三宅一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みやけ いちろう
三宅 一郎
日本学士院により公表された肖像写真
日本学士院により
公表された肖像写真
生誕 (1931-07-30) 1931年7月30日(90歳)
日本の旗 兵庫県
居住 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 日本の旗 日本
研究分野 政治学
研究機関 京都大学
同志社大学
神戸大学
大阪国際大学
関西大学
出身校 京都大学法学部卒業
指導教員 猪木正道
主な業績 政党支持に関する
党派的類型と認知的類型を抽出し
政党支持態度類型を提唱
質問紙による面接調査の結果を
コンピュータ処理する方式を
日本の政治学界に導入
『政党支持の分析』を上梓
『投票行動』を上梓
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

三宅 一郎(みやけ いちろう、1931年7月30日 - )は、日本政治学者(政治行動論)。勲等勲二等学位法学博士京都大学・1986年)。神戸大学名誉教授日本学士院会員

京都大学人文科学研究所講師同志社大学法学部教授、神戸大学法学部教授、大阪国際大学政経学部教授、関西大学総合情報学部教授などを歴任した。

来歴[編集]

兵庫県生まれの政治学者である。政治過程論を専攻し、とりわけ投票行動についての研究に従事した[1]。日本における投票行動分析の第一人者として知られる。元々は猪木正道の下で日本政治史を研究していたが、アメリカのミシガン大学留学後は投票行動研究に転じた。京都大学より法学博士学位を授与された。神戸大学より名誉教授称号を授与され、日本学士院会員にも選任されている。2002年(平成14年)に勲二等瑞宝章を受章した。

略歴[編集]

経歴は以下の通り[2]

栄典[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『政党支持の分析』(創文社、1985年)
  • 『投票行動』(東京大学出版会、1989年)
  • 『政治参加と投票行動――大都市住民の政治生活』(ミネルヴァ書房、1990年)
  • 『日本の政治と選挙』(東京大学出版会、1995年)
  • 『変動する日本人の選挙行動(5)政党支持の構造』(木鐸社、1998年)
  • 『選挙制度変革と投票行動』(木鐸社、2001年)

共著[編集]

  • (木下富雄・間場寿一)『異なるレベルの選挙における投票行動の研究』(創文社、1967年)
  • 綿貫譲治島澄蒲島郁夫)『平等をめぐるエリートと対抗エリート』(創文社、1985年)
  • (綿貫譲治・猪口孝・蒲島郁夫)『日本人の選挙行動』(東京大学出版会、1986年)
  • (綿貫譲治)『変動する日本人の選挙行動(2)環境変動と態度変容』(木鐸社、1997年)
  • 西澤由隆河野勝)『55年体制下の政治と経済――時事世論調査データの分析』(木鐸社、2001年)

編著[編集]

  • 『社会科学のための統計パッケージ』(東洋経済新報社、1973年)
  • 『合理的選択の政治学』(ミネルヴァ書房、1981年)

共編著[編集]

  • 村松岐夫)『京都市政治の動態――大都市政治の総合的分析』(有斐閣、1981年)
  • 山川雄巳)『アメリカのデモクラシー――その栄光と苦悩』(有斐閣、1982年)

訳書[編集]

  • R・イングルハート『静かなる革命――政治意識と行動様式の変化』(東洋経済新報社、1978年)
  • S・ヴァーバ, N・H・ナイ, J・キム『政治参加と平等――比較政治学的分析』(東京大学出版会、1981年)

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 三宅一郎 コトバンク
  2. ^ 三宅一郎 関西大学ソシオネットワーク戦略研究センター
  3. ^ 「2002年秋の叙勲 勲三等以上と在外邦人、外国人叙勲の受章者一覧」『読売新聞』2002年11月3日朝刊

外部リンク[編集]