小林武治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小林武治
こばやし たけじ
生年月日 1899年8月28日
出生地 長野県
没年月日 (1988-10-12) 1988年10月12日(89歳没)
出身校 東京帝国大学(現・東京大学
前職 逓信省官僚
官選第35代静岡県知事
富士見丘女子短期大学学長
所属政党 (無所属→)
自由民主党
称号 従三位
勲一等瑞宝章
法学士

日本の旗 第26代 法務大臣
内閣 第3次佐藤内閣
在任期間 1970年1月14日 - 1971年2月9日

日本の旗 Postal Mark (Japan).svg 第26-27代 郵政大臣
内閣 第1次佐藤第3次改造内閣
第2次佐藤内閣
第2次佐藤第1次改造内閣
在任期間 1966年12月3日 - 1968年11月30日

日本の旗 第39-40代 厚生大臣
内閣 第2次池田第3次改造内閣
第3次池田内閣
在任期間 1963年7月18日 - 1964年7月18日

Flag of Shizuoka Prefecture.svg 公選初代 静岡県知事
当選回数 1回
在任期間 1947年4月23日 - 1951年4月22日

選挙区 静岡県選挙区
当選回数 3回
在任期間 1953年5月3日 - 1971年7月3日
テンプレートを表示

小林 武治(こばやし たけじ、1899年(明治32年)8月28日 - 1988年(昭和63年)10月12日)は、昭和期の政治家静岡県知事厚生大臣郵政大臣法務大臣参議院議員3期。

来歴・人物[編集]

生い立ち[編集]

長野県北佐久郡南大井村平原(現小諸市)に、農家の二男として生まれる。旧制野沢中学校旧制第五高等学校を経て、東京帝国大学法学部英法科に入学。五高時代は池田勇人佐藤栄作と同級生であった。また東大時代は濱口雄幸の息子・濱口巌根(元・日本長期信用銀行頭取)と机を並べた。

逓信官僚として[編集]

1923年高等文官試験行政科に合格する。逓信次官を務めたことのある濱口雄幸の勧めもあり、翌1924年に東大卒業後逓信省に入省する。以後秘書課長、総務局長、熊本逓信局長、逓信院次長と順調に昇進を重ねた。戦後の1946年、当時の内務大臣三土忠造の要請により、官選静岡県知事となる。内務省出身者以外の官選知事登用は、異例のことであった。

静岡県知事[編集]

1947年、初の知事選に当選後、三方原用水計画・南富士地帯開発計画・大井川用水促進計画の「開拓三大計画」に着手した。この他1948年には「県産業復興5ヶ年計画」を策定し、また天竜川の複合用水利用計画を立案するなど、静岡県の経済発展の基礎固めを精力的に進めていった。1951年に再選を狙うも、県政界の派閥抗争に敗れ出馬を断念。1953年静岡県選挙区より参議院議員に当選する。以後当選3回。

中央政界進出[編集]

中央政界入り後は池田・佐藤両首相と懇意であったことに加え、参議院自民党のドン・重宗雄三とのリレーションも良好だったため、たびたび閣僚として登用された。1963年第2次池田内閣第3次改造内閣で厚生大臣として初入閣。1966年第1次佐藤内閣第3次改造内閣では郵政大臣に就任、在任中にUHF帯で大量の放送免許を与える方針を表明し、民放の第2次新設局ラッシュを巻き起こす一方、FM東海の処遇を巡っては松前重義(逓信省の後輩で東海大学創立者、日本社会党衆議院議員)と鋭く対立した。これらの強権は『小林郵政』と呼ばれ今でも語り草となっている。

問題発言[編集]

1970年第3次佐藤内閣で法務大臣となる。長沼ナイキ訴訟で国として前例のない福島重雄裁判長忌避を申し立てるなどタカ派ぶりを発揮したが、翌1971年1月の静岡県知事選の応援演説で「野党がギャアギャア騒いでも、予算に指一本触れることはできない」「閣僚として、予算委員会に毎日出なければならないのは退屈この上ない」などと放言したことが発覚し、翌2月に引責辞任した。また同年の参議院選挙にも落選し、政界を引退する。1971年勲一等瑞宝章受章。1988年10月12日死去。享年89。

エピソード[編集]


公職
先代:
西村英一
日本の旗 厚生大臣
第39・40代 : 1963年 - 1964年
次代:
神田博
先代:
新谷寅三郎
日本の旗 郵政大臣
第26・27代 : 1966年 - 1968年
次代:
河本敏夫
先代:
西郷吉之助
日本の旗 法務大臣
第26代 : 1970年 - 1971年
次代:
秋田大助
学職
先代:
茂木ヒイ
富士見丘女子短期大学学長
第2代:1966年 - 1970年
次代:
渡辺重男