澎湖庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
澎湖庁

澎湖庁(ほうこちょう)は、かつて台湾の地方行政区分だった五州三庁の一つで、現在の澎湖県にあたる。

人口[編集]

昭和16年台湾常住戸口統計より

  • 総人口 69,387人
    • 内訳
      • 内地人 3,619人
      • 台湾人 65,694人
      • その他 74人

行政区分[編集]

昭和20年(1945年)当時

支庁[編集]

  • 馬公支庁
    • 馬公街、湖西庄、白沙庄、西嶼庄
  • 望安支庁
    • 望安庄、大嶼庄

(戦後)[編集]

  • 澎湖庁は澎湖県となり、馬公支庁廃庁、同支庁管内の街庄は澎湖県の直接管轄となる
  • 1946年6月望安支庁廃庁、同支庁管内の街庄は澎湖県の直接管轄となる

医療[編集]

  • 台湾総督府澎湖病院

法院(裁判所)[編集]

昭和20年(1945年)当時
(審判の行うことの無かったものを「裁判所」とカウントしなかった)(沿革略)

  • (無し)

警察[編集]

昭和20年(1945年)当時

  • 澎湖庁警務課
    • 馬公支庁
    • 望安支庁

気象[編集]

昭和17年(1942年)当時

  • 澎湖測候所

中等教育学校[編集]

  • 澎湖庁立澎湖高等女学校

日本軍駐屯地[編集]

昭和11年(1936年)の平時編制

  • 澎湖島要塞司令部(馬公支庁)
  • 馬公重砲兵連隊(馬公支庁)

道路[編集]

昭和14年(1939年)当時

指定道路[編集]

  • 馬公湖西道
  • 湖西良文港道
  • 馬公大案山道

港湾[編集]

昭和13年(1938年)当時

主要地方港[編集]

  • 馬公港

日本海軍[編集]

神社[編集]

  • 澎湖神社

関連項目[編集]