奉天省 (満州国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
満州国 奉天省
1931年 - 1945年
簡称:



簡体字 奉天
繁体字 奉天
拼音 Fèngtiān
カタカナ転記 フォンティエン
国家 満州国
行政級別
政府所在地 奉天市
改称 1931年
消滅 1945年 
面積
- 総面積({{{area_metro_as_of}}}) km²
人口

奉天省(ほうてんしょう)は、満州国にかつて存在した省。現在の遼寧省の一部に相当する。

歴史[編集]

1931年民国20年)、満州事変が勃発すると関東軍により遼寧省より改称され、省政府が奉天市に設置された。

1932年大同元年)3月9日、満州国国務院は省政府を省公署と改称、1934年康徳元年)12月1日、省内を奉天省、安東省錦州省に分割され、奉天市遼陽県遼中県本渓県撫順県瀋陽県鉄嶺県開原県新民県法庫県康平県海城県営口県蓋平県復県興京県清原県西豊県昌図県梨樹県双山県遼源県海竜県輝南県柳河県東豊県西安県濛江県を管轄するようになった。

1937年(康徳4年)7月1日、輝南県、柳河県、金川県、濛江県は通化省に、1938年(康徳5年)7月1日に四平街市、海竜県、開原県、昌図県、東豊県、西豊県、西安県、双遼県、梨樹県が四平省にそれぞれ分割されている。

下部行政区画[編集]

満州国崩壊直前の下部行政区画

設置[編集]

1931年関東軍により遼寧省より改称される。

廃止[編集]

1945年8月、満州国の崩壊と共に消滅し、公署は張学思の遼寧省政府に接収された。

関連項目[編集]

前の行政区画
遼寧省 (中華民国)
遼寧省歴史的地名
1931年 - 1945年
次の行政区画
遼寧省 (中華民国)