普通選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Annie Kenney and Christabel Pankhurst.jpg

普通選挙(ふつうせんきょ)とは、ある組織において選挙の際に年齢・性別以外で信条・財産等の制限を設けずに選挙権を行使できる選挙形式を指す。とりわけ、国政選挙において財産(納税額)等の制限を設けずに選挙権を行使できる選挙形式を指す場合が多い。

狭義には性別制限なく選挙権を持つ完全普通選挙のみをさし、広義には男性だけが選挙権を持つ男子普通選挙を含む。

歴史[編集]

脚注[編集]

  1. ^ フランス革命期全体でも、男子普通選挙は、一度限りであった
  2. ^ 但し南部再建時代以降の南部では、間接的方法を用いた事実上の人種による制限がなされ、実質的にすべての州で普通選挙が保障されたのは公民権運動後の1965年のことである
  3. ^ それ以前における女性参政権の有無は州・準州ごとに異なる。
  4. ^ 神戸(2005) p.62

出典[編集]

関連項目[編集]