ピーター・ゴルヴィッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピーター・ゴルヴィッチPeter Alexis Gourevitch)は、アメリカ合衆国政治学者。専門は、国際政治経済学、比較政治学。グレビッチとも表記される。

オベリン大学卒業後、ハーバード大学で博士号取得。ハーバード大学政治学部助教授・准教授、マギル大学政治学部准教授を経て、1981年からカリフォルニア大学サンディエゴ校教授。

国際関係が国内政治の動向に影響を与える点を指摘した「逆第二イメージ(second image reversed)」を提唱したことで知られる[1]

著書[編集]

単著[編集]

  • Paris and the Provinces: the Politics of Local Government Reform in France, (University of California Press, 1980).
  • Politics in Hard Times: Comparative Responses to International Economic Crises, (Cornell University Press, 1986).

共著[編集]

  • Unions and Economic Crisis: Britain, West Germany, and Sweden, with , (Allen & Unwin, 1984).
  • Political Power and Corporate Control: the New Global Politics of Corporate Governance, with James J. Shinn, (Princeton University Press, 2005).
林良造監訳『コーポレートガバナンスの政治経済学』(中央経済社, 2008年)

共編著[編集]

  • United States-Japan Relations and International Institutions after the Cold War, co-edited with Takashi Inoguchi and Courtney Purrington, (Graduate School of International Relations and Pacific Studies, University of California, San Diego, 1995).
『冷戦後の日米関係――国際制度の政治経済学』(NTT出版, 1997年)

脚注[編集]

  1. ^ "The Second Image Reversed: the International Source of Domestic Politics", International Organization, vol. 32, no. 4, 1978.