速水融永積洋子)『近世日本の国家形成と外交』(創文社、1990年)原題:State and diplomacy in early modern Japan : Asia in the development of the Tokugawa Bakufu

監修書

  • 『新しいアジアのドラマ』(筑摩書房、1994年)
  • (ポール・スノードン・大竹正次)『イギリスの社会――「開かれた階級社会」をめざして』(早稲田大学出版部〈Waseda libri mundi、25. United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland〉、1997年)
  • (イメージ工学研究所企画・日経コンストラクション編)『環状道路の時代』(日経BP社、2006年)

論文

  • 「明治前期における内外綿関係品の品質」『早稲田政治経済学雑誌』第250号、早稲田大学政治経済学会、184-211頁、1977年7月.
  • 「The Industrial Revolution in Japan: Reconsideration in the Asian Context」『早稻田政治經濟學雜誌』第297号、213-245頁、1989年.
  • 「Money and the Emergence of the First Industrial Nation in Asia、from the 16th to the 19th Century」『早稻田政治經濟學雜誌』第304-305号、140-155頁、1991年.
  • 「Karl Marx's View on Charles Darwin's Theory of Evolution」『早稻田政治經濟學雜誌』第307-308号、171-193頁、1992年.
  • 「SOCIO-ECONOMIC HISTORY SOCIETY」『日本経済学会連合 英文年報』第12巻、44-47頁、1992年.
  • 「重点領域研究総合的地域研究成果報告書シリーズ : 総合的地域研究の手法確立 : 世界と地域の共存のパラダイムを求めて」家島 彦一、応地利明、高谷好一ほか『総合討論』第34巻、54-110頁、1997年3月31日[199]
  • "The Lancashire Cotton Industry and its Rivals". From Family Firms to Corporate Capitalism、Bruland、Kristine; O'Brien、Patrick (eds)、Clarendon Press、1998.
  • Beyond"Exchanges between Eastern and Western Civilizations" (Exchanges between Eastern and Western Civilization). 『人環フォーラム』 (-)、37-41頁、2001年.
  • 「球域の文明史(26)ヨーロッパのキャッチアップ(3)」『経』第47号、ダイヤモンド社、8-11頁、2005年9月.
  • 川勝平太、東郷和彦、増田寛也「討論 (特集 東日本大震災) -- (鼎談 「東北」から世界を変える--「自治」に根ざした「復興」への道)」『環』第46号、藤原書店、61-69頁、2011年.
  • 「インタビュー 社会総がかりの教育に向けて : 「地域とともにある学校づくり検討委員会」を「総合教育会議」の実働部隊として (特集 新「教育委員会」運用のイメージを探る)」『教職研修』第43巻第3号、90-93頁、教育開発研究所、2014年11月.
アーサー・レイサムと共著
  • The Emergence of a Market for Cotton Goods in East Asia in the Early Modern Period. Japanese Industrialization and the Asian Economy、A. J. H. Latham; Heita Kawakatsu (ed.)、Routledge、1994.
  • Asia Pacific dynamism 1550-2000、Routledge : vol. 27、Routledge studies in the growth economies of Asia、2000.
  • Intra-Asian trade and the world market、vol. 34、Routledge studies in the modern history of Asia、2006.
  • Intra-Asian trade and industrialization : essays in memory of Yasukichi Yasuba、vol.44、Routledge explorations in economic history、2009.
  • The evolving structure of the East Asian economic system since 1700 : a comparative analysis、vol. 52、Routledge explorations in economic history、2011.
  • The Lancashire cotton industry and its rivals : international competition in cotton goods in the late nineteenth century : Britain versus India、China、and Japan、no. 10、LTCB International Library selection. LTCB International Library Trust : International House of Japan、2018.

出演

テレビ

選挙歴

当落 選挙 執行日 年齢 選挙区 政党 得票数 得票率 定数 得票順位
/候補者数
政党内比例順位
/政党当選者数
2009年静岡県知事選挙 2009年7月5日 60 無所属 72万8706票 39.58% 1 1/4 /
2013年静岡県知事選挙 2013年6月16日 64 無所属 108万609票 72.61% 1 1/3 /
2017年静岡県知事選挙 2017年6月25日 68 無所属 83万3389票 59.67% 1 1/2 /
2021年静岡県知事選挙 2021年6月20日 72 無所属 95万7239票 60.50% 1 1/2 /

脚注

注釈

  1. ^ この時点での京都府知事は荒巻禎一山田啓二が就任していたが、川勝はその対抗馬として京都府知事選に立候補すべきとの意見もあった。なお、2022年時点での京都府知事は西脇隆俊である。
  2. ^ 出馬記者会見では、出馬を否定していたことについて、大学理事長である知事から出馬を命じられることはないという趣旨の発言と述べたうえで、自身は一度もぶれていないとした[24]
  3. ^ 「新しい歴史教科書をつくる会」結成会見時の賛同者(78人)には、会田雄次阿川弘之石堂淑朗伊藤隆大宅映子小田晋河盛好蔵、川勝平太、北方謙三木村治美日下公人草柳大蔵小島直記小室直樹佐々淳行佐藤愛子佐藤誠三郎田久保忠衛竹内義和芳賀徹長谷川慶太郎秦郁彦馬場のぼる林健太郎藤本義一村上兵衛屋山太郎石井公一郎鈴木三郎助種子島経山本卓眞などが名を連ねた[73]
  4. ^ オンライン会議には代理として県の危機管理監が出席したが静岡県としての発言は行われなかった。
  5. ^ 1975年当時、早稲田大学では法学部以外の学部の助手には任期がなく、政治経済学部の助手は必ず専任講師へ昇任していた。[196]。川勝は博士課程へ進学し、助手に就任した27歳の時に専任講師への昇任が約束されていた

