猪口孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

猪口 孝(いのぐち たかし、1944年1月17日 - )は、日本政治学者、前新潟県立大学学長、東京大学名誉教授。専門は、政治学国際関係論政治学博士マサチューセッツ工科大学)(1974年)。

人物[ソースを編集]

新潟県新潟市生まれ。英語中国語韓国語ロシア語など多言語に堪能。2000年から2002年まで日本国際政治学会理事長を務める。

1982年、『国際政治経済の構図』でサントリー学芸賞受賞。1987年大嶽秀夫村松岐夫ともに雑誌『レヴァイアサン』を共同で創刊し、実証主義的政治学の発展に貢献した。

イラク戦争については「孤立主義が深刻になれば、日本は平和路線の転換を余儀なくされる」という認識のもと、日本政府は米国支持を堅持すべきとの主張を展開した[1]自衛隊のイラク派遣もまた支持した。

妻は参議院議員(元上智大学教授、参議院議員)の猪口邦子(馴れ初めについては邦子の著書『くにこism』で確認できる)。娘が2人(双子)いる。

略歴[ソースを編集]

学歴[ソースを編集]

研究歴[ソースを編集]

学外における役職

著作[ソースを編集]

単著[ソースを編集]

  • 『外交態様の比較研究――中国・英国・日本』(巌南堂書店, 1978年)
  • 『国際政治経済の構図――戦争と通商にみる覇権盛衰の軌跡』(有斐閣, 1982年)
  • 『現代日本政治経済の構図――政府と市場』(東洋経済新報社, 1983年)
  • 『社会科学入門――知的武装のすすめ』(中央公論社[中公新書], 1985年)
  • 『国際関係の政治経済学――日本の役割と選択』(東京大学出版会, 1985年)
  • 『ただ乗りと一国繁栄主義をこえて――転換期の世界と日本』(東洋経済新報社, 1987年)
  • 『国家と社会』(東京大学出版会, 1988年)
  • 『交渉・同盟・戦争――東アジアの国際政治』(東京大学出版会, 1990年)
  • Japan's International Relations, (Pinter, 1991).
  • 『現代国際政治と日本――パールハーバー50年の日本外交』(筑摩書房, 1991年)
  • 『現代日本外交――世紀末変動のなかで』(筑摩書房, 1993年)
  • 『日本――経済大国の政治運営』(東京大学出版会, 1993年)
  • 『アジア太平洋の戦後政治』(朝日新聞社[朝日選書], 1993年)
  • Japan's Foreign Policy in an Era of Global Change, (Pinter, 1993).
  • 『世界変動の見方』(筑摩書房[ちくま新書], 1994年)
  • 『政治学者のメチエ』(筑摩書房, 1996年)
  • 『アメリカ大統領の正義』(NTT出版, 2000年)
  • Global Change: A Japanese Perspective, (Palgrave, 2001).
  • 『地球政治の構想』(NTT出版, 2002年)
  • 『アジア・太平洋世界』(筑摩書房, 2002年)
  • 『現代日本政治の基層』(NTT出版, 2002年)
  • 『日本政治の特異と普遍』(NTT出版, 2003年)
  • 『「国民」意識とグローバリズム――政治文化の国際分析』(NTT出版, 2004年)
  • 『国際政治の見方――9・11後の日本外交』(筑摩書房[ちくま新書], 2005年)
  • Japanese Politics: An Introduction, (Trans Pacific Press, 2005).
  • 『トンボとエダマメ論――何が夢をかなえるのか』(西村書店, 2007年)
  • 『シリーズ国際関係論(5)国際関係論の系譜』(東京大学出版会, 2007年) 
  • 『英語は道具力』(西村書店, 2008年)
  • 『実証政治学構築への道 シリーズ「自伝」my life my world 』(ミネルヴァ書房, 2012年)

共著[ソースを編集]

  • 綿貫譲治三宅一郎蒲島郁夫)『日本人の選挙行動』(東京大学出版会, 1986年)
  • 岩井奉信)『「族議員」の研究――自民党政権を牛耳る主役たち』(日本経済新聞社, 1987年)
  • 猪口邦子)『世界を読む――Book review 1990』(筑摩書房, 1990年)
  • 黒川清板垣雄三田辺功)『日本(人)の洗濯(を)考えるエッセンス』(西村書店, 2005年)
  • Political Cultures in Asia and Europe: Citizens, States and Societal Values, with Jean Blondel, (Routledge, 2006).
『アジアとヨーロッパの政治文化』(岩波書店, 2008年)
  • Citizens and the State: Attitudes in Western Europe and East and Southeast Asia, with Jean Blondel, (Routledge, 2008).

