河盛好蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
河盛 好蔵
(かわもり よしぞう)
Yoshizo Kawamori 01.jpg
1956年頃撮影
誕生 1902年10月4日
大阪府堺市
死没 (2000-03-27) 2000年3月27日(97歳没)
職業 フランス文学者
国籍 日本の旗 日本
ジャンル フランス文学
主な受賞歴 読売文学賞(研究・翻訳賞)(1962年)
勲三等旭日中綬章(1973年)
大佛次郎賞(1978年)
菊池寛賞(1985年)
文化勲章(1988年)
読売文学賞(随筆・紀行賞)(1997年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

河盛 好蔵(かわもり よしぞう、1902年10月4日 - 2000年3月27日)は、日本のフランス文学者評論家。仏文学者としてはモラリストの著作を日本に紹介した。

来歴・人物[編集]

大阪府堺市出身。旧制大阪府立堺中学校を経て1920年第三高等学校入学。京都帝国大学仏文科で落合太郎河野与一に師事。1926年、京都帝国大学仏文科を卒業して関西大学に赴任し、フランス語を教える。

1928年学校騒動で関西大学を辞職して渡仏し、ソルボンヌ大学に学ぶ。1930年に帰国。堺の生家でジャン・コクトー『山師トマ』を翻訳。

上京後、ファーブル昆虫記』を三好達治と共訳。1931年杉捷夫の世話で立教大学教授に就任し、1943年までフランス語を教える。1943年、随筆『新釈女大学』がベストセラーとなる。

戦後は東京教育大学教授、共立女子大学教授を歴任、フランス・モラリストを汲んだ著作を多く出した。主な著作は晩年に刊行した『河盛好蔵 私の随想選』(新潮社、全7巻)に収録されている。

1962年に『フランス文壇史』で読売文学賞(研究・翻訳賞)、1978年に『パリの憂愁』で大佛次郎賞1985年菊池寛賞をそれぞれ受賞。1970年日本芸術院会員、1973年勲三等旭日中綬章受章、1986年文化功労者1988年には文化勲章受章。1989年脳梗塞で倒れるも、リハビリを続け、1998年には『藤村のパリ』で読売文学賞(随筆・紀行賞)受章。

1997年には『藤村のパリ』と『パリの憂愁―ボードレールとその時代』により、95歳で京都大学より博士(文学)の学位が授与された。また、同年に『藤村のパリ』で読売文学賞(随筆・紀行賞)を受賞した。

長女・悳子は林房雄の長男・後藤昭彦と結婚した[1]

著書[編集]

  • 『フランス語第一歩』白水社、1934
  • 『仏蘭西文学随想』青木書店、1941
  • 『新釈女大学』文体社、1943年
  • 『ふらんす手帖』生活社、1943
  • 『女の学校』玄理社、1947
  • 『フランス歳時記』大日本雄弁会講談社 1948
  • 『新しい女性』文化書院 1949
  • 『新ふらんす手帖』ダヴィッド社 1950
  • 『愛・自由・幸福』雲井書店 1950 のち新潮文庫 
  • アンドレ・ジイド略年譜』(ジイド全集別冊)編 新潮社 1951
  • 『文芸用語辞典』弘文堂・アテネ文庫 1952
  • 『フランス文学手帖』三笠文庫 1952
  • 『恋愛と結婚の書』要書房 1954
  • 『愛と幸福』実業之日本社 1957
  • 『現代恋愛作法』新潮社 1957
  • 『今日の言葉 世界名言集』弥生書房 1958
  • 『明るい風』弥生書房 1958
  • 人とつきあう法』新潮社、1958、のち新潮文庫。復刊人と歴史社 2002
  • 『パリ物語』角川書店 1959 のち旺文社文庫 
  • 『青春と人生』青春出版社 青春新書 1959
  • 『新エチケット読本』六興出版部 1959
  • 『現代恋愛論』青春出版社 1959
  • あぷれ二十四孝』新潮社 1960
  • 『現代知性全集 第41 河盛好蔵集』日本書房 1960
  • フランス文壇史 第三共和国時代』文藝春秋新社 1961、新版1964
  • 『人生作法 楽しいつき合い』青春出版社 青春新書 1961
  • 『夫婦十二カ月』新潮社 1962
  • 『愛とお金の哲学』秋田書店 サンデー新書 1964
  • 『文学空談』文藝春秋新社 1965
  • 『人間読本』番町書房 1966
  • 『青春と幸福 豊かな青春を生きるために』大和書房 銀河選書 1967
  • 『エスプリとユーモア』岩波新書 1969
  • 『河岸の古本屋 現代日本のエッセイ』毎日新聞社 1972、講談社文芸文庫(改訂版) 1994 
  • 『愛と友情の青春 若き日を充実して生きるために』日本文芸社 1972
  • 『親とつき合う法』新潮文庫 1974
  • 『回想の本棚』新潮社 1976、中公文庫 1982
  • 『パリの憂愁―ボードレールとその時代』河出書房新社 1978
  • 『巴里好日』文化出版局 1979、河出文庫 1984 
  • 『作家の友情』新潮選書 1984
  • 井伏鱒二随聞』新潮社 1986
  • 『老いての物語』學藝書林 1990
  • 『フランス語盛衰記―私の履歴書日本経済新聞社 1991
  • 『藤村のパリ』新潮社 1997、新潮文庫 2000
  • 『人生をたのしむ才能 幸福のヒント350』海竜社 1997

