黒河省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
満州国 黒河省
1934年 - 1945年
簡称:



簡体字 黑河
繁体字 黑河
拼音 Héihé
カタカナ転記 ヘイホー
国家 満州国
行政級別
政府所在地 黒河街
建置 1934年
廃止 1945年 
面積
- 総面積 118,899 km²
人口
- 総人口(1940) 14.99 万人

黒河省(こくが-しょう)は満州国にかつて存在した省。現在の黒竜江省北西部に位置する。

歴史[編集]

1934年康徳元年)12月1日、満州国は黒竜江省北部の黒河道区に黒河省を新設、璦琿県黒河街に省公署を設置し、下部に璦琿県呼瑪県漠河県鴎浦県奇克県遜河県烏雲県仏山県の8県を管轄した。1937年(康徳4年)12月に孫呉県が新設、1941年(康徳8年)8月1日に仏山県が三江省に移管され、更に1943年(康徳10年)1月1日に北安省より嫩江県が移管され、同年7月に奇克、遜河両県が合併し遜克県が成立、1945年(康徳12年)8月1日に嫩江県が竜江省に移管された。

1945年8月、満州国の解体に伴い自然消滅したが、黒河省地区は新たに設置された嫩江省に移管された。

行政区画[編集]

満州国崩壊直前の下部行政区画は下記の通り

設置[編集]

1934年12月、満州国政府により竜江省が新設される。

廃止[編集]

1945年8月、満州国の崩壊と共に自然消滅。

関連項目[編集]


前の行政区画:
黒竜江省
黒竜江省歴史的地名
1934年 - 1945年
次の行政区画:
嫩江省