三江省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
満州国 三江省
1934年 - 1945年
簡称:



簡体字 三江
繁体字 三江
拼音 Sānjiāng
カタカナ転記 サンジャン
国家 満州国
行政級別
政府所在地 佳木斯市
建置 1934年
廃止 1945年 
面積
- 総面積 90,418 km²
人口
- 総人口(1940) 141.6 万人

三江省(さんこう-しょう)は満州国にかつて存在した省。現在の黒竜江省北東部に位置する。

歴史[編集]

1934年康徳元年)12月1日、満州国は黒竜江省及び吉林省を分割し三江省を設置、通河県鳳山県湯原県蘿北県綏浜県方正県依蘭県樺川県富錦県勃利県宝清県饒河県同江県撫遠県の14県を管轄した。

1937年(康徳4年)7月、佳木斯市が設置、省会とされ、1939年6月には鶴立県を新設すると同時に鳳山県を通河県に編入、宝清、饒河の2県が新設された東安省に移管され1市12県を管轄するようになった。1941年(康徳8年)1月に勃利県が東安省へ、同年8月には黒河省より仏山県が移管され満州国崩壊まで沿用された。

1945年8月、満州国の解体に伴い自然消滅したが、三江省地区には新たに合江省が設置されている。

行政区画[編集]

満州国崩壊直前の下部行政区画は下記の通り。

設置[編集]

1934年12月、満州国政府により黒竜江省吉林省を一部地域に三江省が新設される。

廃止[編集]

1945年8月、満州国の崩壊と共に自然消滅。

関連項目[編集]


前の行政区画:
黒竜江省
吉林省
黒竜江省歴史的地名
1934年 - 1945年
次の行政区画:
合江省