岡本実太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡本実太郎

岡本 実太郎(おかもと じつたろう[1]明治14年(1881年6月25日[2] - 昭和27年(1952年[1]4月30日)は日本官僚政治家弁護士

経歴[編集]

愛知県西加茂郡猿投村(現豊田市)出身。明治法律学校を経て、1904年大蔵省入省。

司法官試補、専売局事務官、広島専売局長などを歴任し、1920年退官。

弁護士としては、日本弁護士連合会理事、税務弁理士会監事(民政・愛知)などを務めた。

1924年第15回衆議院議員総選挙で当選(以後、第16回第17回第19回第20回第22回と計6回当選)。立憲政友会政務調査会長や立憲民政党総務、農林参与官などを歴任した。

脚注[編集]

  1. ^ a b 衆議院議員名鑑 1962.
  2. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、15頁。

参考文献[編集]

  • 『総史立憲民政党』第1巻(学陽書房, 1989)
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。