小田稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小田 稔
生誕 (1923-02-24) 1923年2月24日
日本の旗 日本 北海道札幌市
死没 (2001-03-01) 2001年3月1日(78歳没)
日本の旗 日本 東京都
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 宇宙線物理学
X線天文学
研究機関 海軍技術研究所
大阪帝国大学
大阪市立大学
マサチューセッツ工科大学
東京大学
宇宙科学研究所
理化学研究所
東京情報大学
出身校 大阪帝国大学
主な業績 すだれコリメータの発明
プロジェクト:人物伝

小田 稔(おだ みのる、1923年2月24日 - 2001年3月1日)は、日本天文学者宇宙物理学者東京大学名誉教授。

人物[編集]

北海道札幌市出身[1]大阪帝国大学理学部物理学科菊池正士研究室出身だが、菊池の弟子渡瀬譲に師事したので、小田は菊池の孫弟子といえる[2]。はじめ実験物理学を専攻したが、その後電波天文学に転向し、さらに宇宙線物理学及びX線天文学を専門とするに至った。旺盛な好奇心と夢のような発想の持ち主で、研究者仲間から「星の王子さま」の愛称で呼ばれた[3]

生涯[編集]

1923年(大正12年)北海道に生まれる[1][4]1934年台北帝国大学教授に就任した父に従って台湾に移住[1]台北高等学校尋常科・高等科を経て[4]1942年大阪帝国大学理学部物理学科に進学[1]。大学時代の同級生にソニーの創業者・盛田昭夫がいた[1]1944年阪大を卒業し大学院特別研究生になるのと並行して海軍技術研究所に入る[1]。海軍技術研究所時代に朝永振一郎の知遇を得る[1]。戦後は大学に戻り1946年大阪帝国大学理学部の助手となる。1950年大阪市立大学理工学部助教授に就任[1]宇宙線によるミューオンの相互作用を研究する[1]1953年マサチューセッツ工科大学 (MIT) に留学しブルーノ・ロッシに師事し宇宙線物理学を学ぶ[1]1956年日本に帰国し東京大学原子核研究所助教授に就任する[1]。同年12月大阪大学で理学博士を取得。博士論文は「核子カスケード及びその空気シヤワーとの関係について」である。1963年渡米しマサチューセッツ工科大学客員教授に就任、再びロッシの下でX線天文学の研究に従事する[5]1966年帰国し東京大学宇宙航空研究所教授に就任[6]1981年文部省宇宙科学研究所の発足に伴い宇宙科学研究所教授[1]1984年宇宙科学研究所長に就任[1]1988年1月宇宙科学研究所長を辞任し退官。同年4月理化学研究所理事長に就任[7]1994年東京情報大学学長に就任[8]。2001年3月1日、心不全のため東京都内の病院で78歳で没した[9]

家族・親族[編集]

父は医学者小田俊郎[1]、母・澪子は台湾の医学教育に尽くした堀内次雄の娘[10]。元国際司法裁判所判事で文化勲章受章者の小田滋は弟[1]

受賞歴・栄誉[編集]

業績[編集]

X線天体観測機「すだれコリメータ」を1963年に発明し[1]、X線源の精密な位置決定を可能にした[5]。これにより1975年に学士院恩賜賞を受賞した。

著書[編集]

単著[編集]

編著[編集]

  • 『宇宙線物理学』(朝倉書店 1983年
  • 『X線でみた宇宙』(日経サイエンス社 別冊サイエンス 1984年)

監訳書[編集]

  • 『宇宙・天文大辞典』(Pybil P.Parker他編 丸善 1987年

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 二間瀬 2016, p. 53.
  2. ^ 福江純. “日本の天文学者の系図”. 2016年1月15日閲覧。
  3. ^ 二間瀬 2016, p. 52.
  4. ^ a b 小田稔 『青い星を追って』 日経サイエンス社、1990年6月ISBN 978-4532062804 
  5. ^ a b 二間瀬 2016, p. 54.
  6. ^ 二間瀬 2016, pp. 53-54.
  7. ^ 沿革”. 理化学研究所. 2016年1月16日閲覧。
  8. ^ 設置者と沿革”. 東京情報大学. 2016年1月16日閲覧。
  9. ^ a b c X線天文学のパイオニア、小田稔氏が死去” (20010302). 2016年1月16日閲覧。
  10. ^ 小田滋 『堀内・小田家三代百年の台湾 - 台湾の医事・衛生を軸として -』 日本図書刊行会2002年11月ISBN 978-4823108143 
  11. ^ a b c d e f g 二間瀬 2016, p. 55.
  12. ^ 武蔵野市名誉市民

参考文献[編集]

  • 二間瀬敏史 「天文学の20世紀 第20回 小田稔」、『星ナビ』 (KADOKAWA)52-55頁、2016年1月 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]