山本勝市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山本勝市
やまもと かついち
生年月日 1896年3月20日
出生地 日本の旗 日本和歌山県東牟婁郡四村(現:田辺市
没年月日 (1986-08-01) 1986年8月1日(90歳没)
出身校 関西大学専門部法律学科
第三高等学校
京都帝国大学経済学部経済学士
所属政党日本自由党→)
分党派自由党→)
(自由党→)
(無所属→)
日本民主党→)
自由民主党
称号 勲二等瑞宝章

選挙区 (埼玉県→)
旧埼玉4区
当選回数 5回
在任期間 1946年 - 1947年
1953年 - 1960年
1963年 - 1966年
テンプレートを表示

山本 勝市(やまもと かついち、1896年明治29年〉3月20日 - 1986年昭和61年〉8月1日)は、日本経済学者政治家和歌山高等商業学校教授、衆議院議員(5期)、大東文化大学教授。和歌山県出身。

京都帝国大学経済学部卒業、経済学博士。戦前は経済学者として和歌山高商教授や文部省国民精神文化研究所所員を務め、戦後は鳩山自由党の結党に参加した。『福祉国家亡国論』の著述やマルクス主義への批判、経済計算論争の紹介など、自由主義経済の推進者として知られる。

略歴[編集]

生立ちと教育[編集]

1896年(明治29年)3月20日、和歌山県東牟婁郡四村(現・田辺市)生まれ。1913年(大正2年)3月、私立京都中学校(後の新制京都高等学校、廃校)卒業。関西大学専門部法律学科に入るも、1919年(大正8年)3月に中退し[1]第三高等学校入学。翌年3月、三高卒業、京都帝国大学経済学部入学。1923年(大正12年)3月、京大経済学部卒業。

戦前[編集]

1924年(大正13年)3月、和歌山高等商業学校教授就任。1932年(昭和7年)9月に離任するまで和歌山高商で教鞭を執る。1925年(大正14年)2月には文部省在外研究員となり、1931年(昭和6年)8月から翌年4月まで欧州へ留学した。

1932年(昭和7年)8月、文部省国民精神文化研究所所員・研究生指導科主任となり、翌月には和歌山高商を離任した。1939年(昭和14年)12月からは文部省教学局教官を兼任し、1943年(昭和18年)9月の依願免官まで務める。

戦後[編集]

戦後の1945年(昭和20年)11月には日本自由党創立委員として鳩山自由党の立ち上げに参加した。

1946年(昭和21年)4月、埼玉全県区で第22回衆議院議員総選挙に当選するも、翌年4月に公職追放に遭う。

1948年(昭和23年)3月、公職に関する就職禁止、退職等に関する勅令(昭和22年勅令第1号)違反で起訴。1948年(昭和23年)12月、東京高等裁判所で禁錮8月の判決。

1950年(昭和25年)10月、追放解除。1952年(昭和27年)6月、最高裁判所で免訴の言い渡しを受ける。

1953年、旧埼玉4区第26回衆議院議員総選挙に当選。以後、衆院選では、1960年の第29回を除いて1963年の第30回まで同区で連続当選する。

政治家としては第1次鳩山内閣通商産業政務次官自由民主党政調副会長、自民党総務、自民党財政部長、衆院大蔵委員長、衆院懲罰委員長を歴任。

政界引退後は大東文化大学教授に就いた。

1986年(昭和61年)8月1日、死去。

年譜[編集]

略年譜[編集]

国会議員歴[編集]

  • 衆議院 埼玉全県区 第22回 1946年(昭和21年)4月10日 - 1947年(昭和22年)3月31日
  • 衆議院 旧埼玉4区
    • 第26回 1953年(昭和28年)4月19日 - 1955年(昭和30年)1月24日
    • 第27回 1955年(昭和30年)2月27日 - 1958年(昭和33年)4月25日
    • 第28回 1958年(昭和33年)5月11日 - 1960年(昭和35年)10月24日
    • 第30回 1963年(昭和38年)11月21日 - 1966年(昭和41年)12月27日

在職期間:衆議院 当選5回、11年4月

所属政党歴[編集]

  • 1946年(昭和21年)4月 日本自由党
  • 1953年(昭和28年)4月 自由党分党派
  • 1953年(昭和28年)11月 自由党
  • 1954年(昭和29年)9月 無所属
  • 1954年(昭和29年)11月 日本民主党
  • 1955年(昭和30年)11月 自由民主党

内閣閣僚歴[編集]

  • 第1次鳩山内閣 通商産業政務次官 1954年(昭和29年)12月14日 - 1955年(昭和30年)3月19日(4月)

院委員長歴[編集]

  • 衆議院大蔵委員会委員長 第35回臨時会(1960年(昭和35年)) - 第36回臨時会(1960年(昭和35年))
  • 衆議院懲罰委員会委員長 第48回常会(1964年(昭和39年)) - 第51回常会(1965年(昭和40年))

主な著作[編集]

脚注[編集]

参考資料[編集]

  • 『歴代国会議員名鑑』中巻 議会制度研究会 1995 p.2208
  • 『歴代国会議員史録』下巻 阿坂書房 1979  p.2363
  • 『歴代国会議員経歴要覧』政治広報センター 1990 p.1568

外部リンク[編集]

議会
先代:
内海安吉
日本の旗 衆議院懲罰委員長 次代:
鍛冶良作
先代:
植木庚子郎
日本の旗 衆議院大蔵委員長 次代:
足立篤郎