出典

  1. ^ “川勝知事が辞職届提出 5月10日辞職へ”. あなたの静岡新聞. (2024年4月10日). https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/1448546.html?lbl=10347 2024年4月10日閲覧。 
  2. ^ Mathias, Peter; Latham, A. J. H.; 川勝, 平太; 天皇陛下. Asia and the history of the international economy : essays in memory of Peter Mathias. Vol.203, Routledge studies in the history of economics, Routledge, 2018. NCID BB25776322
  3. ^ a b c 「民主の風生かし逆転――静岡知事に川勝氏」『朝日新聞』44256号、14版、朝日新聞東京本社、2009年7月6日、26頁。
  4. ^ 「達人に聞く Part 1:歴史学者・川勝平太の軽井沢快適生活(第2特集 セカンドハウス市場ただいま沸騰中 団塊世代は別荘がお好き!?)」週刊東洋経済6033号86頁、2006年
  5. ^ a b “「静岡県知事が年末年始に帰省 県民には自粛要請中」”. 産経新聞社. (2021年1月4日). https://www.sankei.com/article/20210104-36Y4D6TMEZNU5DFQ4QLWCSZHVA/ 2024年4月16日閲覧。 
  6. ^ 「『一緒にいい県政を』 就任式 職員400人に抱負」『東京新聞』、2009年7月9日、朝刊 静岡版、22面。
  7. ^ a b 「『21世紀日本の構想』懇談会メンバー略歴」『「21世紀日本の構想」懇談会メンバー内閣官房内閣広報室、1999年4月。
  8. ^ 教育再生会議有識者』。
  9. ^ 「美しい国づくり」企画会議有識者名簿』。
  10. ^ a b c d e f g h 「静岡県知事プロフィール」『静岡県/プロフィール【ようこそ知事室へ】静岡県庁2013年7月5日
  11. ^ a b c d e f g 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年3月30日閲覧。
  12. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年4月4日閲覧。
  13. ^ a b 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年4月4日閲覧。
  14. ^ a b c 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年3月30日閲覧。
  15. ^ a b 市田隆文「同級生交歓」『文藝春秋』94巻1号、文藝春秋2016年1月1日、70-71頁。
  16. ^ 清水元「正田健一郎先生を悼む」『社會經濟史學』第77巻第3号、社会経済史学会、2011年11月、473頁、ISSN 0038-0113NAID 110009419446 
  17. ^ a b 極東書店新刊案内『アジアと国際経済史 -P.マサイアス追悼論集』
  18. ^ Kawakatsu, Heita; University of Oxford; Faculty of Modern History (1985) (English). International competition in cotton goods in the late nineteenth century with special reference to Far Eastern markets. OCLC 863348767. https://www.worldcat.org/title/international-competition-in-cotton-goods-in-the-late-nineteenth-century-with-special-reference-to-far-eastern-markets/oclc/863348767&referer=brief_results. 
  19. ^ 中日新聞 (2009年6月4日). “静岡知事選で民主、川勝氏擁立へ 与野党対決に”. 2009年6月7日閲覧。
  20. ^ 朝日新聞静岡版(2009-05-21)「大学学長擁立目指し超党派の「会議」発足
  21. ^ 「『出馬の意図はない』大学学長・川勝氏」『asahi.com:「出馬の意図はない」大学学長・川勝氏-マイタウン静岡朝日新聞社、2009年5月22日。
  22. ^ 「改めて川勝氏へ要請」『asahi.com:改めて川勝氏へ要請-マイタウン静岡』朝日新聞社、2009年5月23日。
  23. ^ 毎日新聞』静岡版2009年6月3日「転機:'09知事選 揺れる川勝氏発言 「出馬ない」→水面下で布石」(2009年6月12日閲覧)
  24. ^ 静岡新聞』2009年6月6日「川勝氏が出馬表明 自民・民主対決の構図」(2009年6月12日閲覧)
  25. ^ 「お知らせ」”. 静岡文化芸術大学. 2009年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月閲覧。
  26. ^ 名誉教授紹介|教員紹介|学部・大学院』”. 静岡文化芸術大学. 2020年9月9日閲覧。
  27. ^ 関連記事:「全身全霊尽くす」 川勝新知事に当選証書 静岡新聞社、2009年7月7日[リンク切れ]
  28. ^ a b 川勝氏が知事就任 県庁で当選証書受け取る:静岡県知事選:静岡”. 中日新聞社. 2009年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月閲覧。
  29. ^ “静岡県知事選、現職の川勝氏が当選”. Qnewニュース. (2017年6月26日). https://qnew-news.net/news/2017-6/2017062602.html 2018年7月4日閲覧。 
