咸鏡南道 (日本統治時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
咸鏡南道
位置
各種表記
ハングル: 함경남도
漢字: 咸鏡南道
日本語読み仮名: かんきょうなんどう
片仮名転写: ハムギョンナムド
英語表記: Kankyōnan-dō / Hamgyeongnam-do
統計
行政
国: 大日本帝国の旗 大日本帝国
テンプレートを表示

咸鏡南道かんきょうなんどう、ハムギョンナムド)は、日本統治時代の朝鮮行政区画の一つ。現在の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の咸鏡南道江原道の一部、両江道を合わせた地域にあたる。道庁は咸興に置かれた。

概要[編集]

朝鮮の東北部、咸鏡道地方の西南側にあたり、東北に咸鏡北道、南に江原道、南西に黄海道、西に平安南道平安北道に接する。北には鴨緑江上流部を隔てて満洲と隣接する。最北端に白頭山を擁する。道の北部は蓋馬高原が広がる。

1930年代以降、大規模なダム建設による電力資源開発と、沿海部の工業化が進められた。

人口[編集]

昭和11年現住戸口調査より

  • 総人口 1,602,178人
    • 内訳
      • 内地人 51,052人
      • 朝鮮人 1,544,883人
      • その他 6,243人

行政区分[編集]

昭和20年(1945年)当時

[編集]

[編集]

  • 咸州郡
    • 下岐川面、上岐川面、下朝陽面、上朝陽面、岐谷面、川西面、川原面、州西面、州北面、三平面、朱地面、連浦面、徳山面、東川面、退潮面、宣徳面
  • 定平郡
    • 定平面、広徳面、帰林面、新上面、文山面、朱伊面、高山面、長原面
  • 永興郡
    • 永興邑、長興面、徳興面、鎮坪面、憶岐面、順寧面、虎島面、古寧面、仁興面、宣興面、横川面、耀徳面
  • 高原郡
    • 高原邑、上山面、郡内面、水洞面、山谷面、雲谷面
  • 文川郡
    • 川内邑、徳源面、文川面、北城面、雲林面、明亀面、豊上面、豊下面
  • 安辺郡
    • 安辺面、安道面、培花面、瑞谷面、釈王寺面、新高山面、新茅面
  • 洪原郡
    • 洪原邑、景雲面、龍源面、普賢面、雲鶴面、三湖面、龍浦面
  • 北青郡
    • 北青邑、新浦邑、新昌邑、新北青面、居山面、俗厚面、陽化面、厚昌面、佳会面、徳成面、下車書面、上車書面、星垈面、泥谷面
  • 利原郡
    • 遮湖邑、利原面、東面、南松面
  • 端川郡
    • 端川邑、福貴面、何多面、水下面、利中面、広泉面、北斗日面、南斗日面、新満面
  • 新興郡
    • 新興面、加平面、元平面、西古川面、永高面、上元川面、下元川面、東上面
  • 長津郡
    • 長津面、中南面、西閑面、上南面、東門面、東下面、北面
  • 豊山郡
    • 豊山面、熊耳面、安水面、川南面、安山面
  • 三水郡
    • 三水面、襟水面、好仁面、新坡面、自西面、三西面、館興面
  • 甲山郡
    • 甲山面、山南面、鎮東面、会麟面、同仁面
  • 恵山郡
    • 恵山邑、別東面、雲興面、鳳頭面、普天面、大鎮面

歴代咸鏡南道知事(道長官を含む)[編集]

1919年8月以前は「咸鏡南道長官」。

氏名 在任期間 備考
申応熙 1910年10月1日 - 1918年9月23日 咸鏡南道長官
李圭完 1918年9月23日 - 1924年12月1日 1919年8月より「咸鏡南道知事」
金寛鉉 1924年12月1日 - 1926年8月14日
中野太三郎 1926年8月14日 - 1929年1月21日
馬野精一 1929年1月21日 - 1929年12月11日
松井房治郎 1929年12月11日 - 1930年11月12日
関水武 1930年11月12日 - 1933年8月4日
萩原彦三 1933年8月4日 - 1935年2月4日
湯村辰二郎 1935年2月4日 - 1936年10月16日
笹川恭三郎 1936年10月16日 - 1940年9月2日
新貝肇 1940年9月2日 - 1941年5月31日
丹下郁太郎 1941年5月31日 - 1942年4月7日
瀬戸道一 1942年4月7日 - 1943年12月1日
柳生繁雄 1943年12月1日 - 1945年2月14日
岸勇一 1945年2月14日 - 日本統治下最後の知事

