芳賀貢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

芳賀 貢(はが みつぐ、1908年1月13日 - 2005年6月14日[1])は、日本政治家日本社会党衆議院議員(当選11回)。

来歴[編集]

北海道出身。農業に従事し、その傍ら農民運動で活動する。戦時中は翼壮の地元の団長をしていたため、公職追放を受ける[2]。追放解除後の1952年第25回衆議院議員総選挙北海道2区から日本社会党左派公認で立候補して初当選、以来11期務める。国会内では決算委員長災害対策特別委員長などを歴任した。1980年に引退。2005年死去。

脚注[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、969頁。
  2. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年81頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]