  30. ^ “現職の川勝氏4選 自民推薦の岩井氏に大差 静岡県知事選”. 静岡新聞. https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/918114.html 2021年6月21日閲覧。 
  31. ^ “4選の川勝氏「リニアの水問題、道筋をつける」【静岡県知事選】”. 静岡新聞. https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/918135.html 2021年6月21日閲覧。 
  32. ^ 「あと3人…」自民の川勝静岡県知事不信任案不発”. 産経新聞. 産経新聞社 (2021年11月23日). 2021年11月24日閲覧。
  33. ^ a b c 静岡 川勝知事が退職届提出 当初の意向から時期早める”. NHK NEWS WEB. 日本放送協会 (2024年4月10日). 2024年4月16日閲覧。
  34. ^ a b c d e f g h i j 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年3月30日閲覧。
  35. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年4月4日閲覧。
  36. ^ a b 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年3月30日閲覧。
  37. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年3月30日閲覧。
  38. ^ 高見種吉 (第4版) - 『人事興信録』データベース”. jahis.law.nagoya-u.ac.jp. 2024年3月30日閲覧。
  39. ^ 野村鶴次郞 (第4版) - 『人事興信録』データベース”. jahis.law.nagoya-u.ac.jp. 2024年3月30日閲覧。
  40. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年3月30日閲覧。
  41. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年4月4日閲覧。
  42. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年4月4日閲覧。
  43. ^ 県知事選 川勝平太さんの横顔:中日新聞しずおかWeb”. 中日新聞Web. 2024年3月30日閲覧。
  44. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年4月4日閲覧。
  45. ^ 湯淺平吉 (第8版) - 『人事興信録』データベース”. jahis.law.nagoya-u.ac.jp. 2024年3月30日閲覧。
  46. ^ a b c 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年3月30日閲覧。
  47. ^ 堤長發 (第4版) - 『人事興信録』データベース”. jahis.law.nagoya-u.ac.jp. 2024年4月4日閲覧。
  48. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年3月30日閲覧。
  49. ^ a b 石川嘉延・川勝平太「新しい地球モデルを目指す――自然の恵みと美意識を生かして」『Myしずおか』24巻、静岡県広報局、2005年3月、5頁
  50. ^ 「知事選立候補者のマニフェスト(要旨)」『川勝平太氏:知事選立候補者のマニフェスト(要旨)』静岡新聞社、2009年6月30日
  51. ^ 「『静岡-福岡便利用を』――川勝知事が新空港PR――県庁」『経済ニュース > 「静岡-福岡便利用を」 川勝知事が新空港PR 県庁 / 九州経済 / 西日本新聞西日本新聞社2009年7月11日
  52. ^ 佐野周平「“川勝劇場”――空港質問に無視と熱弁」『中日新聞:“川勝劇場” 空港質問に無視と熱弁:ウイークリー川勝知事:静岡(CHUNICHI Web)中日新聞社2009年12月12日
  53. ^ リニア騒動の真相8 川勝知事、"怪挙"に出る! | 静岡経済新聞”. shizuokakeizaishimbun.com (2019年6月10日). 2020年9月19日閲覧。
  54. ^ “「国益に反する知事」…リニア工事問題巡り静岡・川勝知事に批判、“難クセ”は「水」から「土」へ”. smartFLASH. (2023年9月22日). https://smart-flash.jp/sociopolitics/253710/1/1/ 2023年9月23日閲覧。 
  55. ^ 【速報】「一番大きかったのはリニア」 辞意表明の真意は? 川勝知事が臨時会見 静岡 テレしず 県内ニュース 2024年4月3日閲覧
  56. ^ a b c 強制収用へ一転、静岡知事が翻弄「沼津駅高架」”. 東洋経済オンライン (2020年12月2日). 2020年12月24日閲覧。
  57. ^ a b 「知事、10日から訪中――習副主席と面会へ」『静岡政治・経済:知事、10日から訪中 習副主席と面会へ静岡新聞社2010年1月7日
  58. ^ 韓国・忠清南道と静岡県 友好協定を締結
  59. ^ 知事、韓国大統領に招待状送付 県内外から苦情180件 静岡 MSN産経ニュース 2014年4月5日
  60. ^ a b ふじのくに「有徳の人」づくり大綱ー誰一人取り残さない教育の実現に向けてー”. 静岡県. 2023年7月5日閲覧。
  61. ^ 「小渕“先生”への質問」『小渕総理、学校へ行く』内閣官房内閣広報室。
  62. ^ 「第百四十七回国会における小渕内閣総理大臣施政方針演説」『第百四十七回国会における小渕内閣総理大臣施政方針演説』内閣官房内閣広報室、2000年1月28日。
