凌海市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 遼寧省 凌海市
市街地の様子
市街地の様子
簡体字 凌海
繁体字 凌海
拼音 Línghăi
カタカナ転写 リョウカイ
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
遼寧
地級市 錦州市
行政級別 県級市
政府所在地 大凌河街道
面積
総面積 2555 km²
人口
総人口(2012) 60 万人
経済
電話番号 0416
郵便番号 121200
行政区画代碼 210781
公式ウェブサイト http://www.lnlh.gov.cn

凌海市(りょうかい-し)は中華人民共和国遼寧省錦州市に位置する県級市

歴史[編集]

清代に設置された錦県(Junggin hiya)を前身とする。1993年6月に凌海市と改編された。

中国遼寧省の西南部に位置する県級市。場所は北緯40°48′ー41°26′、東経120°42′ー121°45′の間。地図上ではU型の渤海と隣接し、陸では隣に葫芦島市、盤錦市、営口市の中では、ほぼ渤海から陸に上がる海路の一番奥に位置している。錦州湾と遼瀋高速道路が近くにあるため、沿海開放都市としては物流アクセス面で便利。市総面積は2555平方キロメートル、中に農業用地は約11.5万ヘクタール。

気候[編集]

凌海市は北温帯に位置しており、温帯季節風大陸型気候(日本の東北地区と同じ)。四季が分かりやすく、日照時間が十分で、年間平均気温は8.7度、年間降水量は610ミリリット。霜がない日にちは160から180あり、年間日照時間は2700時間余りある。

行政区画[編集]

4つの街道弁事所、 13の、2つの民族鎮、2つの、1つの農場に区分されている。

  • 街道弁事所:大凌河街道弁事所、金城街道弁事所、八千街道弁事所、大有街道弁事所。
  • 鎮:石山鎮、余積鎮、双羊鎮、班吉塔鎮、沈家台鎮、三台子鎮、閻家鎮、新庄子鎮、翠岩鎮、安屯鎮、大業鎮、建業鎮、白台子鎮。
  • 民族鎮:右衛満族鎮、温滴楼満族鎮
  • 郷:謝屯郷、板石溝郷
  • 農場:遼寧省金城原種場

大凌河街道弁事所は新楼に設置されており、人口は8.11万人、面積は46.9平方キロメートル、下には11の社区居民委員会があり、新建、外貿、錦凌、建設、南山、站前、新楼、文化、錦東、富源、凌南新区となっている;村民委員会は8つあり、凌東、凌南、凌西、凌北、凌河、蔡家、大錦、蘭家となっている。

金城街道弁事所は東湖に設置されており、人口は4.02万二、面積は87.2平方キロメートル、下には7つの社区居民委員会があり、東街、南街、北街、鉄新、鉄北、東新、東湖となっている。村民委員会は東花、西花、東彰、西北彰、梁山、姚夏家、東四合、趙復興、三段の9つがある。

概況[編集]

市の工業企業は298社。その内、市営工業企業は52社。業種は軽工業、化学工業、紡織、洋服製造、製紙、印刷、機械設備と電力設備、食品ほか。主な生産物は衣服、原炭、セメント、花崗岩、未精製塩、酒、赤いれんが、ファンモーター、電気モーター、陶磁器、照明器具、VFプラスチック粒と防火板、樹脂研磨器具、硫化ソーダ、木綿、毛皮など。中には30項目の生産品は国家の空白を埋めたなど、多様な需要にも対応できる。凌海市は農業が盛んで、遼寧省の重要な農業生産品産地の一つである。市の農業用地は約8万ヘクタール、生産量は年間50万トン以上。主な農生産物はトウモロコシ、米など。野菜の生産量も増加する一方で、尚且つ種類が豊富で、生産面積は約7000ヘクタール。年間の輸出量だけでも1000トンを超える。

凌海市の地質と気候は果物にも適していて、果物の生産面積は1.8万ヘクタール。果樹は1131万本で、年生産量は約60000トン。リンゴ、梨、杏、スモモ、桃、ブドウ、ナツメなどの30余りの品種を生産している。

海沿いは凌海市の有利な地理条件の一つ。魚、エビ、カニ、貝類など、水揚げできる水産品は豊富。中でも質がいいのはボラ、コイ、テナガエビ、小エビ、クラゲ、ハマグリ、蘭蛤、太平洋雄カタツムリ、ホタテ貝、ホラガイ、カニなど。年間の水揚げ量は約4万トン。クラゲ、ハマグリ、エビなどを日本やアメリカ、韓国、ロシアなどに輸出している。市の沿岸部でエビを養殖する人工浜は約4226ヘクタールあり、年間水揚げ量は約9000トン。これは遼寧省の中では規模が大きい方である。淡水魚の養殖は主に鯉、シナモクズガニなどで、年間水揚げ量は千トンに近い。

広い草原と豊富な農産物に恵まれて、牧畜業に適している。生産品はブタ、牛、羊、ニワトリ、アヒル、カモ、ニワトリ、食用犬、鹿、テン、ウサギ、キツネなど65種類あり、肉の年間総生産量は約40000トンに上る。卵類は3600キロ生産され、牛乳や蜂蜜なども多く取れる。特に近年、凌海市の第三産業が発展している。

凌海市は東北から関内に入る通り道であり、京瀋鉄道と高速道路、錦承鉄道、錦朝公路などのいくつもの主要道路が市を横断している。市には駅が9個あり、市県級以上公路は12本あり、長さは300キロ余りある。アクセス面ではとても重要な役割を果たしており、水路と空港も近く便利。錦州港には30キロ、錦州空港には30キロ。新しく建設される予定の錦州湾国際空港には20キロしか離れておらず、優位を占めている。商品の流通は活発で、年間市場小売総価格は7億元に達する。市には、農産物専門市場、自動車市場、家畜市場、軽工業など専門市場30個あり、年売買価格は約6億元に上る。

自然資源[編集]

凌海市は渤海の遼東湾に位置しており、市所有する海岸線は68.7キロ、海岸湿地は1.7万ヘクタール。河豚、エビ、カニ、ナマコ、貝類などが生息している。凌海市は黄金、石炭、膨润土、花崗岩など金属と非金属の鉱物資源が20種余り採掘できる。市の農業用地は9.4万ヘクタールで、草原面積は5万ヘクタール。

外部リンク[編集]

凌海市人民政府

中国地名の変遷
建置 清代
使用状況 凌海市
錦県
中華民国錦県
満州国錦県
現代錦県
凌海市(1993年)