通化省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
満州国 通化省
1937年 - 1945年
簡称:



簡体字 通化
繁体字 通化
拼音 Tōnghuā
カタカナ転記 トンフア
国家 満州国
行政級別
政府所在地 通化県
通化市
建置 1937年
廃止 1945年 
面積
- 総面積({{{area_metro_as_of}}}) km²
人口

通化省(つうか-しょう)は満州国にかつて存在した省。現在の吉林省東部、朝鮮民主主義人民共和国との国境地帯に相当する。

歴史[編集]

1937年康徳4年)7月1日、安東省通化臨江長白撫松輯安の5県及び奉天省輝南柳河金県濛江に新たに通化省が設置され、省公署は通化県(1942年以降は通化市)に設置された。1945年(康徳12年)に安東省桓仁県が移管された。

下部行政区画[編集]

満州国崩壊直前の下部行政区画

設置[編集]

1937年満州国政府により通化省が設置される。

廃止[編集]

1945年8月、満州国の崩壊と共に自然消滅。

関連項目[編集]

前の行政区画
安東省
奉天省
吉林省歴史的地名
1937年 - 1945年
次の行政区画
吉林省
遼寧省