青木正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

青木 正(あおき まさし、1898年12月5日 - 1966年4月12日)は、日本の政治家。元自由民主党所属の衆議院議員。元環境庁長官青木正久は息子。

略歴[編集]

埼玉県北埼玉郡出身。不動岡中学校東京農業大学卒業。

中外商業新報論説委員を経て1949年第24回衆議院議員総選挙旧埼玉4区から民主自由党公認で立候補して初当選。1958年第2次岸内閣自治庁長官国家公安委員会委員長に就任。

在任中に警職法改正案の審議が難航したため、一時的に自治庁長官を外れ国家公安委員会委員長の専任となったが、結局警職法改正は審議未了で廃案となった。その後、国会の混乱などを批判して辞任した3閣僚の後補充を行うための小幅改造の際、自治庁長官兼国家公安委員会委員長に復帰。