斎藤邦吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
斎藤 邦吉
さいとう くにきち
生年月日 1909年6月26日
出生地 福島県
没年月日 1992年6月18日(満82歳没)
出身校 東京帝国大学法学部
前職 労働事務次官
所属政党 自由民主党
配偶者
親族 長男斎藤邦彦

内閣 第1次中曽根内閣
在任期間 1982年11月27日 - 1983年12月27日

日本の旗 第59代 厚生大臣
内閣 鈴木善幸内閣
在任期間 1980年7月17日 - 1980年9月19日

日本の旗 第51代 厚生大臣
内閣 第2次田中角榮内閣
在任期間 1972年12月22日 - 1974年11月11日

選挙区 福島3区
当選回数 12回
在任期間 1958年5月23日 - 1992年6月18日
テンプレートを表示

斎藤 邦吉(さいとう くにきち、1909年6月26日 - 1992年6月18日)は、日本の政治家衆議院議員(12期)。

自民党内では宏池会に所属し、伊東正義佐々木義武とともに「大平派三羽烏」と呼ばれた。また、厚生族の重鎮としても知られた。

来歴・人物[編集]

福島県出身。相馬中学一高東京帝国大学法学部卒。内務省を経て、労働省に入り、労働事務次官等を務める。

1957年、福島県知事選に立候補するが落選する。1958年第28回衆議院議員総選挙旧福島3区から鈴木直人の後継者として立候補し、初当選(当選同期に竹下登金丸信安倍晋太郎倉成正谷川和穂など)。

1964年7月、第3次池田内閣改造内閣内閣官房副長官に就任。1972年12月、第2次田中角榮内閣厚生大臣として初入閣。自民党では池田勇人前尾繁三郎大平正芳鈴木善幸宮澤喜一派に所属。

1978年第1次大平内閣が誕生すると、総幹分離の原則を破って、総裁派閥ながら自民党幹事長に就任した。1979年解散総選挙で自民党が敗北したため辞任。

1980年7月、鈴木善幸内閣に厚生大臣として再入閣するも、富士見産婦人科病院事件で乱診乱療経営をしていた病院から政治献金を受け取っていたことが発覚して、引責辞任。1982年11月、第1次中曽根内閣行政管理庁長官として入閣。1991年11月には宏池会の会長代行に就任している。

1992年6月18日、死去。享年82。当時浪人中の田中直紀(鈴木直人の実子)が宏池会入りして後継者となった。

家族[編集]

関連項目[編集]

  • 横井庄一 - 帰国した際に羽田空港で出迎えている。


議会
先代:
毛利松平
日本の旗 衆議院大蔵委員長
1971年 - 1972年
次代:
金子一平
公職
先代:
中曽根康弘
日本の旗 行政管理庁長官
第46代:1982年 - 1983年
次代:
後藤田正晴
先代:
野呂恭一
塩見俊二
日本の旗 厚生大臣
第59代:1980年
第51代:1972年 - 1974年
次代:
園田直
福永健司
先代:
草野一郎平
日本の旗 内閣官房副長官 (政務担当)
1964年
次代:
竹下登
党職
先代:
大平正芳
自由民主党幹事長
第18代 : 1978年 - 1979年
次代:
櫻内義雄