五神真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ごのかみ まこと
五神 真
生誕 (1957-07-26) 1957年7月26日(65歳)
日本の旗 日本 東京都狛江市
出身校東京大学理学部卒業
職業物理学者

五神 真(ごのかみ まこと、1957年7月26日[1][注 1] - )は、日本物理学者

概要[編集]

専攻は、量子エレクトロニクス物性物理学(特に光物性)・量子光学学位は、理学博士東京大学1985年4月22日)。東京大学大学院理学系研究科教授。

2015年4月1日から6年間、第30代東京大学総長を務めた[2]

経歴[編集]

東京都狛江市出身。旧姓・桑田。

社会的活動[編集]

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『変革を駆動する大学──社会との連携から協創へ 東京大学ビジョン2020』(東京大学出版会、2017年)
  • 『大学の未来地図──「知識集約型社会」を創る』(筑摩書房、2019年)
  • 『新しい経営体としての東京大学──未来社会協創への挑戦』(東京大学出版会、2021年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 平成27年4月17日開催の「五神真総長就任記者会見」配付資料の『総長経歴』に拠っては、兼務・併任に至る詳細な記録が認められなかった。
  2. ^ 2021年3月18日に開催された科学技術・学術審議会の第65回総会の配付資料(資料1 委員名簿)で、第11期委員まで継続していることを確認(2021年6月20日閲覧)。

出典[編集]

  1. ^ 『五神真総長経歴』,2015年4月17日,東京大学
  2. ^ a b 歴代総長”. 東京大学 (2021年4月1日). 2021年6月10日閲覧。
  3. ^ 『淡青』31号,2015年9月9日,東京大学広報課、11ページ
  4. ^ 五神協同励起プロジェクト”. ERATO. 2021年6月10日閲覧。
  5. ^ 歴代学部長・研究科長”. 東京大学 大学院理学系研究科・理学部 (2020年4月). 2021年6月10日閲覧。
  6. ^ 人事異動報告 (PDF) 」 『東京大学理学系研究科・理学部ニュース』第53巻第1号、東京大学大学院理学系研究科・理学部、2021年5月20日、 18-19頁、 ISSN 2187-30702021年6月10日閲覧。
  7. ^ 人事、文部科学省” (日本語). 日本経済新聞 (2022年3月26日). 2022年3月26日閲覧。
  8. ^ 21-22期連携会員一覧 (PDF) 」、日本学術会議、2011年1月24日、2021年6月13日閲覧。
  9. ^ 23期会員一覧(五十音検索)”. 日本学術会議. 2021年6月13日閲覧。
  10. ^ 24期会員一覧(五十音検索)”. 日本学術会議. 2021年6月13日閲覧。
  11. ^ 第8期中央教育審議会委員(2015年2月15日発令)”. 文部科学省. 2019年6月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年6月11日閲覧。
  12. ^ 第9期科学技術・学術審議会委員名簿(平成29年2月15日現在)”. 文部科学省. 2019年6月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年6月11日閲覧。
  13. ^ 知的財産戦略本部会合 議事録(平成27年4月14日開催)”. 首相官邸. 2021年6月12日閲覧。
  14. ^ 理事、監事及び会長補佐の異動状況(平成27年度) (PDF) 」 『事業報告書』、一般社団法人国立大学協会、2016年4月、 13-15頁、2021年6月13日閲覧。
  15. ^ 平成29年6月14日付けで理事(顧問)。理事、監事及び会長補佐の異動状況(平成29年度) (PDF) 」 『事業報告書』、一般社団法人国立大学協会、2018年4月、 14-16頁、2021年6月13日閲覧。なお、所属等の欄の「東北大学長」は、誤植である。
  16. ^ 令和元年6月11日付けで理事を退任(顧問の役職は就任継続)。理事、監事及び会長補佐の異動状況(令和元年度) (PDF) 」 『事業報告書』、一般社団法人国立大学協会、2020年4月、 16-19頁、2021年6月13日閲覧。以降、2020年4月時点の役職が顧問との記載を『国立大学協会和文概要2020』で確認。
  17. ^ 知的財産分科会会長を兼ねる。第18回産業構造審議会総会名簿 (PDF) 」、経済産業省、2016年5月16日、2021年6月12日閲覧。
  18. ^ 産業構造審議会 第8回知的財産分科会(平成28年4月11日)議事要旨”. 特許庁. 2021年6月12日閲覧。
  19. ^ 未来投資会議議員名簿(2016年9月12日現在) (PDF) 」、日本経済再生本部、2016年9月12日、2021年6月10日閲覧。

外部リンク[編集]

先代
相原博昭
東京大学理学部長
大学院理学系研究科長
(併任)
2014年 - 2015年
次代
福田裕穂