白頭山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白頭山(長白山)
Baitou Mountain Tianchi.jpg
白頭山(長白山)頂上に広がるカルデラ湖、天池
標高 2,744 m
所在地 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国両江道
中華人民共和国の旗 中華人民共和国吉林省
位置 北緯41度60分 東経128度05分座標: 北緯41度60分 東経128度05分
種類 火山
初登頂 -
白頭山の位置
白頭山の位置
白頭山
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
朝鮮語表記
各種表記
ハングル 백두산
漢字 白頭山
発音 ペクトゥサン
日本語読み: はくとうさん
ローマ字 Baekdu-san(2000年式
Paektu-san(MR式
英語表記: Baekdu Mountain
テンプレートを表示
中国語表記
各種表記
繁体字 長白山
簡体字 长白山
拼音 Chángbáishān
注音符号 ㄔㄤˊㄅㄞˊ ㄕㄢ
発音: チャンパイシャン
日本語読み: ちょうはくさん
英文 Changbai Mountain
テンプレートを表示

白頭山(はくとうさん、朝鮮語: 백두산 ペクトゥサン、簡体字: 白头山)は、中華人民共和国(中国)吉林省朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)両江道の国境地帯にある標高2,744m火山。別名、長白山(ちょうはくさん、簡体字: 长白山 チャンパイシャン)。

名称[編集]

中国吉林省と北朝鮮両江道の国境地帯にあるこの山は、古くは「不咸山」「白山」「太白山」と呼ばれた[要出典]。このうち「白山」「太白山」は中国でも朝鮮でも後世までこの山の別名としても使われた。李氏朝鮮の時代には「太白山」と呼んでいた。白頭山という名称の起源は不明である。

満州民族満州語ではゴルミン・シャンギャン・アリンᡤᠣᠯᠮᡳᠨ
ᡧᠠᠩᡤᡳᠶᠠᠨ
ᠠᠯᡳᠨ
 転写:golmin šanggiyan alin、「どこまでも白い山」)との時代より使われ始めた。

清朝では長白山(ちょうはくさん。中国語: 簡体字: 长白山; 繁体字: 長白山、チャンパイシャン、Chángbáishān)と漢訳され定着している。同じく領土地域に含まれる北朝鮮では「金日成将軍の歌」など、長白山(チャンベクサン、Changbaek san、朝鮮語: 장백산)の名称を長らく用いてきたが、近年では白頭山を使うのが一般的になってきている[要出典]

山の語源

呼称問題[編集]

現在も実効支配の領土地域ではないが、韓国は「長白山」呼称は中国による侵略の残滓であるとして国際的な呼称問題運動を展開して摩擦を起こしてきた[1](また領有権について歴史認識問題も発生している〈#領有問題〉)。その結果、近年では「長白山」より「白頭山」の名称が先に記述されたり、世界各国でアルファベット表記のPaektusan、Baekduが採用されるにいたって、後手にまわった中国で反発の声があがり、「長白山」の名称を積極的に使うように各地で巻き返し運動が展開されている[2]

地質学的特徴[編集]

地形図

山の中央部は、地下のマグマの上昇圧力により、毎年3mmずつ上昇を続けている。また、黒曜石の産地でもあり、朝鮮半島北部の旧石器時代から新石器時代の遺跡で出土する石器に用いられる黒曜石の産地は白頭山であることが多く、既に黒曜石を介した交易が存在したとされている。

なお、海溝の沈み込み帯から離れ過ぎた位置に存在している火山のためマグマの成因が不明であったが、2009年9月から3年間かけた地球深部の三次元構造調査・研究の結果、中国北東部(白頭山)の地下に沈み込んでいる太平洋プレートのマントル遷移層スタグナントスラブに、大きな穴が空いていることが発見され、穴と白頭山の成因に関連性があると考えられている[3]

天池
冬の山頂の天池

頂上には天池(ティエンチ)と呼ばれるカルデラ湖がある。満州を潤す松花江、および中国と北朝鮮の国境である鴨緑江豆満江はこの山を源と発している。天池は周囲12kmから14kmで水深の平均は213m、一番深い部分は384mとなっている。10月中旬から6月中旬までは天池はに覆われる。

天池の周りは2,500mを超す16つのが取り囲んでいる。その最高峰は将軍峰であり一年の8ヶ月はに覆われている。

天池から北に出る川があり、出てすぐのところで落差70mの長白瀑布を形成している。

山麓
長白山の北麓

山麓は、朝鮮側は朝鮮半島摩天嶺山脈などの高原地帯、中国側はなだらかな傾斜が東北平原まで続く。中国側の山麓では、朝鮮人参の中国版とも言える長白山人参(又は中国産朝鮮人参)が栽培され、日本などに輸出されている。この他、中国側では様々な薬草が栽培されている。

