小林毅二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 毅二(こばやし たけじ、1946年8月20日 - )は、日本プロ野球審判員。前セントラル・リーグ審判部長、元審判部指導員。審判員袖番号は131988年初採用からだが、セ・リーグ審判は指導員に転じても袖番号を返上しないという通例があるので指導員となった際も付けていた)。2010年限りで指導員からも引退。東京都品川区出身。

来歴・人物[編集]

日体荏原高校から日本大学卒業後、丸井勤務のかたわら東京都高野連および首都大学リーグ審判を経て、1972年セントラル・リーグ審判部入局。1997年より副部長、2000年から審判部長を務め、2003年12月に退任。2005年よりプロ野球マスターズリーグの審判員を務める。現在では、資格回復をして、東京都高野連および首都大学リーグの審判員として活動している。

通算出場試合数は2898試合、オールスター出場6回(1984年、1988年、1994年、1995年、1999年、2000年、内1988年第2戦と1995年第2戦で球審)、日本シリーズ出場12回(1988年~1998年、2000年)。1988年 - 1998年まで11年連続出場1990年1992年1994年2000年に第1戦、1989年に第2戦、1988年1998年に第3戦、1995年に第4戦、1996年に第5戦、1991年1993年に第6戦の球審をそれぞれ担当している。主にトップクラスの審判員が任される第1戦での球審が多かった。

また、1999年8月7日ヤクルト - 阪神18回戦(神宮球場)で、阪神の野村克也監督を退場に処した唯一の審判員でもあり、天性のジャッジセンスを持ちながら1985年に現役を引退した三浦真一郎とは、日大時代の同級生だった。

1986年からインサイドプロテクターを着用し、1987年から球審時の構えをシザーススタンスに変更。シーズン初めや終盤、および日本シリーズで屋外球場ナイトゲームとなると肌寒い気候になるが、小林は球審時ブレザーを着ずに半袖シャツで球審をすることが多かった。なお小林は多くの球審が布製のボール袋を使用する中、現役引退まで皮革製のボール袋を使用していた。

マスターズリーグでは、布製のボール袋を使用している。 1993年から小林和公審判が入局したこともあり、以降スコアボード等には「小林毅」と表示されていた。

小林が立ち会った主な試合[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ベースボールマガジン2009年5月号 あのとき、あそこで -- 歴史の目撃者たち(1)審判員小林毅二「“国民的行事”を裁いた激闘の裏側」

関連項目[編集]