黒山県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 遼寧省 黒山県
新立屯駅構内
新立屯駅構内
簡体字 黑山
繁体字 黑山
拼音 Hēishān
カタカナ転写 ヘイシャン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
遼寧
地級市 錦州市
行政級別
政府所在地 黒山鎮中大中路189号
面積
総面積 2,436.01 km²
人口
総人口(2004) 63 万人
経済
電話番号 0416
郵便番号 121400
行政区画代碼 210726
公式ウェブサイト http://www.heishan.gov.cn/

黒山県(こくさん-けん)は中華人民共和国遼寧省錦州市に位置する

地理[編集]

黒山県は遼寧省西部に位置する。

歴史[編集]

明代は鎮遠堡、清初は小河山、または小黒山と称された。黒山鎮の東北にある小黒山の山頂には上帝廟がある。この山はあまり高くないが、遠くの山河や県の街が一望できる。

戦国時代国の遼東郡に属する。そして、の中国統一後も同郡に属する。前漢の時は、幽州刺史部遼東郡に属する。後漢の時は遼東の従属国に属して、三国時代は幽州の昌黎郡に属した。西晋の時、平州(今の遼陽)の昌黎郡に属する(今の義県)。五胡十六国時代は、前燕前秦後燕と国が移るが同じ平州の昌黎郡に属する。南北朝の時は営州の地となり、の時は、燕郡に属した (今の義県)。代は安東都護府に属す。の時代は、東京道顕州奉先軍に属す。金の時は、北京路広寧府に属す。代は、広寧府路に属して、域内に望平県を設ける。代は広寧衛に属し、鎮遠堡となった。

清代になると広寧県新民県に属した。1902年光緒28年)には両県の一部に鎮安県が設置され、これが黒山県の前身となる。中華民国が成立すると、1914年民国3年)1月、陝西省に同名の鎮安県が存在したため黒山県と改称、奉天省遼瀋道の管轄とされた。その後1929年(民国18年)に遼寧省に、満洲国が成立すると1932年大同 (満州)元年に奉天省 (満州国)に、1935年康徳2年)には錦州省に移管された。中華人民共和国が成立すると1949年遼西省1954年より遼寧省錦州市の管轄となり現在に至る。

行政区画[編集]

2街道、15、4を管轄。

  • 街道:黒山街道、大虎山街道
  • 鎮:芳山鎮、常興鎮、姜屯鎮、励家鎮、繞陽河鎮、半拉門鎮、胡家鎮、新立屯鎮、八道壕鎮、四家子鎮、新興鎮、太和鎮、白廠門鎮、無梁殿鎮、鎮安鎮。
  • 郷:英城子郷、段家郷、大興郷、薛屯郷。

張作霖の母方の祖母の家がある二道溝郷は、2002年に繞陽河鎮に合併した。

観光地[編集]

  • 蛇盤山観光区
  • 竜湾ダム観光区

出身者[編集]

 

外部リンク[編集]

中国地名の変遷
建置 1902年
使用状況 黒山県
鎮安県
中華民国 鎮安県
黒山県(1914年)
満州国 黒山県
現代 黒山県