著作集[編集]

  • 『河盛好蔵 私の随想選』(全7巻、1991年1月-8月、新潮社
  1. 私のパリ
  2. 私のフランス文学(1)
  3. 私のフランス文学(2)
  4. 私の日本文学(1)
  5. 私の日本文学(2)
  6. 私の人生案内
  7. 私の茶話

共編著[編集]

  • 『現代フランス語読本』全3巻 白水社 1942
  • 『世界名言全書』全6巻 東京創元社 1957-58  
  • 『世界逸話全集』全5巻 奥野信太郎共編 東京創元社 1958-59 
  • 『世界名言集 青春を生きる知恵』青春出版社 青春新書 1961「心をささえる一言」青春文庫 1998
  • 『世界人生論全集』全16巻 筑摩書房 1962-64
  • 『フランス文学史』平岡昇佐藤朔共編 新潮社 1967
  • 『生活の本』全10巻別巻1 臼井吉見共編 文藝春秋 1967
  • 『対談 作家の素顔』駸々堂出版 1972
  • 『井伏さんの横顔』編 弥生書房 1993

翻訳[編集]

  • アベ・プレヴォマノン・レスコー』岩波文庫、1929、のち改版
  • ジャン・コクトー『山師トマ』春陽堂、1932、のち角川文庫 改版1994。ゆまに書房から初版復刻 
  • 『バルザツク全集 第13巻 神秘の書 哲学的研究』河出書房、1934
  • 『スタンダアル選集 第5巻 日記・書簡』前川堅市共訳 竹村書房、1936
  • ポール・ヴァレリー『詩学叙説』小山書店 1938
  • アンドレ・ジイド『コンゴ紀行』岩波文庫 1938、のち復刊
  • 結婚・友情・幸福 アンドレ・モロワ 岩波新書 1939 のち新潮文庫 
  • メゾン・テリエ(聖水授与者、ジュール伯父、クロシェット)ギイ・ド・モーパッサン 世界文学社、1947
  • コンスタンティン・ゲオルギウ『二十五時』筑摩書房 1950 のち角川文庫 
  • アンドレ・モロワ『恋愛の七つの顔』新潮社 1951 のち文庫 
  • 『紅毛徒然草』(訳編)朝日新聞社 朝日文化手帖 1953
  • モロワ『幸福な結婚』新潮社(一時間文庫)1954 のち文庫 
  • 『モーパッサン短篇集』全6冊 青柳瑞穂共訳 新潮文庫 1956-57
  • アンドレ・シーグフリード『現代弁論術』河野与一共訳 岩波新書 1956
  • ピエール・コニー『自然主義』花輪光共訳 白水社文庫クセジュ 1957
  • ジョフリィ・ブリアートン『フランス文学の歩み』紀伊国屋書店 1957
  • 『世界逸話全集 第3巻 フランス篇』東京創元社 1959
  • クロード・アヴリーヌ『最後の言葉』六興出版部 1959、『人間最後の言葉』筑摩叢書 1964、ちくま文庫 1993 
  • ガイ・エンドア『パリの王様―大アレクサンドル・デュマ物語』東京創元社 1960、講談社 1973
  • バルザック全集 第3巻 追放者』東京創元社 1961 
  • 『アルベール・サヴァリュス』バルザック全集 第9巻 東京創元社 1961
  • 『パリとパリジアンの歴史』角川書店 1962
  • S.クールター『モーパッサンの情熱的生涯』文藝春秋新社 1963
  • アンドレ・マスパン『灰色の谷の秘密』林田遼右共訳 あかね書房 1964/福武文庫 1990 
  • アルベルト・モラヴィア『倦怠』脇功共訳 河出書房新社(人間の文学) 1965、改訳新版1980/河出文庫 1983、新版2000
  • 『ふらんす小咄大全』(訳編) 筑摩書房 1968/ちくま文庫 1991
  • アルマン・ラヌー『モーパッサンの生涯』大島利治共訳 新潮社 1973
  • ジャン・デュトゥール『犬頭の男』出帆社 1976
  • セレスタン・ギタール/レイモン・オベール編『フランス革命下の一市民の日記 1791~1796』 中央公論社 1980、中公文庫(改訂版) 1986
  • キキ『モンパルナスのキキ』 美術公論社 1980
  • アンリ・ペリュショ『マネの生涯』 市川慎一共訳 講談社 1983
  • アンドレ・モロワ『鏡の前のフェンシング 生者たちの対話』 円子千代共訳 弥生書房 1984
  • ルイ・シュヴァリエ『歓楽と犯罪のモンマルトル』 鹿島茂・円子千代子・大島利治・武藤剛史・戸張規子共訳 文藝春秋 1986/ちくま学芸文庫(上下) 1999
  • フィリップ・エラクレス/リオネル・シュルザノスキー編『笑死小辞典』 立風書房 1988

記念論集[編集]

  • 河盛好蔵先生米寿記念論文集 滑川明彦ほか 白水社 1991.3

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『人事興信録』、安藤武三島由紀夫「日録」』216p