大泊町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大泊町
廃止日 1949年6月1日
廃止理由 国家行政組織法施行
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 樺太地方
都道府県 樺太庁 豊原支庁
大泊郡
総人口 21,779
1941年12月1日
隣接自治体 深海村千歳村富内村
大泊町役場
所在地 樺太庁大泊郡大泊町本町大通南4丁目
特記事項 1943年4月1日以降は北海地方に所属。
 表示 ウィキプロジェクト

大泊町(おおどまり-)は、日本の領有下において樺太に存在した

当該地域の領有権に関する詳細は樺太の項目を、現状に関してはサハリン州及びコルサコフの項目を参照。

概要[編集]

江戸時代から明治初頭にかけては久春古丹(クシュンコタン)と呼ばれており、中心地は後の楠渓町一帯であった。日本領有期の当初においては樺太庁が置かれ、樺太の大都市であった。

樺太の南部亜庭湾沿いにあり、亜庭湾のほぼ中央部奥に位置する。

台地・神楽岡を囲むように広がる市街地北部に楠渓町がある。

歴史[編集]

大泊町の栄町の街並み

町内の地名[編集]

  • 大泊
  • 古牧(こまき)
  • 雄吠泊(おほえとまり)
  • 牧場(まきば)
  • 南問串(みなみといくし)
  • 円留(えんる)
  • 大畑(おおはた)
  • 楠渓町(なんけいちょう)
  • 栄町(さかえちょう)

[1]

地域[編集]

教育[編集]

以下の学校一覧は1945年(昭和20年)4月1日現在のもの[2]

国民学校[編集]

  • 樺太公立大泊国民学校
  • 樺太公立船見国民学校
  • 樺太公立楠渓国民学校
  • 樺太公立旭丘国民学校
  • 樺太公立古牧国民学校

中等学校[編集]

金融機関[編集]

公共交通機関[編集]

  • 大泊市街軌道 - 樺太大泊郡大泊町の大泊駅から同楠渓町駅の間を結んでいた私鉄。樺太では唯一の路面電車であり、ガソリンカーで運行されていた。

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 南樺太:概要・地名解・史実(西村いわお・著、高速印刷センター内出版部 1994年)より。
  2. ^ 北海道立教育研究所『北海道教育史 地方編2』(1957年)p. 1679、p. 1692 - 93

関連項目[編集]

外部リンク[編集]