戸井嘉作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

戸井 嘉作(とい かさく、1862年2月23日文久2年1月25日) - 1945年昭和20年)4月27日)は、日本の実業家、政治家衆議院議員立憲民政党[1]横浜市会議員。横浜市参事会員[2]。族籍は神奈川県平民[2]

経歴[編集]

甲斐国山梨郡(現山梨県甲府市)生まれ[3]。戸井彦五郎の長男[4]皇典講究所に学んだ[4][5]。横浜商品倉庫会社を創立しその他銀行会社の重役に選任された[4]1902年以来横浜市会議員として24年間横浜市政に尽力した[4]1915年、衆議院議員に当選した[4]。以来当選7回に及び立憲民政党総務同党神奈川県支部長同党顧問を務めた[4]

政策・主張[編集]

政見綱領[編集]

  • 中小商工業者更生[3]
  • 農漁山村復活[3]
  • 国防強化[3]
  • 財政確立[3]
  • 政治の公明強化対策[3]
  • 教育に関する根本方針対策[3]

人物[編集]

民政党の宿将で、しかも横浜に於ける総帥であった[6]自由主義島田三郎に師事した[6]。島田三郎の薫陶を受けているだけに権勢にへつらいおもねらなかった[6]普選の殊勲者だった[6]小泉又次郎(後の逓信大臣)を島田三郎に紹介した[6]。宗教は曹洞宗[7]。趣味は盆栽、旅行[7]。神奈川県在籍[5]

家族・親族[編集]

戸井家

山梨県西山梨郡山城村[3]、神奈川県横浜市中区本牧町[4][5]

  • 父・彦五郎[4]
  • 妻・マサ愛知、酒井仙助の二女)[4]
1862年 -
  • 養子・正治(山梨、林英作の三男)[4]
1879年 -
  • 同妻・クニ(神奈川、小澤昌順の四女)[4]
1884年 -
1908年 -
1912年 -

脚注[編集]

  1. ^ 『第三回普選総選挙大観』110頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年11月23日閲覧。
  2. ^ a b 『人事興信録 第4版』と6頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年6月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 『粛正選挙代議士名鑑』17頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月10日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『人事興信録 第13版 下』ト1頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月3日閲覧。
  5. ^ a b c d 『人事興信録 第12版 下』ト1頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月10日閲覧。
  6. ^ a b c d e 『政界風景展望 政界人物評伝』4-5頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月3日閲覧。
  7. ^ a b 『大衆人事録 第12版 北海道・奥羽・関東・中部・外地・満州・支那・海外篇』神奈川63頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年6月9日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 『第三回普選総選挙大観』朝日新聞社、1932年。
  • 角屋謹一『政界風景展望 政界人物評伝』文王社、1933年。
  • 『粛正選挙代議士名鑑』選挙粛正中央会編纂部、1936年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第12版 北海道・奥羽・関東・中部・外地・満州・支那・海外篇』帝国秘密探偵社ほか、1938年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 下』人事興信所、1940年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 下』人事興信所、1941年。