溝口紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
溝口 紀子
Noriko Mizoguchi cropped 1 Toshiaki Endo and Noriko Mizoguchi 20150820.jpg
基本情報
ラテン文字 Noriko Mizoguchi
日本の旗 日本
出生地 日本の旗 静岡県磐田郡福田町
生年月日 (1971-07-23) 1971年7月23日(47歳)
選手情報
階級 女子56kg級
引退 1996年
 
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 柔道
オリンピック
1992 バルセロナ 52kg級
アジア選手権
1988 バンコク 52kg級
2017年6月26日現在
テンプレートを表示

溝口 紀子(みぞぐち のりこ、1971年7月23日 - )は、日本柔道家学位博士(学術)東京大学2015年)。公益財団法人全日本柔道連盟評議員日本武道学会評議員。

女子柔道日本代表選手を経て、静岡県立大学短期大学部社会福祉学科助手、女子柔道フランス代表コーチ、静岡県教育委員会委員長静岡文化芸術大学文化政策学部教授などを歴任した。

現在は、日本女子体育大学体育学部運動科学科スポーツ科学専攻教授を務める。

概要[編集]

静岡県磐田市出身の女子柔道家である[1]1992年バルセロナオリンピックでは女子柔道52kg級にて銀メダルを獲得した。また、2004年アテネオリンピックでは、日本人女性初のフランス代表柔道チームのコーチを務めた[2]。フランス語が堪能であり、スポーツ文化論を研究している。静岡県立大学短期大学部社会福祉学科にて助手を務めたのち[1]静岡文化芸術大学の文化政策学部にて講師[1]准教授を経て[1]教授を務めた[1]。また、静岡県教育委員会委員を務め、2014年10月からは委員長を務めた[3]。なお、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正に伴い、2015年に教育委員会の委員長が廃止されたため、歴代最後の委員長となった。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1981年、福田町立福田小学校4年のときから柔道を始める。1986年、福田町立福田中学校(現磐田市立福田中学校)2年生のとき、全日本体重別選手権56kgに出場し3位入賞を果たす。1987年、中学3年生のとき、当時の女王山口香に憧れて56kgから52kgに階級変更した。同年、全日本体重別選手権の52kg級決勝で山口香と対戦し送襟絞で一本負け。これをきっかけに寝技を強化し「まむしの溝口」と異名を持つ。1988年静岡県立浜松西高等学校2年のとき、講道館で開かれた全日本選抜柔道体重別選手権52kg級で当時10連覇の女王・山口香を破った。1989年、全日本体重別選手権52kg級2連覇、初のベオグラード世界選手権代表となり7位入賞を果たした。

柔道家として[編集]

1990年埼玉大学進学後の全日本体重別選手権52kg級決勝で、植田睦に敗北した。12月の福岡国際女子柔道選手権52kg級で初優勝を果たす。1991年、全日本体重別選手権52kg級で植田睦に再度敗北し、世界代表の座を奪われる。12月の福岡国際女子柔道選手権52kg級で2連覇を果たす。1992年バルセロナオリンピック代表最終選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権にて、ライバル植田睦に決勝で僅差判定勝ち。初の五輪代表の座を獲得。7月31日、バルセロナオリンピックにおいて、52kg級決勝で地元スペインのアルムデナ・ムニョスに惜敗するも銀メダルを獲得した。12月の福岡国際52kg級決勝でムニョスにリベンジを果たして3連覇を達成した。

1993年、広島国際女子柔道選手権大会から階級を56kgに変更し、56kg世界チャンピオン、五輪2位のニコラ・フェアブラザーに内股で一本勝ち。これをきっかけに56kgに転向したといわれている。1994年、56kg級に転向するも国内では立野千代里菅原教子に敗戦し、日本代表の座から遠のいた。1995年、全日本選抜体重別選手権56kg級で大塚雅子に内股で一本勝ちし、幕張世界選手権日本代表となる。同年10月の幕張世界選手権では1回戦敗退。1996年、2月のパリ国際決勝で、当時の世界女王ドリウリス・ゴンザレスに勝ち4度目の大会制覇を達成した。1996年アトランタオリンピック最終選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権56kg級決勝で、立野千代里に僅差判定勝ちし、2度目の五輪代表となる。同年8月のアトランタオリンピックでは、準々決勝で鄭善溶に惜敗し気持ちが切り替えられず敗者復活戦に挑み惨敗、引退を決意した。

柔道引退後[編集]

1997年より静岡県立大学短期大学部社会福祉学科にて助手を務めた[1]。また、2004年アテネオリンピックにおいては、女子柔道フランス代表チームのコーチを務めた[2]。なお、日本人女性が同国の柔道代表チームでコーチを務めるのは、初めてのことである[2]。その後、2005年より静岡文化芸術大学の文化政策学部で講師を務め[2]2009年には准教授[2]2016年には教授に昇任した[2]

