高谷好一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高谷 好一(たかや よしかず、1934年 -2016年3月12日 )は、日本生態学者京都大学名誉教授。専攻は東南アジア地域研究。

来歴・人物[編集]

滋賀県守山市出身。京都大学理学部を経て、同大学院理学研究科修了。京都大学東南アジア研究センター助手・助教授を経て、1975年より同教授。1995年から2004年まで滋賀県立大学人間文化学部教授。2005年より、聖泉大学総合研究所所長・教授。2013年瑞宝中綬章受章[1]

主な著作[編集]

  • 『熱帯デルタの農業発展-メナム・デルタの研究-』(創文社
  • 『東南アジアの自然と土地利用』(勁草書房
  • 『マングローブに生きる-熱帯多雨林の生態史-』(NHKブックス
  • 『コメをどう捉えるのか』(NHKブックス)
  • 『新世界秩序を求めて-21世紀への生態史観-』(中公新書
  • 『「世界単位」から世界を見る-地域研究の視座-』(京都大学学術出版会
  • 『多文明世界の構図-超近代の基本的論理を考える-』(中公新書)
  • 『地域間研究の試み』(京都大学学術出版会)
  • 『地域学の構築』(サンライズ出版
  • 『二人の湖国 日本は滋賀から始まった 』(サンライズ出版)
  • 『地域研究から自分学へ』(京都大学学術出版会)
  • 『世界単位論』(京都大学学術出版会)

脚注[編集]