樺太民政署

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

樺太民政署(からふとみんせいしょ)は、1905年(明治38年) 8月19日から1907年(明治40年) 3月14日まで、樺太開拓のために設けられた行政組織である。

概要[編集]

樺太は1875年(明治8年)に明治政府がロシア政府と結んだ樺太・千島交換条約でロシア領となり、コルサコフに日本領事館を置いていた。しかし、1905年に日露戦争における樺太の戦いで日本軍が樺太全領を占領し、1905年8月1日全島に軍政が布かれた[1]が、8月19日にこれを解除して、内務省下に、樺太民政署を設置し当初は本庁を北樺太のアレクサンドロフスク(現在のアレクサンドロフスク・サハリンスキー)、支所を南樺太のコルサコフ(大泊町)に設置した。

同年8月29日の、日露講和会議にて、北樺太の領有権を放棄し、11月13日樺太国境画定会議にて正式に北樺太をロシアに譲渡したため、本庁をコルサコフにした。

現地の行政は、民政長官の熊谷喜一郎が執り、港湾の整備・鉄道の敷設と現地に住んでいたアイヌロシア人の帰属や、北海道との定期航路、開拓に必要な人民の戸籍衛生などを急ぎ進めた。

1907年(明治40年)3月14日、樺太庁が設置されたことにより発展的解消を遂げた。

脚注[編集]

  1. ^ 明治38年8月1日付け大本営達示(『官報』第6627号、明治38年8月2日、p.61