池田敬八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
池田敬八

池田 敬八(いけだ けいはち、1874年明治7年)7月3日[1] - 1963年昭和38年)3月23日[2])は、日本の政治家衆議院議員立憲民政党[3][4]、大蔵官僚弁護士[5]カナモジ会理事[6]。旧姓・赤坂

経歴[編集]

三重県度会郡宇治山田町(現在の伊勢市)出身[7]。赤坂敬二の三男[1][7]、あるいは六男として生まれ[3][5]、池田房明の養子となった[1][7]

1901年(明治34年)、東京帝国大学法科大学仏法科を卒業し、翌年に高等文官試験に合格した[1][7]大蔵省専売局事務官、専売局参事、専売局長官官房監理課長などを経て、1917年大正6年)からは印刷局長を務めた[1]

1928年(昭和3年)、退官[6]。三重県第二区より第16回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。立憲民政党に所属[3][4]第17回第18回でも再選された。

人物[編集]

趣味は詩書[3]謡曲剣道[7]。東京在籍[5]

家族・親族[編集]

池田家

東京都文京区駕籠町[6]

  • 養父・房明[1][3]
  • 妻・けい(養父・池田房明の長女)[3][7]
1870年 -
  • 女・静江[1]
1900年 -
  • 女・たえ(修之助の妻)[5]
1909年 -
  • 養子・修之助広島、井上貫聿の五男)[3][7]
1904年 -
赤坂家

三重県伊勢市

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『人事興信録 第5版』い170頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年7月20日閲覧。
  2. ^ 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年、正誤並びに追池田 敬八記表
  3. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第9版』イ121頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年7月21日閲覧。
  4. ^ a b 『衆議院議員略歴 第1回乃至第19回』15頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年7月21日閲覧。
  5. ^ a b c d 『人事興信録 第14版 上』イ113頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年7月21日閲覧。
  6. ^ a b c 『人事興信録 第15版 上』イ36頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年7月20日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g 『大衆人事録 第11版』イ94頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年7月20日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第11版』帝国秘密探偵社ほか、1935年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員略歴 第1回乃至第19回』衆議院事務局、1936年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 上』人事興信所、1943年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第15版 上』人事興信所、1948年。