三宅一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三宅 一郎
(みやけ いちろう)
人物情報
全名 三宅 一郎
(みやけ いちろう)
生誕 (1931-07-30) 1931年7月30日(86歳)
日本の旗 日本兵庫県
学問
時代 20世紀 - 21世紀
活動地域 日本の旗 日本
研究分野 政治学
政治行動論
研究機関 神戸大学
同志社大学
関西大学
大阪国際大学
京都大学
主要な作品 『政党支持の分析』(創文社、1985年)
『投票行動』(東京大学出版会、1989年)
その他多数
影響を
受けた人物
猪木正道京都大学在学中に師事)
学会 日本政治学会
日本選挙学会
主な受賞歴 勲二等瑞宝章(2002年)
テンプレートを表示

三宅 一郎(みやけ いちろう、1931年(昭和6年)7月30日 - )は、日本の政治学者兵庫県生まれ。神戸大学名誉教授。日本学士院会員。法学博士京都大学)。勲二等瑞宝章受章。専門は、政治過程論。とりわけ投票行動[1]

人物[編集]

日本における投票行動分析の第一人者。元々は猪木正道の下で日本政治史を研究していたが、アメリカのミシガン大学留学後は投票行動研究に転じた。

略歴[編集]

経歴は以下の通り[2]

  • 1954年03月 - 京都大学法学部卒業
  • 1957年04月 - 京都大学人文科学研究所助手
  • 1972年04月 - 京都大学人文科学研究所講師
  • 1974年04月 - 同志社大学法学部教授(至1984年3月)
  • 1985年04月 - 統計数理研究所運営協議員(至1989年5月)
  • 1986年04月 - 神戸大学法学部教授(政治過程論講座、政治文化論担当)
  • 1986年05月 - 法学博士(京都大学、学位論文「政党支持の分析」)
  • 1995年03月 - 神戸大学定年退職 神戸大学名誉教授
  • 1995年04月 - 大阪国際大学政経学部教授
  • 1996年04月 - 関西大学総合情報学部教授
  • 1999年12月 - 日本学士院会員
  • 2001年03月 - 関西大学退職

著書[編集]

単著[編集]

  • 『政党支持の分析』(創文社、1985年)
  • 『投票行動』(東京大学出版会、1989年)
  • 『政治参加と投票行動――大都市住民の政治生活』(ミネルヴァ書房、1990年)
  • 『日本の政治と選挙』(東京大学出版会、1995年)
  • 『変動する日本人の選挙行動(5)政党支持の構造』(木鐸社、1998年)
  • 『選挙制度変革と投票行動』(木鐸社、2001年)

共著[編集]

  • (木下富雄・間場寿一)『異なるレベルの選挙における投票行動の研究』(創文社、1967年)
  • 綿貫譲治島澄蒲島郁夫)『平等をめぐるエリートと対抗エリート』(創文社、1985年)
  • (綿貫譲治・猪口孝・蒲島郁夫)『日本人の選挙行動』(東京大学出版会、1986年)
  • (綿貫譲治)『変動する日本人の選挙行動(2)環境変動と態度変容』(木鐸社、1997年)
  • 西澤由隆河野勝)『55年体制下の政治と経済――時事世論調査データの分析』(木鐸社、2001年)

編著[編集]

  • 『社会科学のための統計パッケージ』(東洋経済新報社、1973年)
  • 『合理的選択の政治学』(ミネルヴァ書房、1981年)

共編著[編集]

  • 村松岐夫)『京都市政治の動態――大都市政治の総合的分析』(有斐閣、1981年)
  • 山川雄巳)『アメリカのデモクラシー――その栄光と苦悩』(有斐閣、1982年)

訳書[編集]

  • R・イングルハート『静かなる革命――政治意識と行動様式の変化』(東洋経済新報社、1978年)
  • S・ヴァーバ, N・H・ナイ, J・キム『政治参加と平等――比較政治学的分析』(東京大学出版会、1981年)

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 三宅一郎 コトバンク
  2. ^ 三宅一郎 関西大学ソシオネットワーク戦略研究センター

外部リンク[編集]