新井尭爾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新井尭爾

新井 尭爾(あらい たかじ[1] / ぎょうじ[2]1886年明治19年)5月15日[1]1966年昭和41年)5月9日[2])は、日本の衆議院議員自由党)、運輸政務次官鉄道官僚

経歴[編集]

埼玉県南埼玉郡篠津村(現在の白岡市)に衆議院議員新井啓一郎の三男として生まれる[1]1912年(明治45年)、東京帝国大学法科大学法律科を卒業[1]高等文官試験に合格し、鉄道院書記、沼津駅助役程ヶ谷駅駅長、鉄道院参事補、同副参事、同参事、鉄道書記官、監督局業務課長、門司鉄道局運輸課長、東京鉄道局運輸課長、運輸局国際課長・配車課長等を歴任した[1]

1930年(昭和5年)、国際観光局が新設されると局長に就任し、観光基盤作りに尽力した[1]。その後、東京鉄道局長、鉄道省運輸局長を務め、1937年(昭和12年)に退官した[3]。退官後は、華北交通株式会社の理事を務めた[3]

1942年(昭和17年)、第21回衆議院議員総選挙に出馬して当選を果たし、幣原内閣で運輸政務次官を務めた。その後、公職追放となり[4]、追放解除後の1952年(昭和27年)の第25回衆議院議員総選挙で再選を果たした。翌1953年(昭和28年)の第26回衆議院議員総選挙で落選した。

さらに1942年から東亜旅行社の理事長を務め、1945年(昭和20年)に東亜旅行社が日本交通公社に改称した後も引き続き理事長、会長を務めた[2]。その他、全日本観光連盟副会長を務めた[2]

著書[編集]

  • 『鉄道現業の第一線に起ちて』(鉄道新聞社出版部、1929年)
  • 『観光の日本と将来』(観光事業研究会、1931年)
  • 『鉄道と皇道精神』(鉄道青年会出版部、1934年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 大衆人事録 1930.
  2. ^ a b c d 議会制度百年史 1990.
  3. ^ a b 人事興信録 1943.
  4. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年330頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第3版』 帝国秘密探偵社、1930年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(上)』 人事興信所、1943年
  • 衆議院・参議院編 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』 大蔵省印刷局、1990年