  63. ^ 「小渕総理から君たちへ(第147回国会・施政方針演説から)」『小渕総理からのメッセージ』内閣官房内閣広報室。
  64. ^ 日本のフロンティアは日本の中にある――自立と協治で築く新世紀』「21世紀日本の構想」懇談会、2000年1月、95頁。
  65. ^ 理想の学校教育具現化委員会編集『理想の学校教育の実現を目指して(提言)静岡県教育委員会生涯学習企画課、2008年10月、資料2頁。
  66. ^ 夢あるしずおか創造会議. “川勝平太と、静岡に日本の理想を創ろう「平太Q&A」”. 2009年7月10日閲覧。
  67. ^ 文芸春秋2004年3月号
  68. ^ 朝日新聞2004年3月19日オピニオン欄
  69. ^ “憲法9条に「富士山」、10条に「自衛隊」 川勝平太・静岡知事が改正案”. 産経新聞. (2018年1月4日). https://www.sankei.com/article/20180104-DCGIF7RFXBNXJBIUYTLI55MJVM/ 2020年5月25日閲覧。 
  70. ^ a b c d 堺屋太一御厨貴後藤謙次「識者33名&政治記者84名アンケート――これが日本最強内閣だ――奥田碩橋下徹から小泉純一郎長妻昭まで、未曾有の危機に総力を結集せよ」『文藝春秋』87巻4号、文藝春秋、2009年4月1日、103頁。
  71. ^ 堺屋太一・御厨貴・後藤謙次「識者33名&政治記者84名アンケート――これが日本最強内閣だ――奥田碩、橋下徹から小泉純一郎、長妻昭まで、未曾有の危機に総力を結集せよ」『文藝春秋』87巻4号、文藝春秋、2009年4月1日、104頁。
  72. ^ 『毎日新聞』1996年12月3日付大阪朝刊、社会、27面、「『従軍慰安婦強制連行』削除を 歴史教科書でもゴーマニズム宣言 書き直しを陳情」。
  73. ^ 「新しい歴史教科書をつくる会」呼びかけ人と賛同者名簿”. JCA-NET. 2023年8月10日閲覧。
  74. ^ 第2回つくる会シンポジウム”. 新しい歴史教科書をつくる会. 2003年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月9日閲覧。
  75. ^ つくる会賛同者(平成17年2月2日現在)”. 新しい歴史教科書をつくる会. 2005年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月22日閲覧。
  76. ^ 【静岡県知事選】川勝氏が当確――大型地方選で民主4連勝――自民党内に『麻生退陣論』広がる(3/3ページ)”. 産経新聞 (2009年7月5日). 2009年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月22日閲覧。
  77. ^ a b 静岡県庁. “静岡県/記者会見質疑応答記録 2009年7月8日(水)”. 2009-07-10 (JST)閲覧。
  78. ^ 受動喫煙問題に関する、47都道府県知事の見解” (2011年5月30日). 2018年9月9日閲覧。
  79. ^ “五輪の受動喫煙対策、国の法律より厳しい都条例…「追随」「独自策」地域でずれ”. 読売新聞 (読売新聞社). (2018年8月29日). https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180829-OYTET50052/ 2018年9月9日閲覧。 
  80. ^ “受動喫煙防止へ条例案 静岡県、飲食店規制踏み込まず”. 静岡新聞 (静岡新聞社). (2018年8月4日). http://www.at-s.com/news/article/politics/shizuoka/523726.html 2018年9月9日閲覧。 
  81. ^ “受動喫煙防止条例案 静岡県、9月議会提出へ”. 静岡新聞 (静岡新聞社). (2018年9月7日). http://www.at-s.com/news/article/politics/shizuoka/537890.html 2018年9月9日閲覧。 
  82. ^ “「受動喫煙防止」意見を 県、条例制定へ”. 中日新聞 (中日新聞社). (2018年8月17日). http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20180817/CK2018081702000039.html 2018年9月9日閲覧。 
  83. ^ 松久英子・浜中慎哉・竹地広憲「静岡空港・日航福岡便、搭乗率保証見直しへ」『川勝知事:「融和姿勢」を鮮明に--初登庁 /静岡 - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社、2009年7月9日。
  84. ^ 「静岡文芸大空席の理事長――川勝知事就任へ――県議会」『静岡政治・経済:静岡文芸大空席の理事長 川勝知事就任へ 県議会』静岡新聞社、2009年7月27日。
  85. ^ オスプレイ試乗拒否 「自衛官が安全性確認を」 毎日新聞 2016年4月27日
  86. ^ 『経済史入門』、日本経済新聞出版社「経済学入門シリーズ」
  87. ^ 静岡県 川勝知事「御殿場はコシヒカリしかない」発言に苦情殺到”. 静岡第一テレビ (2021年11月5日). 2021年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月5日閲覧。
  88. ^ ““コシヒカリ発言”を撤回し謝罪 静岡 川勝知事”. NHK政治マガジン (NHK). (2021年11月11日). https://www.nhk.or.jp/politics/articles/statement/71865.html 2021年11月25日閲覧。 
  89. ^ 【速報】静岡県・川勝知事「コシヒカリ発言」について緊急会見 「揶揄(やゆ)するつもりはない」と釈明、誤解だと強調(Daiichi-TV(静岡第一テレビ))”. Yahoo!ニュース. 2021年11月9日閲覧。
