大泊支庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
留多加支庁から転送)
移動先: 案内検索
大日本帝国 > 樺太 > 樺太庁 > 大泊支庁
9支庁時代の樺太(2.大泊支庁 3.大泊支庁留多加出張所)

大泊支庁(おおとまりしちょう)は、樺太庁支庁の一つ。

支庁所在地は大泊町(当初はコルサコフ)。

歴史[編集]

  • 1907年明治40年)
    • 3月 - コルサコフ支庁として発足。樺太島の南東端部を管轄。ルータカ(留多加)に出張所を設置。
    • 5月 - トンナイチヤ(富内)に出張所を設置。
  • 1908年(明治41年)4月 - コルサコフの大泊への改称にともない大泊支庁に改称。
  • 1909年(明治42年)10月 - 長浜(旧称・チピサニ)出張所、大泊出張所を設置。
  • 1913年大正2年)2月 - 大泊出張所を廃止。
  • 1915年(大正4年)6月26日 - 「樺太ノ郡町村編制ニ関スル件」(大正4年勅令第101号)の施行により、管内に大泊郡長浜郡富内郡留多加郡を設置。
  • 1922年(大正11年)10月 - 留多加出張所が留多加支庁として分離。
  • 1924年(大正13年)12月 - 留多加支庁が廃止。留多加出張所を設置。
  • 1929年昭和4年)7月1日 - 富内郡が長浜郡に合併。
  • 1942年昭和17年)11月 - 豊原支庁に統合。同日大泊支庁廃止。