田中祐四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中祐四郎

田中 祐四郎(たなか すけしろう、慶応4年2月9日[1]1868年3月2日) - 昭和16年(1941年6月8日)は、日本の衆議院議員立憲政友会立憲民政党)、京都府上鳥羽村長

経歴[編集]

山城国紀伊郡上鳥羽村(現在の京都市南区)出身。1891年(明治24年)には淀川改修委員に就任して、河川改修や航路の修築の実現に尽力した[2]。また自由主義を推進するため、山城自由倶楽部を創設し、1894年(明治27年)には自由党山城支部に改めた[2]

同年、京都府会議員に当選し、8期務め、議長にも選出された[3]。また上鳥羽村長を8期務めた[3]

1902年(明治35年)、第7回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第8回第17回第18回の4期務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 『新選代議士列伝』p.20
  2. ^ a b 『京都府会議員列伝』
  3. ^ a b 『衆議院要覧』

参考文献[編集]

  • 『新選代議士列伝』 金港堂、1902年
  • 佐野精一 『京都府会議員列伝』 金口木舌堂、1894年
  • 『衆議院要覧(乙) 昭和七年五月』 衆議院事務局1932年