  90. ^ コシヒカリ発言について謝罪しなかった静岡県・川勝知事 “火に油”で批判の声止まらず 苦情は500件超に(Daiichi-TV(静岡第一テレビ))”. Yahoo!ニュース. 2021年11月10日閲覧。
  91. ^ 御殿場コシヒカリ発言 川勝知事が緊急会見で説明 「責任はある」が謝罪なし(静岡県)(静岡放送(SBS))”. Yahoo!ニュース. 2021年11月9日閲覧。
  92. ^ 「コシヒカリ発言」めぐり緊急会見も謝罪の言葉なし 静岡・川勝知事あくまで「誤解だ…」 県議49人連名の抗議文も(静岡朝日テレビ)”. Yahoo!ニュース. 2021年11月9日閲覧。
  93. ^ a b c 川勝氏発言に県議会自公など抗議 支持会派も不満(産経新聞)”. Yahoo!ニュース. 2021年11月9日閲覧。
  94. ^ 「コシヒカリしかない」発言 川勝知事が御殿場市役所訪れ謝罪と撤回(静岡朝日テレビ)”. Yahoo!ニュース. 2021年11月10日閲覧。
  95. ^ 「コシヒカリ発言」で静岡県政史上初の辞職勧告決議 今後は川勝知事肝いり事業への厳しい目も…県政運営への影響は?」『news every.しずおか』静岡第一テレビ、2021年11月24日。2021年11月25日閲覧。オリジナルの2021年11月25日時点におけるアーカイブ。
  96. ^ “【地方政治ルポ】川勝知事と自民の確執越年 「コシヒカリ」辞職勧告 埋まらぬ溝、みえぬ改善糸口”. 産経新聞. (2021年12月29日). https://www.sankei.com/article/20211229-72WJ2QTUVFL4HCACSEMZYAZOAQ/ 2023年7月4日閲覧。 
  97. ^ “【解説】川勝知事給与返上問題(1)なぜ一転返上?”. NHK. (2023年7月13日). https://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/20230713/3030020847.html 2023年7月20日閲覧。 
  98. ^ “静岡・川勝知事、給与返上せず 「コシヒカリ」発言で”. 共同通信. (2023年7月4日). https://nordot.app/1048784470835872247 2023年7月4日閲覧。 
  99. ^ “川勝知事、給与など440万円返上を表明 「言行不一致」指摘され”. 毎日新聞. (2023年7月12日). https://mainichi.jp/articles/20230712/k00/00m/010/103000c 2023年7月12日閲覧。 
  100. ^ “自民会派、静岡・川勝知事の不信任決議案提出へ 給与未返上巡り”. 毎日新聞. (2023年7月12日). https://mainichi.jp/articles/20230712/k00/00m/010/293000c 2023年7月13日閲覧。 
  101. ^ “静岡知事の不信任決議案、1票差で否決 給与返上問題で”. 日本経済新聞. (2023年7月13日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC12D090S3A710C2000000/ 2023年7月13日閲覧。 
  102. ^ “川勝・静岡県知事に不信任決議案も否決”. 産経新聞. (2023年7月13日). https://www.sankei.com/article/20230713-N4QAS36GGNLNRB4ZE4CVSDHQIQ/ 2023年7月13日閲覧。 
  103. ^ 給与返上問題で不信任案、1票差で否決された静岡・川勝知事「人様に迷惑かければ辞職する」読売新聞オンライン
  104. ^ “川勝知事、給与返上の条例案提出 御殿場市やゆ発言で”. 産経新聞. (2023年9月21日). https://www.sankei.com/article/20230921-ZQZ3XYVV6ZOHNLEW7AY6B2YMCM/ 2023年9月21日閲覧。 
  105. ^ “知事給与減額案 付帯決議で可決 静岡県議会総務委”. 静岡新聞. (2023年10月7日). https://www.at-s.com/sp/news/article/shizuoka/1331528.html 2023年10月7日閲覧。 
  106. ^ “知事給与減額条例が可決 2年越しの給与返上へ 静岡県議会”. 静岡新聞. (2023年10月14日). https://www.at-s.com/sp/news/article/shizuoka/1336074.html 2023年11月28日閲覧。 
  107. ^ a b 【全文】物議醸す静岡・川勝知事の訓示 新入職員を前に職業差別? 繰り返される失言「みなさんは頭脳・知性高い」”. FNNプライムオンライン (2024年4月2日). 2024年4月3日閲覧。
  108. ^ 静岡・川勝知事、県庁職員は「知性の高い方たち」…採用職員に訓示「野菜売ったり牛の世話したりモノを作ったりとかと違う」”. 読売新聞オンライン (2024年4月2日). 2024年4月2日閲覧。
  109. ^ 川勝知事が“職業差別”を露見…第一次産業や第二次産業の従事者を蔑む発言?しかも新入職員への訓示で【静岡発】|FNNプライムオンライン”. FNNプライムオンライン (2024年4月2日). 2024年4月2日閲覧。
  110. ^ 静岡・川勝知事「県職員は知性高い、野菜売りとは違う」”. 日本経済新聞 (2024年4月2日). 2024年4月3日閲覧。
  111. ^ 川勝知事の”職業差別”発言 県庁に苦情相次ぐ…その数なんと430件 すべてが批判的な内容 静岡”. テレビ静岡 (2024年4月2日). 2024年4月3日閲覧。
  112. ^ 「私の心も傷ついた」川勝知事 “職業差別”謝罪も…発言は撤回せず 辞任の理由は…”. テレ朝news (2024年4月4日). 2024年4月4日閲覧。
