田中亮一 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田中亮一

田中 亮一(たなか りょういち、1890年明治23年)8月29日[1] - 1945年昭和20年)12月26日)は、日本政治家衆議院議員(5期)。

経歴[編集]

佐賀県出身。1915年早稲田大学政治経済科卒。卒業後は佐賀県に戻り農業を営む傍ら千歳村長、佐賀県議会議員、肥前麺業(株)社長などを経て、1928年第16回衆議院議員総選挙立憲政友会公認で立候補して当選。1930年第17回衆議院議員総選挙で落選したが、1932年第18回衆議院議員総選挙で復帰して以来4回連続当選した。1942年第21回衆議院議員総選挙(いわゆる「翼賛選挙」)では非推薦で立候補して当選した。1945年幣原内閣海軍政務次官に就任。同年11月で海軍省が廃止され、第二復員省に代わりそのまま第二復員政務次官になった。同年12月26日現職のまま死去した。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第七十回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1936年、30頁。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年11月。
  • 楠精一郎著『大政翼賛会に抗した40人 自民党源流の代議士たち』(朝日新聞社、2006年)