恒川惠市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

恒川 惠市(つねかわ けいいち、1948年2月13日[1]- )は、日本政治学者東京大学名誉教授。専門は、比較政治学ラテンアメリカ政治。

千葉県出身。千葉県立佐原高等学校卒、1971年東京大学教養学部国際関係論専攻卒、80年同大学院博士課程満期退学、1979年コーネル大学政治学部大学院博士課程満期退学(1989年博士号取得)。1980年東京大学教養学部助手、81年助教授、91年教授、2008年政策研究大学院大学教授、2008年10月国際協力機構(JICA)の組織改編に伴って新設された、JICA研究所の初代所長に就任した。2011年4月-2014年3月政策研究大学院大学副学長、JICA研究所シニアリサーチアドバイザー。2014年4月より政策研究大学院大学特別教授

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『従属の政治経済学 メキシコ』(東京大学出版会, 1988年)
  • 『企業と国家』(東京大学出版会, 1996年)

共著[編集]

編著[編集]

共編著[編集]

[編集]

  1. ^ 『駒場2001』

外部リンク[編集]