  113. ^ 辞職表明の直前に後継打診「やってくれますか」 静岡・川勝知事、立民県連の重鎮に”. 産経新聞 (2024年4月2日). 2024年4月3日閲覧。
  114. ^ 【速報】職業差別発言の川勝知事 「問題発言かのごとき状況になって本当に驚いている」と開き直り 静岡 | ニュース | テレビ静岡”. www.sut-tv.com. 2024年4月2日閲覧。
  115. ^ 【速報】“職業差別”発言の川勝知事が電撃辞職を表明「6月議会をもって職を辞そうと思う」静岡”. nordot.app. テレビ静岡 (2024年4月2日). 2024年4月2日閲覧。
  116. ^ 「6月議会をもって辞する」“職業差別”発言の静岡県・川勝平太知事が辞意表明 物議を醸した「訓示」の詳細は…(静岡放送(SBS))”. SBS NEWS. 2024年4月2日閲覧。
  117. ^ 「それは読売新聞の報道のせい」 辞職表明した静岡・川勝平太知事との一問一答(下)”. 産経新聞 (2024年4月2日). 2024年4月3日閲覧。
  118. ^ 県議会議長「嫌がらせが成就した…役目は終わったという感じだった」 川勝知事から辞職報告受け 静岡”. テレビ静岡 (2024年4月3日). 2024年4月3日閲覧。
  119. ^ 日本放送協会 (2024年4月3日). “静岡 川勝知事 辞職理由は“発言とリニア開業延期で区切り” | NHK”. NHKニュース. 2024年4月3日閲覧。
  120. ^ 辞職表明の川勝知事 臨時会見全編【SBSnews6 中継映像】”. 静岡新聞 (2024年4月3日). 2024年4月3日閲覧。
  121. ^ a b 静岡 川勝知事 辞職理由は“発言とリニア開業延期で区切り””. NHK NEWS WEB (2024年4月3日). 2024年4月3日閲覧。
  122. ^ 発言は「撤回しない」 辞職表明の川勝知事「私の心も傷ついた」【主な一問一答】”. 東京新聞 (2024年4月3日). 2024年4月3日閲覧。
  123. ^ a b 静岡・川勝知事 職業差別とも受け取れる発言を撤回【速報】”. SBS NEWS (2024年4月5日). 2024年4月5日閲覧。
  124. ^ a b 「皆さんの心を傷つけ申し訳ない。不徳のいたすところ」辞職表明の川勝知事が記者会見 辞職の理由語る「リニア問題も大きな区切り」【速報】”. LIFE (2024年4月3日). 2024年4月3日閲覧。
  125. ^ 川勝知事 辞職決意の理由 ”不適切発言とリニア“と説明”. NHK NEWS WEB (2024年4月3日). 2024年4月4日閲覧。
  126. ^ 辞任表明から一夜の川勝知事を“直撃”「6月をもって辞職」ボーナス受け取る意向は?”. テレ朝news (2024年4月3日). 2024年4月4日閲覧。
  127. ^ a b 辞職表明の静岡・川勝知事 スズキ相談役と面会”. 静岡第一テレビ (2024年4月4日). 2024年4月4日閲覧。
  128. ^ さらなる衝撃発言…川勝平太・静岡知事『リニア一段落で辞表』が火に油 「遅らせるのが目的か」「環境問題どうでもいいってこと?」非難殺到”. 中日スポーツ (2024年4月4日). 2024年4月4日閲覧。
  129. ^ 川勝知事は早期辞職と発言撤回を 静岡県議会の自公会派が申し入れ”. KYODO (2024年4月4日). 2024年4月4日閲覧。
  130. ^ 「1日も早いバトンタッチを」自民・公明会派が川勝知事に早期辞職を申し入れ 辞意表明から2日 静岡”. テレビ静岡 (2024年4月4日). 2024年4月4日閲覧。
  131. ^ “静岡・川勝知事、一転「職業差別」発言を撤回…「なりわいの違いを説明したかった」”. 読売新聞. (2024年4月5日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20240405-OYT1T50116/ 2024年4月5日閲覧。 
  132. ^ 川勝知事“辞意”でリニアは? “後継打診”渡辺周氏…川勝イズム「引き継がない」(テレビ朝日系(ANN))1”. Yahoo!ニュース. 2024年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月6日閲覧。
  133. ^ 川勝知事“辞意”でリニアは? “後継打診”渡辺周氏…川勝イズム「引き継がない」(テレビ朝日系(ANN))2”. Yahoo!ニュース. 2024年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月6日閲覧。
  134. ^ 県知事選に前浜松市長・鈴木氏も前向き…スズキなど西部経済界が打診 元副知事・大村氏は立候補表明 静岡」『テレビ静岡』、2024年4月8日。2024年4月8日閲覧。
  135. ^ a b 静岡 川勝知事 10日にも辞職願提出 知事選は早ければ5月下旬に実施へ - NHK 2024年4月8日
  136. ^ 【独自】川勝知事が辞職願を前倒しで4月10日に提出へ…その3つの理由が判明 申し入れの尊重など 静岡”. テレビ静岡 (2024年4月8日). 2024年4月8日閲覧。
  137. ^ 静岡の川勝知事が10日にも辞職願 当初は6月辞職で「ボーナス満額受給」に批判も - 夕刊フジ公式サイト 2024年4月8日
  138. ^ 川勝知事、退職前倒しの意向 4月10日にも届け出 5月26日投開票も - 静岡新聞 2024年4月8日
  139. ^ 5月26日投開票 静岡知事選 - 時事ドットコム 2024年4月11日
  140. ^ 静岡 川勝知事 辞職時期早めた理由“県政の空白短くするため” - NHK 2024年4月10日
  141. ^ a b c 川勝知事の辞職表明、静岡市長「報道の切り取りも何もない」「発言を不適切と思わないこと自体にも大きな問題」”. 讀賣新聞オンライン (2024年4月4日). 2024年4月4日閲覧。
