普蘭店区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華人民共和国 遼寧省 普蘭店区
皮口駅
皮口駅
大連市中の普蘭店区の位置
大連市中の普蘭店区の位置
簡体字 普兰店
繁体字 普蘭店
拼音 Pŭlándiàn
カタカナ転写 プーランディエン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
遼寧
副省級市 大連市
行政級別 市轄区
政府所在地 中心路三段50号
建置 1945年
面積
総面積 2,923.37 km²
人口
総人口(2003) 83 万人
経済
電話番号 024
郵便番号 116200
行政区画代碼 210282
公式ウェブサイト http://www.pulandian.gov.cn/gov/

普蘭店区(ふらんてん-く)は中華人民共和国遼寧省大連市に位置する市轄区北緯39度24分32秒 東経121度58分01秒 / 北緯39.409度 東経121.967度 / 39.409; 121.967座標: 北緯39度24分32秒 東経121度58分01秒 / 北緯39.409度 東経121.967度 / 39.409; 121.967)。県級市であった時は瓦房店市荘河市と共に「北方三市」と称された。

地理[編集]

金州区の北に位置し、大連市の中心部から距離にして50キロメートル、バスで1時間半ほどに位置する。

歴史[編集]

1905年ポーツマス条約により旅大租借地が日本に移譲、普蘭店管区が設置され、1908年に普蘭店出張所、1930年に普蘭店民政署と改称される。1932年満州国が成立すると奉天省復県の管轄とされた。1945年9月、中国共産党により復県の一部に新金県が新設され、1958年に県政府が皮口から普蘭店へ移された。1991年11月30日、新金県より県級市の普蘭店市に改編された。2015年10月13日に普蘭店区に改編。

行政区画[編集]

  • 街道弁事所:豊栄街道、鉄西街道、太平街道、楊樹房街道、大劉家街道、皮口街道、城子坦街道、唐家房街道、大譚街道、蓮山街道、沙包街道、星台街道、安波街道、四平街道、双塔街道、楽甲街道、墨盤街道、同益街道

交通[編集]

鉄道[編集]

(大連方面)- 皮口駅 - 城子坦駅 -(丹東方面)
(大連方面)- 普蘭店駅 -(瀋陽方面)

道路[編集]

航路[編集]

  • 皮口から長海県へフェリーが運行されている

経済[編集]

中国でも有数の衣服製造会社で、もともと普蘭店の楊樹房でスタートして、いまも本部は普蘭店にある。

文化[編集]

これはもともと普蘭店のものといわれている。

観光[編集]

外部リンク[編集]

中国地名の変遷
建置 1945年
使用状況 普蘭店区
現代新金県
普蘭店市(1991年)
普蘭店区(2015年)