塩水港庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
塩水港庁
大日本帝国台湾の庁
Merchant flag of Japan (1870).svg
1901年 - 1909年 Merchant flag of Japan (1870).svg
 
Merchant flag of Japan (1870).svg
塩水港庁の位置
1907年当時の地図
首都 塩水港街
歴史
 - 創立 1901年
 - 廃止 1909年
行政区画 7支庁
塩水港庁舎

塩水港庁(えんすいこうちょう)は、日本統治時代の台湾の地方行政区分のひとつ。

地理[編集]

廃止時点で布袋嘴、前大埔、店仔口、六甲、蔴荳、蕭壠、北門嶼の7つの支庁および直轄区域を管轄した。

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1901年(明治34年)11月 - 台南県から分立し成立する。
  • 1902年(明治35年)4月 - 新営庄、嘉義間で鉄道が開通する[1]。同年10月、街庄区域の改正が行われる[2]
  • 1904年(明治37年)3月 - 嘉義庁のうち大坵田西堡内田庄、考試潭庄、布袋嘴庄、前東港庄、新塭庄を編入し3街218庄となる[3]
  • 1906年(明治39年)3月 - 新営庄支庁を廃止し、直轄区域、六甲、店仔口支庁および新設の布袋嘴支庁に統合する。蔴荳支庁佳里興堡の所属を蕭壠支庁に変更[4]
  • 1909年(明治42年)10月 - 直轄区域、布袋嘴、前大埔、店仔口各支庁は嘉義庁に、六甲、蔴荳、蕭壠、北門嶼各支庁は台南庁にそれぞれ編入する。

行政[編集]

歴代庁長[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 臺灣總督府史料編纂會 (1902). 新營庄嘉義間ノ鐵道運輸ヲ開始ス 
  2. ^ “鹽水港廳例第十二號 街庄長管轄區域中改正”. 鹽水港廳報. (1902年10月10日) 
  3. ^ “鹽水港廳令第三號街庄長管轄區域改定”. 鹽水港廳報. (1906年3月21日) 
  4. ^ 塩水港廳支廳廢止變更ノ件”. 台灣總督府公文類纂 (1906年3月). 2020年3月4日閲覧。

関連項目[編集]