坂本哲志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
坂本 哲志
さかもと てつし
生年月日 1950年11月6日(65歳)
出生地 日本の旗熊本県菊池郡陣内村
出身校 中央大学法学部政治学
前職 熊本日日新聞社記者
熊本県議会議員
所属政党 自由民主党→)
グループ改革→)
無所属→)
自由民主党(石原派
称号 法学士
公式サイト 坂本てつし

選挙区 熊本3区
当選回数 5回
在任期間 2003年11月11日 - 2005年8月8日
2007年7月30日 - 現職

当選回数 4回
在任期間 1991年 - 2003年
テンプレートを表示

坂本 哲志(さかもと てつし、1950年11月6日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(5期)。

総務副大臣内閣府副大臣第2次安倍内閣)、総務大臣政務官福田康夫改造内閣麻生内閣)、衆議院農林水産委員長熊本県議会議員(4期)を務めた。

来歴[編集]

熊本県菊池郡陣内村生まれ。祖父、父は特定郵便局長を務めた。熊本商科大学付属高等学校(現熊本学園大学付属高等学校)、中央大学法学部政治学科卒業。大学卒業後、熊本日日新聞社に入社した[要出典]

1991年熊本県議会議員選挙に自由民主党公認で出馬し、初当選。県議は4期務めた[要出典]

2003年11月の第43回衆議院議員総選挙熊本3区から無所属で出馬し、自民党前職の松岡利勝氏を破り初当選した(松岡氏は比例復活)。当選後、保守系無所属の新人議員5人で院内会派グループ改革」を結成するが翌年グループ改革は解散[要出典]。その後、無所属のまま山崎派に入会する[要出典]

2005年の第44回衆議院議員総選挙無所属で出馬し[要出典]、対立候補の松岡氏に7,892票差で敗れ、落選した。

松岡氏は第1次安倍内閣農林水産大臣に任命されるが事務所費架空計上問題で追及を受け、2007年5月28日に自殺を遂げた。同年7月、第21回参議院議員通常選挙に合わせた衆議院議員熊本3区補欠選挙に無所属で出馬、松岡氏後援会や業界団体の支援を受ける荒木義行前熊本県議を13,295票差で破り、国政に復帰した。当選後の8月7日、無所属のまま院内会派「自由民主党・無所属会」に入会。なお坂本氏は当選後、自民党熊本県連に入党届を出したもののただちに入党は許可されず、同年12月に県連が入党を承認[要出典]。これを受け、党本部も正式に坂本氏の入党を許可し、会派名が「自由民主党・無所属会」から「自由民主党」に改められた[要出典]

2008年8月、福田康夫改造内閣総務大臣政務官に任命され、麻生内閣でも再任した。2009年第45回衆議院議員総選挙では初めて自民党公認で熊本3区から出馬し、民主党公認の後藤英友候補を6,641票差[要出典]で破り、3選。

2012年9月の自由民主党総裁選挙では石原伸晃氏の選挙対策本部長補佐を務めた[1]。同年12月16日の第46回衆議院議員総選挙では、熊本3区で日本維新の会新人の本田浩一氏らを破り、4選[2]。選挙後に発足した第2次安倍内閣総務副大臣及び内閣府副大臣に任命され、2013年10月まで務めた。総務・内閣府副大臣退任後、衆議院農林水産委員長に就任、2014年12月14日の第47回衆議院議員総選挙では、熊本3区で5選。

政策[編集]

問題とされた発言[編集]

  • 2007年7月29日の熊本3区補欠選挙に当選した際、坂本が2007年7月30日付で「当選再起を果たすことが出来ました。本当に有(あ)り難(がと)うございました」[5]とウェブサイトに掲載した。公職選挙法178条違反の疑いの指摘を受け、同年8月14日に削除し、謝罪した[6]
  • 2009年1月5日、いわゆる「年越し派遣村」について「本当にまじめに働こうとしている人たちが集まっているのかという気もした」「学生紛争の時の戦術、戦略が垣間見えるような気がした」と発言[7]し、民主党日本共産党などから「罷免されて然るべき」と批判を受けた[8][9]。翌日に発言を撤回し、謝罪することとなった[10]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 自民党総裁選挙、結果はいかに
  2. ^ 坂本哲志:熊本3区
  3. ^ 「<憲法特集>九州・沖縄の国会議員アンケート(3)主なテーマ」、西日本新聞、2016年4月30日。
  4. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  5. ^ 衆院熊本3区の坂本氏、HPで当選お礼 指摘受け削除 - 政治』朝日新聞、2007年8月15日。
  6. ^ 坂本哲志「お礼の日記」『坂本てつしホームページ』2007年8月15日。
  7. ^ 「本当に働こうという人か」=派遣村で発言
  8. ^ しんぶん赤旗、2009年1月7日
  9. ^ 時事通信、2009年1月6日
  10. ^ 神奈川新聞、2009年1月9日
  11. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]

議会
先代:
森山裕
日本の旗 衆議院農林水産委員長
2013年 - 2014年
次代:
江藤拓
公職
先代:
藤末健三
大島敦
日本の旗 総務副大臣
柴山昌彦と共同

2012年 - 2013年
次代:
上川陽子
関口昌一
先代:
白眞勲
藤本祐司
前川清成
今野東
園田康博
大島敦
松宮勲
日本の旗 内閣府副大臣
浜田昌良西村康稔伊達忠一
寺田稔赤羽一嘉井上信治と共同

2012年 - 2013年
次代:
後藤田正純
西村康稔
岡田広
関口昌一
赤羽一嘉
井上信治
先代:
岡本芳郎
秋葉賢也
二之湯智
日本の旗 総務大臣政務官
鈴木淳司中村博彦と共同

2008年 - 2009年
次代:
小川淳也
階猛
長谷川憲正