法院(裁判所)[編集]

昭和16年(1941年)当時

  • 咸興地方法院
  • 咸興地方法院元山支庁
  • 咸興地方法院北青支庁
  • 咸興地方法院恵山支庁

刑務所[編集]

昭和16年(1941年)当時

  • 咸興刑務所
  • 咸興刑務所元山刑務支所

警察[編集]

昭和2年(1927年)当時

  • 咸鏡南道警察部
    • 咸興警察署
    • 元山警察署
    • 定平警察署
    • 永興警察署
    • 高原警察署
    • 文川警察署
    • 安辺警察署
    • 洪原警察署
    • 北青警察署
    • 利原警察署
    • 端川警察署
    • 新興警察署
    • 豊山警察署
    • 三水警察署
    • 甲山警察署
    • 恵山警察署
    • 好仁警察署

憲兵警察制度下における憲兵部隊[編集]

大正4年(1915年)当時

  • 咸興憲兵隊
    • 咸興憲兵分隊
    • 高原憲兵分隊
    • 元山憲兵分隊
    • 北青憲兵分隊
    • 端川憲兵分隊
    • 甲山憲兵分隊
    • 恵山鎮憲兵分隊
    • 長津憲兵分隊

税務[編集]

昭和16年(1941年)当時

税務署[編集]

  • 元山税務署
  • 咸興税務署

税関[編集]

  • 羅津税関元山税関支署

林政[編集]

昭和16年(1941年)当時

  • 咸興営林署
  • 恵山鎮営林署

専売局[編集]

昭和16年(1941年)当時

  • 京城地方専売局咸州出張所

気象[編集]

昭和17年(1942年)当時

  • 元山測候所
  • 咸興測候所

高等教育機関[編集]

  • 咸興医学専門学校

日本軍駐屯地[編集]

昭和11年(1936年)の平時編制

鉄道[編集]

昭和20年(1945年)の路線

総督府鉄道[編集]

私鉄[編集]

道路[編集]

昭和2年(1927年)当時

一等道路[編集]

  • 京城元山線
  • 平壌元山線
  • 元山会寧線

二等道路[編集]

  • 新安州咸興線
  • 義州恵山鎮線
  • 咸興黄水院線
  • 咸興慈城線
  • 咸興西湖津線
  • 長津満浦鎮線
  • 長津恵山鎮線
  • 元山襄陽線
  • 元山楚山線
  • 恵山鎮茂山線
  • 北青甲山線
  • 北青新浦線
  • 永興柳島線
  • 城津恵山鎮線

港湾[編集]

昭和6年(1931年)当時

開港[編集]

  • 元山港

地方港[編集]

  • 西湖津港
  • 新浦港
  • 新昌港
  • 遮湖港
  • 汝海津港
  • 前津港
  • 退潮港

鉱山[編集]

  • 長興鉱山(黒鉛)
  • 咸興炭鉱
  • 文川炭鉱
  • 利原鉄山

神社[編集]

企業[編集]

道内に本社を有する資本金50万円以上の企業である(昭和15年・1940年当時)

鉱業[編集]

  • 日本マグネシウム金属
  • 鮮満鉱業
  • 新光鉱山

製造業[編集]

  • 朝鮮窒素肥料
  • 朝鮮窒素火薬
  • 北鮮製鋼所
  • 東海醸酒
  • 北鮮酒造
  • 咸興護謨

運輸業[編集]

  • 新興鉄道
  • 北鮮交通
  • 咸南倉庫

卸売小売業[編集]

  • 北鮮米油
  • 咸南合同木材

金融業[編集]

  • 咸南無尽

不動産業[編集]

  • 元山土地建物

マスメディア[編集]

ラジオ放送局[編集]

昭和20年(1945年)8月当時

  • 朝鮮放送協会咸興放送局(呼出符号:JBDK)
  • 朝鮮放送協会元山放送局(呼出符号:JBJK)

日本語新聞[編集]

昭和16年(1941年)当時

  • 朝鮮時事新報
  • 元山毎日新聞

出身有名人[編集]

この時代に生まれ育つか、または活躍した者を掲載

参考文献[編集]

  • 戦前期官僚制研究会編『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』(東京大学出版会、1981年)

関連項目[編集]

前の行政区画
二十三府制十三道制を挟んで)
咸鏡道
咸鏡南道
歴史的行政区画
1910年 - 1945年
次の行政区画
朝鮮民主主義人民共和国の旗 咸鏡南道
朝鮮民主主義人民共和国の旗 両江道
朝鮮民主主義人民共和国の旗 江原道 (北)