  142. ^ 「極めて不適切…あり得ないレベル」川勝知事の元部下・静岡市長も“職業差別”発言を痛烈批判”. テレビ静岡 (2024年4月3日). 2024年4月4日閲覧。
  143. ^ 静岡県の川勝知事、意図見えぬ辞職劇 「面食らった」地元の評価は」『毎日新聞』、2024年4月4日。2024年4月5日閲覧。
  144. ^ 「最大の不安定要素」がクリアされる可能性…静岡県の川勝平太知事辞職表明、長野県飯田市の佐藤健市長「リニア着工」への協議スピードアップに期待感」『SBC信越放送』、2024年4月3日。2024年4月5日閲覧。
  145. ^ 「リニア潰すつもりでやっていたのか?犯罪じゃないか」 牧之原市長が辞意表明の川勝知事を痛烈非難 静岡」『テレビ静岡』、2024年4月5日。2024年4月5日閲覧。
  146. ^ a b 川勝知事 発言で辞職意向 閣僚から言及が相次ぐ - NHK 2024年4月5日
  147. ^ 「川勝平太知事の暴言癖は今に始まったことではない」 赤羽前国交相、痛烈に批判 - 産経ニュース 2024年4月3日
  148. ^ 【リニア】「違和感」「腹立っている」 愛知・大村知事が“大きな区切り”発言の川勝知事に激怒 静岡 - FNNプライムオンライン 2024年4月8日
  149. ^ 「お前が言う?」愛知の大村知事が再び憤り 静岡の川勝知事に「すべてにイチャモンつけていた」- 名古屋テレビ 2024年4月10日
  150. ^ 川勝知事のリニア計画破綻発言に「おまいう」 大村知事が反論 - 朝日新聞デジタル 2024年4月10日
  151. ^ 川勝平太・静岡県知事の辞職「歓迎したい」 甲府・樋口雄一市長 - 日本経済新聞 2024年4月9日
  152. ^ 三重知事「理解しがたい」 静岡の川勝知事、辞職理由にリニア - 産経ニュース 2024年4月10日
  153. ^ 川勝氏の知事辞職に「緊密に連携し、大変感謝」と山梨県の長崎幸太郎知事 - 産経ニュース 2024年4月10日
  154. ^ 細川ガラシャの子孫が静岡・川勝知事に激怒「言語道断。けしからん」「細川家みんな怒ってる」 - 東スポWEB 2024年4月14日
  155. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年12月24日). “「ごろつき」「やくざ」 川勝知事が県議らに暴言 撤回も謝罪もせず 静岡”. 産経ニュース. 2020年10月12日閲覧。
  156. ^ 「県議会にはヤクザとゴロツキ」 静岡知事が反対議員に:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2020年10月12日閲覧。
  157. ^ ごろつき発言「ごめんなさい」 静岡県知事、議会答弁で陳謝”. @S[アットエス]. 静岡新聞 (2020年2月27日). 2020年10月13日閲覧。
  158. ^ 学者の静岡県知事、菅総理を痛烈に批判「教養レベルが露見した」 日本学術会議問題で 株式会社静岡朝日テレビ LOOK
  159. ^ 菅首相への「教養のレベル露見」発言で注目 静岡県の川勝知事が会見で語ったこと”. J-CAST ニュース (2020年10月9日). 2020年10月9日閲覧。
  160. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年10月12日). “「公の場では慎重に」首相教養レベル露見発言の静岡県知事に申し入れ”. 産経ニュース. 2020年10月12日閲覧。
  161. ^ 川勝知事の発言波紋、自民申し入れへ 学術会議問題巡り、他会派も苦言 知事「訂正の必要全くない」 (@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)”. Yahoo!ニュース. 2020年10月13日閲覧。
  162. ^ 川勝知事 菅総理への「教養レベル」発言 県に批判200件も…「訂正する必要ない」(静岡県)(Daiichi-TV(静岡第一テレビ))”. Yahoo!ニュース. 2020年10月13日閲覧。
  163. ^ 静岡知事、「教養のレベル」発言を撤回 事実誤認と陳謝”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2020年10月16日). 2020年10月17日閲覧。
  164. ^ 「菅首相の教養レベル露見」発言 川勝静岡県知事が撤回、陳謝”. @S[アットエス]. 静岡新聞 (2020年10月16日). 2020年10月17日閲覧。
  165. ^ リニア座長はJR東海の「御用学者」 川勝知事が批判:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2021年3月24日). 2024年4月2日閲覧。
  166. ^ 参院静岡補選告示 山崎真之輔氏第一声に川勝知事サプライズ登場”. 静岡朝日テレビ (2021年10月7日). 2023年6月30日閲覧。
  167. ^ 玉木祥子、鬼原民幸 (2021年11月11日). “女性との不適切な関係「おおむね事実」 参院補選当選の山崎氏が謝罪”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASPCB71NRPCBUTPB00R.html 2021年11月11日閲覧。 
  168. ^ 「賢いことを言わないときれいに見えない」 静岡・川勝知事が発言 朝日新聞DIGITAL
  169. ^ 「女性蔑視」発言の報道を受け、川勝知事が謝罪「全て撤回」 静岡 毎日新聞
  170. ^ a b また自身の発言から県議会で謝罪 川勝知事 「ことしの漢字」めぐる失言 2年前には“コシヒカリ発言”で謝罪も…【静岡】Daiichi-TV
  171. ^ a b 自衛隊派遣要請なぜ遅かったのか 豪雨で断水、孤立続く静岡 知事・市長が不仲のせい?東京新聞
  172. ^ 静岡のリニア議論は「末期症状」!致命的な誤りを認めた川勝知事の「新たな大問題」(小林 一哉) @gendai_biz”. 現代ビジネス (2023年4月5日). 2024年4月2日閲覧。