編著[ソースを編集]

  • Japan's Asian Policy: Revival and Response, (Palgrave, 2002).
  • 『日本のアジア政策――アジアから見た不信と期待』(NTT出版, 2003年)
  • 『国際関係リーディングズ』(東洋書林, 2004年)
  • 『アジア学術共同体――構想と構築』(NTT出版, 2005年)
  • Human Beliefs and Values in Incredible Asia: South and Central Asia in Focus Country Profiles and Thematic Analyses Based on the AsiaBarometer Survey of 2005, (明石書店, 2008).

共編著[ソースを編集]

  • The Changing International Context, co-edited with Daniel I. Okimoto, (Stanford University Press, 1988).
  • Japanese Politics Today: Beyond Karaoke Democracy?, co-edited with Purnendra Jain, (Macmillan Education Australia, 1997).
  • North-East Asian Regional Security: the Role of International Institutions, co-edited with Grant B. Stillman, (United Nations University Press, 1997).
  • P・グレビッチ、G・プリントン)『冷戦後の日米関係――国際制度の政治経済学』(NTT出版, 1997年)
  • The Changing Nature of Democracy, co-edited with Edward Newman and John Keane, (United Nations University Press, 1998).
『現代民主主義の変容――政治学のフロンティア』(有斐閣, 1999年)
  • Cities and the Environment: New Approaches for Eco-societies, co-edited with Edward Newman and Glen Paoletto, (United Nations University Press, 1999).
  • International Security Management and the United Nations, co-edited with Muthiah Alagappa, (United Nations University Press, 1999).
  • Democracy, Governance, and Economic Performance: East and Southeast Asia, co-edited with Ian Marsh and Jean Blondel, (United Nations University Press, 1999).
  • Japanese Foreign Policy Today: A Reader, co-edited with Purnendra Jain, (Palgrave, 2000).
  • American Democracy Promotion: Impulses, Strategies, and Impacts, co-edited with Michael Cox and G. John Ikenberry, (Oxford University Press, 2000).
『アメリカによる民主主義の推進――なぜその理念にこだわるのか』(ミネルヴァ書房, 2006年)
  • 大澤真幸岡沢憲芙山本吉宣スティーブン・R・リード)『政治学事典』(弘文堂, 2000年)
  • Reinventing the Alliance: U. S.-Japan Security Partnership in an Era of Change, co-edited with G. John Ikenberry, (Palgrave Macmillan, 2003).
  • Global Governance: Germany and Japan in the International System, co-edited with Saori N. Katada and Hanns W. Maull, (Ashgate, 2004).
  • ミゲル・バサネズ田中明彦ティムール・ダダバエフ)『アジア・バロメーター 都市部の価値観と生活スタイル――アジア世論調査(2003)の分析と資料』(明石書店, 2005年)
  • (田中明彦・恒川惠市薬師寺泰蔵山内昌之)『国際政治事典』(弘文堂, 2005年)
  • The Uses of Institutions: The U.S., Japan, And Governance in East Asia, co-edited with G. John Ikenberry, (Palgrave, 2007).
  • Governance and Democracy in Asia, co-edited with Matthew Carlson, (Trans Pacific Press, 2007).
  • (田中明彦・園田茂人・ティムール・ダダバエフ)『アジア・バロメーター 躍動するアジアの価値観――アジア世論調査(2004)の分析と資料』(明石書店, 2007年)
  • Globalisation, Public Opinion and the State: Western Europe and East and Southeast Asia, co-edited with Ian Marsh, (Routledge, 2008).
  • (マシュー・カールソン)『アジアの政治と民主主義――ギャラップ調査を分析する』(西村書店, 2008年)

訳書[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 毎日新聞2003年3月17日
  2. ^ 日本経済新聞2014年3月12日
  3. ^ 評議員、役員等”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]