福島譲二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福島 譲二(ふくしま じょうじ、1927年3月31日 - 2000年2月25日)は、日本政治家自由民主党衆議院議員(6期)、熊本県知事を務めた。熊本県出身。

略歴[編集]

府立一中五高を経て、東京大学卒業後、大蔵省に入省する。大臣官房審議官佐藤栄作首相秘書官などを経て、1976年、衆議院議員選挙に旧熊本2区から出馬し初当選した。連続当選は6回にのぼり、1989年第1次海部内閣労働大臣として初入閣した。

1991年細川護煕知事の引退を受けて熊本県知事選に出馬し初当選、官僚出身らしい手堅い行政手腕を発揮し1997年世界男子ハンドボール選手権1999年国民体育大会くまもと未来国体)を開催した。しかし3期目途中の2000年2月25日、旅先で入浴中に急逝した。72歳没。

佐高信が自著で福島知事が細川前知事の尻ぬぐいばかりやらされているため、熊本では「トイレットペーパー知事」と呼ばれていることを講演で訪れた際に知った、と記している[1]

脚注[編集]

  1. ^ 佐高信 『佐高信の快刀乱麻』 徳間文庫 [さ-10-8] ISBN 4198902976、50p