  173. ^ 川勝知事「科学的根拠に基づいていること 伝わっていないのは残念」山梨知事の“不快感”に弁明 リニアトンネル掘削調査めぐり”. TBS NEWS DIG (2023年5月15日). 2023年6月1日閲覧。
  174. ^ 【リニア】静岡・川勝知事「礼節欠いた」と反省の弁 山梨県内の工事に関し静岡県がJRに意見…山梨県知事が苦言(静岡朝日テレビ)”. Yahoo!ニュース. 2023年6月1日閲覧。
  175. ^ 「山梨県に出る水は静岡県の水」…JR東海に言いがかりをつける川勝知事の「デタラメ」(現代ビジネス)”. Yahoo!ニュース. 2023年6月1日閲覧。
  176. ^ 静岡新聞社. “川勝知事、山梨県に「礼節欠いた」 リニア工事でJRに要望書|あなたの静岡新聞”. www.at-s.com. 2023年6月1日閲覧。
  177. ^ 静岡・川勝知事“爆弾発言”新たな火種に…諮られていない構想で混乱「議会軽視」の声テレ朝news
  178. ^ 「しかるべきタイミングでお諮りする」「議会軽視の姿勢があからさま」川勝平太知事 の“新構想”発言めぐり 深まる自民会派との溝静岡放送
  179. ^ “川勝平太知事のみ支援会議欠席 静岡県議会一部会派が抗議”. 産経新聞. (2024年1月11日). https://www.sankei.com/article/20240111-YSJA76EUJVNOHCDRKAT66MQRRI/ 2024年1月11日閲覧。 
  180. ^ “静岡県の川勝平太知事がまたも物議を醸す発言”. 中日新聞. (2024年3月13日). https://www.chunichi.co.jp/article/867949 2024年3月13日閲覧。 
  181. ^ a b “静岡知事、磐田は浜松より文化的 「市民の共通認識」と撤回せず”. 共同通信. (2024年3月13日). https://nordot.app/1140610656863797940 2024年3月13日閲覧。 
  182. ^ “日航と静岡県が和解 福岡便の運航支援金巡り 県が1億5千万円支払い”. 日本経済新聞. (2011年10月17日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1701U_X11C11A0CC0000/ 2023年9月21日閲覧。 
  183. ^ a b 見極める川勝県政<2> 政治手法:中日新聞しずおかWeb”. 中日新聞Web. 2021年11月9日閲覧。
  184. ^ 見極める川勝県政<2> 政治手法:中日新聞しずおかWeb”. 中日新聞Web. 2021年11月9日閲覧。
  185. ^ 静岡)知事と市長対立「静岡市は失敗」「看過できぬ」:朝日新聞デジタル”. www.asahi.com. 2021年11月9日閲覧。
  186. ^ 「経済学研究年報」15号64頁、20号187頁(早稲田大学大学院経済学研究科経済学研究会、1975年12月、1981年3月)
  187. ^ 「球域の文明史(1) グローバル&ローカルの比較経済史」22号、2003年
  188. ^ 川勝平太「歴史の交差点 「英国議会資料」を退けた早大を辞す」(週刊ダイヤモンド1997年7月19日号)、「現代の肖像 川勝平太」(アエラ2010年8月30日号65頁)
  189. ^ 質疑応答
  190. ^ 『経済史入門 [経済学入門シリーズ]』日本経済新聞出版、2003年、207頁。 
  191. ^ ほぼ日刊イトイ新聞 川勝平太2004年10月12日講演録
  192. ^ [Tessa Morris-Suzuki, Re-inventing Japan: Nation, Culture, Identity (ME Sharpe, 1997)
  193. ^ a b 「早稲田大学政治経済学部講義要項」(1997年度)
  194. ^ 「早稲田大学政治経済学部報 ひろば」28号(1996年4月1日)
  195. ^ a b c 「京都創生の概要・課題等について」(第27期京都市社会教育委員「京都創生の概要・課題等について」)
  196. ^ 奥島孝康「早稲田大学における助手の任期制」大学と学生391号25、27頁、1997年
  197. ^ Latham, A. J. H.; 川勝, 平太 (1994). Proceedings, Eleventh International Economic History Congress, Milan, September 1994. Università Bocconi : Eleventh International Economic History Congress. 予稿集の別題:L'évolution structurelle du système économique en Extrême Orient depuis 1700 : analyse comparée
  198. ^ Latham, A. J. H.; 川勝, 平太; International Congress on Economic History (ed.). Japanese industrialization and the Asian economy. Routledge, 1994. ISBN 0415115019, NCID BA23345672.
  199. ^ 文部省科学研究費補助金重点領域研究「総合的地域研究」総括班。標記以外の参加者:海田能宏、角山榮、掛谷誠、坪内良博、永沼博道、木村雅昭、松原正毅、陣内秀信、渡辺尚。

関連人物

関連項目

外部リンク

公職
先代
石川嘉延
静岡県知事
公選第17-20代:2009年 -
次代
現職
学職
先代
石川嘉延
静岡文化芸術大学理事長
第2代:2009年 - 2010年
次代
廃止
先代
木村尚三郎
静岡文化芸術大学学長
第2代:2007年 - 2009年
次代
熊倉㓛夫
文化
先代
石川嘉延
世界緑茶協会理事長
第3代:2009年 -
次代
現職