五神真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 五神 真ごのかみ まこと
生誕  日本の旗 日本 東京都狛江市
出身校  東京大学理学部
職業  東京大学教授

五神 真(ごのかみ まこと、1957年7月26日[1] - )は、日本の物理学者、理学博士、東京大学教授である。第30代東京大学総長(任期:2015年4月1日から6年間)。

概要[編集]

専攻は量子エレクトロニクス物性物理学(特に光物性)、量子光学。 東京都出身。旧姓・桑田。

  • 1973年 - 狛江市立狛江第二中学校卒業[2]
  • 1976年 - 私立武蔵高等学校卒業
  • 1980年 - 東京大学理学部物理学科卒業
  • 1983年 - 同大学院理学系研究科博士課程中退、東京大学理学部物理学教室助手
  • 1985年 - 「2光子偏光分光法によるCuCl励起子及び励起子分子系の研究」で理学博士(桑田真)
  • 1988年12月 - 東京大学工学部物理工学科講師
  • 1990年11月 - 助教授
  • 1993-94年 - 米国AT&Tベル研究所客員研究員
  • 1995年 - 東京大学大学院工学系研究科・工学部 - 東京大学工学系研究科物理工学専攻助教授(改組により)
  • 1997年 - アリゾナ大学光科学センター Adjunct Professor
  • 1998年8月 - 東京大学教授
  • 1999-2004年 - 学術情報センター(現 国立情報学研究所)客員教授
  • 2001年-2008年 - 東京大学工学系研究科附属量子相エレクトロニクス研究センター長(併任)
  • 2005-2007年 - 総長特任補佐
  • 2007年 - 科学技術振興事業団創造科学推進事業「五神協同励起プロジェクト」総括責任者
  • 2009年 - 学術情報センター(現国立情報学研究所)bu 客員教授(併任)
  • 2010年 - 東大工学系研究科附属光量子科学研究センター長・教授、理学系研究科物理学専攻教授兼務
  • 2010年 - 工学系研究科総合研究機構先端ナノ計測センター教授兼務
  • 2012年10月 - 東京大学理学系研究科物理学専攻教授
  • 2012年10月 - 2014年3月東京大学工学系研究科附属光量子科学研究センター長・教授兼務
  • 2012-14年 - 東京大学副学長
  • 2014年-15年 - 理学系研究科長・理学部長
  • 2015年 - 東京大学総長
  • 2006年-2014年 日本学術会議 連携会員(第20, 21-22期)
  • 2014年10月- 日本学術会議 会員(第23-24期)

受賞[編集]

  • 2001年 第15回 日本IBM科学賞「非線形レーザー分光を用いた励起子の量子統計性の研究」
  • 2010年 第14回 宅間宏記念松尾学術賞「レーザー分光法による固体における光量子物理学の研究」
  • 2012年 Fellow of American Physical Society, Division of Laser Science
  • 2013年 Fellow of Optical Society of America

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ [2]、11ページ

外部リンク[編集]