谷河尚忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

谷河 尚忠(たにかわ ひさただ[1]1834年4月9日天保5年3月1日)- 1918年大正7年)6月27日[1])は、幕末盛岡藩士明治から大正期の政治家教育者岩手県会議員衆議院議員高知県知事。号は松樹、白鬚翁[1]

経歴[編集]

盛岡藩士の家に生まれる。七戸藩権大参事、盛岡県権大属、戸長、郡長、岩手県会議員、同副議長、同常置委員、学務委員、教育協会副会長などを歴任[2]

1890年7月、第1回衆議院議員総選挙に岩手県第四区から出馬して当選。その後、第2回補欠選挙)、第3回第4回総選挙と通算4回の当選を果たし、自由党に所属して活動した[2]

1898年7月、第1次大隈内閣により高知県知事に登用され、1900年1月まで在任。県税賦課徴収方法改正、県有財産管理法の追加、県会議員選挙事務取扱手続の制定などを行った[3]

1908年、私立盛岡女学校(現:盛岡白百合学園中学校・高等学校)校長に就任した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『日本人名大辞典』1188頁。
  2. ^ a b 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』398頁。
  3. ^ 『新編日本の歴代知事』942頁。

参考文献[編集]

  • 上田正昭ほか監修『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。

外部リンク[編集]