樋口雄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
樋口 雄一
ひぐち ゆういち
生年月日 (1959-12-30) 1959年12月30日(58歳)
出生地 日本の旗 山梨県甲府市
出身校 専修大学経営学部
前職 全労済山梨県本部職員
所属政党民主党→)
無所属
公式サイト 樋口雄一 オフィシャルサイト

Flag of Kofu, Yamanashi.svg 公選第20代 山梨県甲府市長
当選回数 1回
在任期間 2015年2月2日 - 現職

選挙区 甲府市選挙区
当選回数 4回
在任期間 1999年 - 2001年
2003年 - 2014年
テンプレートを表示

樋口 雄一(ひぐち ゆういち、1959年12月30日 - )は、日本政治家山梨県甲府市長(公選第20代)。元山梨県議会議員(4期)。

概要[編集]

山梨県甲府市生まれ。山梨県立甲府第一高等学校専修大学経営学部卒業。1985年から全国労働者共済生活協同組合連合会(全労済)山梨県本部に勤務し、生命保険等の営業に従事する[1]

1999年山梨県議会議員選挙に甲府市選挙区から民主党公認で出馬し、初当選した。2001年、山梨県議を辞職し、第19回参議院議員通常選挙山梨県選挙区から民主党公認で出馬したが、自由民主党中島真人に敗れ、落選。2003年、再び山梨県議会議員選挙に出馬し、返り咲いた。以後、3期連続で当選し、2007年5月から約2年間、山梨県議会副議長を務める。

2014年9月9日、翌年の甲府市長選挙に出馬する意向を表明[2]10月3日、山梨県議を辞職し、民主党を離党[3]

2015年1月25日投開票の甲府市長選挙では、民主党維新の党公明党の3党から推薦を受けた。不出馬を表明した宮島雅展甲府市長による12年間の市政の継承を掲げ、3人の対立候補を破り初当選した[4]2月2日、甲府市役所に初登庁し、正式に甲府市長に就任した[5]

脚注[編集]

  1. ^ 樋口雄一 オフィシャルサイト - プロフィール
  2. ^ “選挙:甲府市長選 樋口氏が出馬表明 宮島市政継承、発展目指す/山梨”. 毎日新聞. (2014年9月10日). http://senkyo.mainichi.jp/news/20140910ddlk19010026000c.html 2015年3月5日閲覧。 
  3. ^ “選挙:甲府市長選 樋口県議が辞職 出馬に向け/山梨”. 毎日新聞. (2014年10月4日). http://senkyo.mainichi.jp/news/20140910ddlk19010026000c.html 2015年3月5日閲覧。 
  4. ^ “甲府市長選、前県議の樋口氏初当選…3新人破る”. 読売新聞. (2015年1月25日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20150125-OYT1T50125.html 2015年3月5日閲覧。 
  5. ^ “「市民満足度高い市役所に」樋口甲府市長が初登庁”. 産経新聞. (2015年2月3日). http://www.sankei.com/region/news/150203/rgn1502030023-n1.html 2015年3月5日閲覧。 

外部リンク[編集]


公職
先代:
宮島雅展
Flag of Kofu, Yamanashi.svg 山梨県甲府市長
公選第20代:2015年 -
次代:
(現職)