永井金次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
永井金次郎

永井 金次郎(ながい きんじろう、1874年明治7年)5月3日[1] - 1927年昭和2年)4月3日[2])は、日本の内務官僚政友会系官選高知県知事樺太庁長官。

経歴[編集]

新潟県出身[1]1897年東京法学院を卒業。同年、判事検事登用試験に合格し司法官試補となる。同年12月、文官高等試験行政科試験に合格。1898年内務省に転じ青森県在勤となる[1][3]

以後、青森県参事官千葉県参事官、広島県事務官富山県事務官・第一部長兼第三部長[4]、同内務部長などを歴任[1]

第1次山本内閣により1913年6月、高知県知事に任命された。県財政の積極的拡大を図った。1914年6月に休職となった[1]1917年1月、小樽区長に就任[5]1919年4月、樺太庁長官に就任し、1924年6月11日まで務め休職となる[6]。同月20日に退官した[3][7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『新編日本の歴代知事』945頁。
  2. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』862頁。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』177頁。
  4. ^ 『官報』第6925号、明治39年7月30日。
  5. ^ 『官報』第1333号、大正6年1月15日。
  6. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』127頁。
  7. ^ 『官報』第3548号、大正13年6月21日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年。