2010年より静岡県教育委員会委員を務め、2014年10月からは委員長を務めた[3]2015年に教育委員会の委員長が廃止されたため、歴代最後の委員長となった。

2017年4月27日、読売新聞の取材によると「周囲から、『現職に対抗して出るべきだ』という声をいただいており、検討している。ただ、最終的な結論は出していない」と話し[4]5月1日に記者会見を開き静岡県知事選挙への出馬を表明した[5]。記者会見においては「東京五輪を前にスポーツの力を十分に発揮できるのは、自分しかいない」[6]と主張した。また同日付で支援団体・静岡県政を大刷新する会が設立され、代表に鈴木望(元衆議院議員、元磐田市長)が就任した[7]

さらに記者会見においては「私は手段を選ばない。自民党と私は見ている方向は一緒で、思いは一つ」[8]と発言するなど、自由民主党に秋波を送った。翌日、自由民主党は独自候補擁立を見送ることを発表した[9]。知事選出馬を自由民主党国会議員会合及び自由民主党静岡県支部連合会役員会で強く反対された自由民主党静岡県支部連合会幹事長である宮沢正美は、自身の出馬について「断腸の思いで出馬を断念させてもらう」としたうえで、幹事長職を辞職することを表明し、溝口への支援について「組織としてはあり得ないと思っている」[9]と明言した。

一方、自由民主党静岡市支部は、「溝口氏が訴えている政策はわれわれに近い」とし、5月8日に推薦を決定した[10]。その後、自由民主党清水支部、由比支部、蒲原支部、焼津支部、浜松支部、磐田市部、袋井支部、沼津支部、伊東支部等も推薦を決定した[11][12]

6月25日に行われた静岡県知事選挙の投開票では得票数を伸ばせず、現職の川勝平太に破れた[13]。とはいえ静岡市3区のうち葵区と駿河区で、溝口氏が川勝氏の獲得票数より多く、静岡市全体でも川勝氏を6000票近く上回った[14]。同年9月には第48回衆議院議員総選挙で民進党を離党した細野豪志らが立ち上げる希望の党から静岡県第1区での出馬要請を受けたものの「知事選で自民党の支部や1区選出の上川陽子法相にお世話になった。恩をあだで返すことはできない」と固辞した[15]

略歴[編集]

賞歴[編集]

  • 1992年 - 文部大臣賞スポーツ功労賞。
  • 1992年 - 内閣総理大臣感謝状銀杯。
  • 1992年 - 静岡県知事感謝状。
  • 1992年 - 埼玉県民栄誉賞。
  • 1992年 - 福田町民栄誉賞。
  • 1998年 - NHK静岡あけぼの賞。
  • 2012年 - ヤマハ発動機スポーツ振興財団スポーツチャレンジ研究助成特別チャレンジャー賞。
  • 2015年 - 静岡文化芸術大学学長奨励賞。
  • 2015年 - 秩父宮記念スポーツ医・科学奨励賞(研究団体)。
  • 2016年 - 静岡県知事感謝状。

戦歴[編集]

オリンピック記録[編集]

主な優勝記録[編集]

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

分担執筆、寄稿、等[編集]

インタビュー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 溝口 紀子 - 教員紹介 - 公立大学法人 静岡文化芸術大学(2016年10月19日時点のアーカイブ
  2. ^ a b c d e f 静岡県知事選取材班「溝口氏出馬を検討――磐田出身女子柔道メダリスト」『中日新聞』26771号、11版、中日新聞東海本社2017年4月28日、1面。
  3. ^ a b 「静岡県教育委員長就任の溝口紀子氏『若さとバイタリティで現場を活性化』」『静岡県教育委員長就任の溝口紀子氏「若さとバイタリティで現場を活性化」 - 産経ニュース産経デジタル2014年10月21日
  4. ^ 五輪「銀」溝口紀子氏、静岡知事選に出馬を検討 2017年04月28日 10時07分読売新聞
  5. ^ 知事選取材班「溝口氏が正式出馬表明」『中日新聞』26775号、11版、中日新聞東海本社2017年5月2日、1面。
  6. ^ 「溝口紀子氏会見の要旨」『溝口紀子氏会見の要旨(1/2ページ) - 産経ニュース産経デジタル2017年5月2日
  7. ^ 「溝口氏支援の2団体 静岡県選管に政治団体設立届」静岡新聞2017/5/9
  8. ^ 「溝口紀子氏会見の要旨」『溝口紀子氏会見の要旨(2/2ページ) - 産経ニュース産経デジタル2017年5月2日
  9. ^ a b 知事選取材班「宮沢幹事長が出馬断念――自民県連、独自候補立てず」『中日新聞』26776号、11版、中日新聞東海本社2017年5月3日、1面。
  10. ^ [1]静岡新聞2017/5/8
  11. ^ [2]静岡新聞
  12. ^ [3]静岡新聞
  13. ^ 現職の川勝平太氏、溝口氏破り3選…静岡知事選 : 政治”. 読売新聞 (2017年6月25日). 2017年6月26日閲覧。
  14. ^ 得票分析 静岡市「県との関係」を懸念 溝口氏、川勝氏上回る  /静岡[4]
  15. ^ 「細野氏の新党出馬要請、溝口氏断る 「自民お世話に…」」朝日新聞2017年9月24日23時22分

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]