南票区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 遼寧省 南票区
市街地付近のG102国道
市街地付近のG102国道
簡体字 南票
繁体字 南票
拼音 Nánpiào
カタカナ転写 ナンピャオ
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
遼寧
地級市 葫芦島市
行政級別 市轄区
面積
総面積 512 km²
人口
総人口(2004) 15 万人
経済
電話番号 0429
郵便番号 125027
行政区画代碼 211404
公式ウェブサイト http://www.nanpiao.gov.cn/index.asp

南票区(なんぴょう-く)は中華人民共和国遼寧省葫芦島市に位置する市轄区

地理[編集]

遼寧省西部に位置し、市区の中心より50kmの緑豊かな山間部、葫芦島市、錦州市朝陽市の三市のゴールデントライアングル地帯にあり、錦州空港錦州港葫芦島港まで30数kmの位置にある。区内の河川は、東は小凌河、西は女儿河の2つの水系に分かれている。比較的大きい山として香炉山、白馬山、下廟子山、紅石砬山などがある。

気候は、温帯季節風大陸性気候に属し、季節の変化がはっきりしている。年平均気温11.5℃、最高気温38℃、最低気温-26℃。年平均降水量484mm、年平均の霜が降らない期間は165日である。

歴史[編集]

南票の名は清朝に始まり、乾隆帝1736年に朝陽地区を通るとき2枚の龍票(手形)を出して、1枚は朝陽以北で引き換えてたため北票、1枚は朝陽以南で引き換えたため南票と呼ばれるようになった。南票はもとは鎮で錦西県に属す。1983年錦州市に編入して、南票区となり、1989年より葫芦島市に属する。

民族[編集]

漢民族回族満族シベ族ヤオ族トン族朝鮮族の7民族等が居住し、そのうち漢民族は94.49%を占める。

行政区画[編集]

7街道弁事所、6、4を管轄する。

  • 街道弁事所
    • 九龍街道、邱皮溝街道、小凌河街道、趙家屯街道、葦子溝街道、沙鍋屯街道、三家子街道。
    • 暖池塘鎮、缸窯嶺鎮、高橋鎮、虹螺峴鎮、金星鎮、台集屯鎮。
    • 沙鍋屯郷、黄土坎郷、大興郷、張相公屯郷。

経済[編集]

農業・畜産業[編集]

肥沃な農地に恵まれ、区内耕地の半分以上は水田であり多毛作が実施されている。牧場が3箇所設置されるなど畜産業も盛んである。ブドウ、大ナツメ、リンゴ、スモモ、棚菜などが特産品である。

鉱物資源[編集]

区内では豊富な石炭、石灰石、B石、大理石、陶土、バントナイト、珪石、白雲石、紫砂、耐火粘土などの埋蔵量が確認されている。石炭の埋蔵量2億t(採掘可能量1.3億t)であり、年間400万tを採掘している。B石、陶土の埋蔵量は3億t(同様1億t)であり高品質鉱石が採掘されている。石灰石の埋蔵量は4億t、酸化カルシウム50%以上を含みセメントの理想的な原料とされている。バントナイトの埋蔵量は2000万t、蒙脱石の含有量は90%に達する。珪石の埋蔵量は2億t、珪素の含有率は95%以上。白雲石、単硫鉄鉱、氷州石も採掘される。

工業[編集]

改革開放政策により石炭、建築材料を主とする基幹産業とハイテク、またそれに関連する冶金、軽化、自動車の部品製造などが行われている。その中でも石炭の生産高は遼寧省内の上位を占め、。ブレーキオイル、金属シリンダー、パット、鋳物などの工業製品が有名である。

交通[編集]

錦南鉄道、南票鉱務局鉄道専用線(蒸気機関車が現役)と省級道路の錦赤線は、区全体を縦断し、京哈鉄道京瀋高速鉄道と国道102線、そして、京哈高速道路は4車線の交通大動脈で、錦朝高速道路も区の周辺を通っている。

外部リンク[編集]

南票区人民政府

参考:南票区ウェブサイト