信任投票

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

信任投票(しんにんとうひょう)とは、対抗馬がなく、単一の候補者信任するか信任しないかの選択肢しか与えられていない選挙を指す。一党制や、ヘゲモニー政党制を取っている国々で、行われている。そのほか、複数政党制の国家でも立候補者が定数と同じであるときに無投票当選ではなく信任投票を行う場合がある。

解説[編集]

かつての社会主義国では信任投票が普遍的な制度であり、しかも不信任と書く自由が制限されていることが多かった。しかし、近年の中華人民共和国における最下級の人大代表(議員)の直接選挙において、定数を上回る立候補者が存在する差額選挙が導入され、選挙は必ずしも信任投票のみとは限らなくなっている。

自由選挙の国では、立候補者が定数に満たなかった場合には、立候補者が無投票で当選することを規定していることがある。また、当選枠分が有力候補ですでに埋まり、他候補が泡沫候補だけである無風選挙の場合には、事実上の信任投票といわれることがある。ただしロシアなどでは立候補者数が定数以下であるか否かを問わず「全ての候補に反対」の投票項目を設け、どのような場合でも信任投票を行う選挙制度を有している。

日本では最高裁判所裁判官国民審査において信任投票が行われている。

関連項目[編集]