彰武県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 遼寧省 彰武県
簡体字 彰武
繁体字 彰武
拼音 Zhāngwŭ
カタカナ転写 ヂャンウー
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
遼寧
地級市 阜新市
行政級別
政府所在地 彰武鎮
建置 1902年
面積
総面積 3,635 km²
人口
総人口(2004) 42 万人
経済
電話番号 0418
郵便番号 123200
行政区画代碼 210922
公式ウェブサイト http://www.zhangwu.gov.cn/

彰武県(しょうぶ-けん)は中華人民共和国遼寧省阜新市に位置する

県内には中国で極めて少ない「山」姓が彰武県と安徽省渦陽県に約2,000人居住している。、彼らは、と戦った南宋の将軍岳飛の末裔で、金との和平派の奸臣秦檜の迫害から逃れる為、岳姓を山姓に改姓したと伝わる。

地理[編集]

彰武県は遼寧省西部に位置する。

歴史[編集]

1902年光緒28年)、清朝により設置された。

行政区画[編集]

17、1民族鎮、6、2民族郷を管轄。

  • 鎮:彰武鎮、哈爾套鎮、章古台鎮、五峰鎮、馮家鎮、後新秋鎮、東六家子鎮、阿爾郷鎮、前福興地鎮、双廟鎮、大四家子鎮、葦子溝鎮、興隆山鎮、満堂紅鎮、四合城鎮、両家子鎮、平安鎮。
  • 民族鎮:大冷モンゴル族鎮。
  • 郷:四堡子郷、豊田郷、興隆堡郷、大徳郷。
  • 民族郷:二道河子モンゴル族郷、西六家子モンゴル族満族郷。

阿爾郷鎮は、内モンゴル自治区に隣接した地域で、年間の降水量こそ300mmであるが、砂漠からの乾いた季節風が強く吹き、年間蒸発量が2,200mmの乾燥した土地で、砂漠化が70年前から始まり、近年拡大の傾向にある。これは、生活の為に行う馬や羊の放牧がより拍車をかけている。阿爾郷鎮全体の37%が砂漠化している。現在日本の無償援助により砂漠化した土地に防砂林を植樹している。また、砂漠の中に原生林のオアシスが残されていて、観光地となっている。(大青溝自然保護区)

交通[編集]

瀋陽市阜新市を結ぶ瀋彰高速道路が2007年10月10日開通。瀋陽から途中、瀋陽環状高速道路と接続、阜新市彰武県に至る。工事が平行して行われた鉄嶺-承徳高速道路も連絡しており、全長86km。投資総額は27億元。全線4車線、最高速度100km。

中国地名の変遷
建置 1902年
使用状況 彰武県
彰武県
中華民国彰武県
満州国彰武県
現代彰武県

関連項目[編集]