野中英二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
野中 英二
のなか えいじ
生年月日 1920年1月16日
出生地 日本の旗 埼玉県加須市
没年月日 (2015-02-25) 2015年2月25日(満95歳没)
出身校 慶應義塾大学法学部
所属政党 無所属→)
自由民主党
親族 孫・野中厚衆議院議員

日本の旗 第18代 国土庁長官
内閣 宇野内閣
在任期間 1989年6月3日 - 1989年8月10日

選挙区 旧埼玉4区
当選回数 6回
在任期間 1969年12月28日 - 1983年11月28日
1986年7月7日 - 1990年1月24日
テンプレートを表示

野中 英二(のなか えいじ、1920年1月16日 - 2015年2月25日)は、日本政治家勲章勲一等瑞宝章

国土庁長官第18代)、衆議院議員(6期)、埼玉県議会議員(3期)等を歴任した。

衆議院議員野中厚

概要[編集]

埼玉県加須市生まれ。旧制粕壁中学校慶應義塾大学法学部卒業。

大越村議会議員、埼玉県議会議員を経て、1967年第31回衆議院議員総選挙旧埼玉4区(定数3)から無所属で出馬したが、次点で落選した。1969年第32回衆議院議員総選挙に旧埼玉4区から再び無所属で出馬し、得票数2位で当選した(野中に代わり、日本社会党板川正吾が落選し、保守系で3議席を独占した)。当選後、自由民主党に入党。1983年第37回衆議院議員総選挙では旧埼玉4区で次点で落選した。1986年第38回衆議院議員総選挙では一転、旧埼玉4区でトップ当選して返り咲いた。

1989年宇野内閣国土庁長官に任命され初入閣したが、宇野宗佑首相第15回参議院議員通常選挙で大敗し、退陣を表明。野中もわずか69日で国務大臣を退任した。1990年第39回衆議院議員総選挙では旧埼玉4区で次点で落選。1993年第40回衆議院議員総選挙では、自民党の公認を得られず、旧埼玉4区から無所属で立候補したが、再び次点で落選した。政界を引退後、羽生領島中領用排水路土地改良区理事長を務めた。1991年勲一等瑞宝章受章。

2015年2月25日老衰のため死去[1][2]。95歳没。

脚注[編集]

[ヘルプ]


議会
先代:
堀之内久男
日本の旗 衆議院決算委員長
1987年 - 1988年
次代:
宮下創平
先代:
塩川正十郎
日本の旗 衆議院商工委員長
1980年 - 1981年
次代:
渡部恒三
公職
先代:
内海英男
日本の旗 国土庁長官
第18代:1989年
次代:
石井一