岡本道雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡本 道雄(おかもと みちお、1913年(大正2年)11月25日 - 2012年(平成24年)7月24日)は日本医学者京都大学名誉教授・総長。専門は脳神経解剖学[1]

略歴[編集]

1913年11月25日京都府舞鶴市生まれ。旧制三高を経て、1941年京都帝国大学医学部卒業。京都帝国大学院特別研究生修了(脳神経解剖学)。1946年 京都大学 医学博士 博士論文の題は「腫瘍の発育より観たる淋巴の解剖学」[2]三重県立医科大学教授、神戸医科大学教授を経て、1959年京都大学教授となり、1973年総長。のち京都造形芸術大学学長国際高等研究所所長、臨時教育審議会会長、医道審議会会長、科学技術会議議員、京都文化博物館館長など要職を歴任した。京都大学名誉教授のほか、京都造形芸術大学名誉学長、国際高等研究所特別顧問、神戸市立中央市民病院名誉院長、日独文化研究所理事長・所長、などを務めた。2004年11月、特定非営利活動法人日本政策フロンティア最高顧問に就任。勲一等旭日大綬章受章[3]ドイツ連邦共和国功労勲章大功労十字星章受章[4]。2012年7月24日、慢性心不全のため死去。98歳没[5]従三位[6]

著作[編集]

  • 図説 人体解剖学〈第1巻〉(1974年) 岡本 道雄 (1974)
  • 図説 人体解剖学〈第2巻〉(1974年)岡本 道雄 (1974) (2000/3) (2002/11)
  • 図説 人体解剖学〈第3巻〉(1974年)岡本 道雄 (1974)
  • 解剖学―分担 (2) 平沢興、岡本道雄 (1950/5)
  • 解剖学 第2巻【肺管学・神経系】平沢興、岡本道雄 (1976/1/30)
  • Sobotta/Hammersen 実習人体組織学図譜 Frithjof Hammersen、岡本道雄、石村和敬、藤田尚男 (1986/1)
  • Sobotta図説人体解剖学〈第1巻〉頭部・頸部・上肢 Reinhard V. Putz、Reinhard Pabst、 岡本道雄 (2006/6)
  • Sobotta図説人体解剖学 2 胸部,腹部,骨盤部,下肢,皮膚 H.Ferner、J.Staubesand、岡本道雄 (1985/5)
  • 実習人体組織学図譜(1977年)Frithjof Hammersen、岡本道雄、藤田尚男 (1977/8)(1980/6) (1995/6)
  • 立派な日本人をどう育てるか 岡本道雄 (2001/9)
  • 全人的医学へ(シリーズ転換期の医学 1)岡本道雄、井村裕夫 (2004/9/27)
  • こころを医学する(シリーズ転換期の医学 2)岡本道雄、井村裕夫 (2004/10/28)
  • 幸福と医学(シリーズ転換期の医学 3)岡本道雄、井村裕夫 (2004/11/26)
  • 神経学の基礎と臨床 (1961年) アルフ・ブローダル、岡本道雄 (1961)
  • コモン・グッドへの教育―カリキュラムの道徳哲学 フィリップ・H. フェニックス、Philip H. Phenix、岡本道雄、市村尚久(1995/4)
  • 脳の解剖学 (1971年) 岡本道雄、草間敏夫 (1971)
  • 介護ビジネス“勝ち組”の秘訣―どこがちがう、何がコツ? (ケアマネジメントブックス) 岡本茂雄、須貝道雄、藤森敏雄 (2001/7)
  • 人生はわからない―90歳にして語る医療と生き方 岡本道雄 (2004/10)

親族[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 岡本道雄(オカモトミチオ)とは - コトバンク
  2. ^ 博士論文書誌データベース
  3. ^ 「秋の叙勲に4575人 女性が史上最高の379人」『読売新聞』1987年11月3日朝刊
  4. ^ 岡本道雄氏プロフィール”. 日本政策フロンティア. 2010年2月5日閲覧。
  5. ^ “訃報:岡本道雄さん98歳=元京大学長、臨教審会長”. 毎日新聞. (2012年7月26日). http://mainichi.jp/select/news/20120727k0000m040044000c.html 2012年7月26日閲覧。 
  6. ^ 官報本紙、平成24年8月27日
  7. ^ 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年、125頁。