尾池和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
おいけ かずお
尾池 和夫
生誕 (1940-05-31) 1940年5月31日(78歳)
日本の旗 東京府
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 地球科学
研究機関 京都大学
国際高等研究所
京都造形芸術大学
出身校 京都大学理学部卒業
プロジェクト:人物伝

尾池 和夫(おいけ かずお、1940年5月31日 - )は、日本地球科学者地震学)。学位理学博士京都大学1972年)。京都造形芸術大学学長静岡県公立大学法人理事長(第4代)、高知県公立大学法人理事学校法人京都精華大学理事、公益財団法人日本イタリア会館顧問、京都大学名誉教授

京都大学防災研究所助教授、京都大学理学部教授、京都大学大学院理学研究科教授、京都大学大学院理学研究科研究科長、京都大学理学部学部長、京都大学副学長(教育・学生担当)、京都大学総長(第24代)、財団法人国際高等研究所所長(第5代)などを歴任した。

概要[編集]

東京府出身の地震学者である。京都大学にて永年にわたって教鞭を執り、防災研究所助教授理学部教授大学院理学研究科の教授を務めた。大学院理学研究科の研究科長や理学部の学部長を経て副学長を務めるなど要職を歴任し、2003年から2008年にかけて総長を務めた。京都大学を退職してからは国際高等研究所に転じ、所長を務めた。また、京都造形芸術大学学長や、静岡県立大学などを設置・運営する公立大学法人理事長を務めた。「2038年南海トラフの巨大地震が起こる」という論文を書いている。また、趣味の俳句では、俳人としても著書を出版している。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1940年東京府に生まれた。土佐高等学校に進学し、1959年3月に卒業した。京都大学に進学し、理学部の地球物理学科にて学んだ。1963年3月、京都大学を卒業した。なお、のちに「On the nature of the occurrence of intermediate and deep earthquakes」と題した博士論文を執筆し、1972年3月に京都大学から理学博士学位が授与された。

地球科学者として[編集]

大学卒業後の1963年4月、母校である京都大学に採用され、防災研究所助手として着任し地かく変動研究部門に属した。1973年5月、京都大学にて防災研究所の助教授に昇任し、微小地震研究部門に属した。1988年12月には、京都大学の理学部に転じ教授に昇任した。理学部においては主として地球物理学科の講義を担当し、応用地球物理学講座を受け持った。1992年6月からは地震学講座を受け持った。大学院重点化により、1995年4月からは大学院理学研究科の教授が本務となった。理学研究科においては主として地球惑星科学専攻の講義を担当し、固体地球物理学講座を受け持った。京都大学においては要職を歴任しており、1997年4月から1999年3月にかけては、京都大学の大学院理学研究科の研究科長と理学部の学部長を兼務した。2001年4月には京都大学の副学長(教育・学生担当)に就任し、2003年12月まで務めた。なお、2001年4月から2003年3月にかけては、京都大学の体育指導センターの所長も兼務していた。2003年12月、京都大学の第24代総長に就任した。なお、京都大学での勤務の傍ら、文部科学省が所管する財団法人である国際高等研究所において、2003年12月より理事を兼任していた。また、外務省と文部科学省が所管する財団法人である日本イタリア京都会館においては、2004年6月より理事を兼任していた。2008年9月に京都大学の総長を退任したが、これまでの功績が讃えられ、同年10月に京都大学より名誉教授称号が授与されている。

京都大学退職後は、かねてより理事を兼任していた国際高等研究所での活動が本務となり、金森順次郎の後任として2009年4月より第5代所長を務めた。国際高等研究所での勤務の傍ら、京都精華大学などを設置・運営する「学校法人京都精華大学」において、2008年12月より理事を兼任していた。2013年3月に国際高等研究所を退職し、千住博の後任として同年4月より京都造形芸術大学学長に就任した。京都造形芸術大学での勤務の傍ら、高知県立大学などを設置・運営する「高知県公立大学法人」において、2015年4月より理事を兼任していた。また、静岡県立大学などを設置・運営する「静岡県公立大学法人」においては、本庶佑の後任として2018年4月理事長に就任した。

人物[編集]

京都大学にて総長を務めていた際に、京都大学生活協同組合の店長とともに学生の意見を入れて15種類のカレーフェアを実施した。そのとき好評を博したステーキカレーを2005年11月に学内のレストラン「カンフォーラ」で限定販売したところ、人気の定番メニューとなった。「それをレトルトにしたい」との申し入れがあり、尾池が承諾したことから、2007年9月より京都放送と京都大学生活協同組合が共同で「総長カレー」と命名したレトルトカレーを販売している[1][2]。総長退任後も販売は継続されており、2013年5月現在で1億5000万円以上の売り上げがあるが、尾池がもらったのは「総長カレー」5箱のみである。

同級生に利根川進などがいる。

略歴[編集]

  • 1959年3月 - 土佐高等学校卒業
  • 1963年3月 - 京都大学理学部地球物理学科卒業 
  • 1972年3月 - 京都大学 理学博士 「On the nature of the occurrence of intermediate and deep earthquakes(稍深発および深発地震発生の性質について)」
  • 1963年4月 - 京都大学防災研究所助手(地かく変動研究部門)
  • 1973年5月 - 京都大学防災研究所助教授(微小地震研究部門)
  • 1985年4月 - 地震学会(現・日本地震学会)委員長(1986年3月まで)
  • 1988年12月 - 京都大学理学部地球物理学科教授(応用地球物理学講座)
  • 1991年10月 - 日本学術会議地震学研究連絡委員会委員長(1997年10月まで)
  • 1992年6月 - 京都大学理学部地球物理学科教授(地震学講座)
  • 1995年4月 - 京都大学大学院理学研究科教授(地球惑星科学専攻固体地球物理学講座)
  • 1997年4月 - 京都大学大学院理学研究科長・理学部長(1999年3月まで)
  • 2001年4月 - 京都大学副学長(教育・学生担当 2003年12月まで)
  • 2001年4月 - 京都大学体育指導センター所長(2003年3月まで)
  • 2003年12月 - 京都大学総長(2008年9月まで)
  • 2003年12月 - 財団法人国際高等研究所理事
  • 2004年3月 - 中央教育審議会臨時委員(大学分科会 2009年1月まで)
  • 2004年4月 - 国立大学協会理事(2008年9月まで)
  • 2004年6月 - 財団法人日本イタリア京都会館理事
  • 2008年5月 - 日本ジオパーク委員会委員長
  • 2008年10月 - 京都大学名誉教授
  • 2008年12月 - 学校法人京都精華大学理事(現職)
  • 2009年4月 - 財団法人国際高等研究所所長
  • 2013年3月 - 財団法人国際高等研究所退職
  • 2013年4月 - 学校法人瓜生山学園京都造形芸術大学学長
  • 2015年4月 - 高知県公立大学法人理事(現職)
  • 2018年4月 - 静岡県公立大学法人理事長(現職)

著書[編集]

  • 『中国の地震予知』日本放送出版協会 NHKブックス 1978
  • 『中国の地震・日本の地震』東方書店 1979
  • 『中国と地震』東方書店 1979
  • 『インドネシアの旅 - ジャワとバリの火山を訪ねて』産業図書、1987年。ISBN 978-4946439247
  • 『地震発生のしくみと予知』古今書院、1989年。 ISBN 978-4772211697
  • 『日本地震列島』朝日文庫、1992年
  • 『活動期に入った地震列島』岩波書店〈岩波科学ライブラリー〉、1995
  • 『俳景 - 洛中洛外・地球科学と俳句の風景』宝塚出版、1999年。ISBN 978-4795282933
  • 『急性心筋梗塞からの生還』宝塚出版、2000年
  • 図解雑学 地震』ナツメ社、2001年。ISBN 978-4816330292
  • 『続 俳景 - 洛中洛外・地球科学と俳句の風景』宝塚出版、2002年
  • 『大地 尾池和夫句集』角川書店 2004
  • 『俳景 洛中洛外・地球科学と俳句の風景 3』宝塚出版 2007
  • 『変動帯の文化―国立大学法人化の前後に (京都大学総長メッセージ2003-2008)』京都大学学術出版会、2009年
  • 『日本列島の巨大地震』岩波書店〈岩波科学ライブラリー〉、2011年。ISBN 978-4000295857
  • 『四季の地球科学 日本列島の時空を歩く』岩波新書、2012年。ISBN 978-4004313793
  • 『俳景 洛中洛外・地球科学と俳句の風景 4』マニュアルハウス 2013
  • 『2038年南海トラフの巨大地震』マニュアルハウス 2015

共著[編集]

  • 『日本のジオパーク 見る・食べる・学ぶ』加藤碵一,渡辺真人共著 ナカニシヤ出版 2011
  • 『天地人 三才の世界 宇宙・地球と人間の関わりの新しいリテラシーの創造』竹本修三共編著 マニュアルハウス 2014

主要論文[編集]

共著[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

学職
先代:
本庶佑
静岡県理事長
第4代:2018年 -
次代:
(現職)
先代:
千住博
京都造形芸術大学学長
2013年 -
次代:
(現職)
先代:
長尾真
京都大学総長
第24代:2003年 - 2008年
次代:
松本紘
文化
先代:
金森順次郎
国際高等研究所所長
第5代:2009年 - 2013年
次代:
志村令郎