気候[編集]

白頭山の気候は非常に移り気である。山頂の年平均気温は摂氏マイナス8.3度である。夏の間は18度に届く時もあるが、厳冬期はマイナス48度にまで下がる時がある。1月の平均気温はマイナス24度、7月の平均気温は10度であり、一年のうち8ヶ月は気温はマイナスにまで下がる。山頂の平均風速は秒速11.7m、12月には平均で秒速17.6mの強風となる。平均湿度は74%。

火山活動[編集]

近代的な火山研究が始まったのは1900年代以降で活動歴の解明は進んでおらず、研究者により様々な年代の噴火説が出されている。周辺国の歴史記録書に白頭山の火山活動を示唆する記述がある[4]

10世紀の活動[編集]

白頭山は約1万年間の活動休止期間後の10世紀前半に過去2000年間で世界最大級とも言われる巨大噴火を起こし、その火山灰は偏西風に乗って日本の東北地方にも降り注いだ(白頭山苫小牧テフラ(B-Tm))[6][7]火山爆発指数は6と推定されている(火山爆発指数の一覧を参照のこと)。この噴火と926年の渤海滅亡との因果関係が指摘されているが、各種の年代推定は940年前後を示唆するものが多く直接の関係はないとの見解が有力である[8]

噴出物の地質調査結果[9]によれば活動は6ステージに分けられる。

  1. A:一連の活動に先立った活動と考えられ、二道白河泥流堆積物を形成した活動で、現在の二道白河最上流部で大崩壊が発生。
  2. B:ブリニアン噴火による白頭降下軽石層。白頭山の東方向から東南方向に堆積している灰白色粗粒降下軽石層を形成。
  3. C:長白山火砕流堆積物を形成する活動で破局的噴火。珪長質軽石を主成分とし平均堆積厚数メートルで山体の周辺に広く分布する。総体積は、10km3と推定されている。
  4. D:両江火山砂礫層。AとCの活動による噴出物が北麓に堆積し、洪水・氾濫により段丘を形成している。山頂から70kmの距離で10m程度の堆積厚が確認された場所もある。
  5. E:円池降下軽石・火山灰層。山頂から東方向に分布する軽石・火山灰層を形成した活動。砂が風によって移動し各所に砂丘が形成されている。
  6. F:北麓の海抜1100m以上に分布する白山火砕流堆積物を形成した活動。

2000年以降の活動[編集]

2002年から2005年頃まで周辺で群発地震が散発的に発生し、地割れや崩落が起き山頂の隆起が観測されていた[10]。更に、2006年には衛星画像の解析から山頂南側で温度上昇が観測され、ロシア非常事態省は、白頭山に噴火の兆候があると発表している。更に2010年6月19日には、釜山大学の尹成孝(ユン・ソンヒョ)教授が、中国の火山学者の話として、2014-2015年に噴火する予測を立てていることを韓国各紙で明らかにしている[11]。2002年以降、地震の回数が以前よりも約10倍に増加。頂上の隆起・カルデラ湖や周辺林からの火山ガスの噴出が確認されている。もし大規模な噴火が起これば、その規模は2010年のエイヤフィヤトラヨークトルの噴火の約1000倍となり、極東地域では甚大な被害が予想され、大韓民国気象庁が対策に乗り出し始めている。なお、白頭山の噴火間隔は約100年とされている[12][13]

2010年のアイスランドの火山噴火や、2011年3月の東北地方太平洋沖地震が発生してから、諸国の学界では白頭山噴火の可能性が提起され、北朝鮮でも噴火説が広まっている[14]

歴史[編集]

白頭山は古朝鮮(고조선、BC.2千年前半? - 紀元前108年)、高句麗(고구려、BC.37-668年、三国時代)、高句麗が滅んだ後は、高句麗の末裔が建国した渤海(698年 - 926年、南北国時代)までの間、朝鮮民族が領有していたが、その後、渤海を滅ぼした契丹(遼)の領土になった。その後はの領土、モンゴル帝国(元)の領土と変遷していった。

朝鮮民族が再び白頭山を領有するようになったのは朝鮮時代世宗(在位:1418年 - 1450年)の時代になってからであり、世宗は鴨緑江豆満江沿いの要塞化を進め、白頭山は朝鮮民族と北方民族との境界となった。

白頭山信仰[編集]

朝鮮民族

白頭山は周囲に住む民族から崇拝を受けてきた。文化信仰としてはまず、韓国でも北朝鮮でも、『三国遺事』が引用する「朝鮮古記」による「檀君神話」では、最初期の朝鮮国が白頭山で起こり、その後、平壌に遷都したので、白頭山は「朝鮮民族の揺り籠」であると多くの人が信じている。

抗日ゲリラの拠点 (革命の聖地)

第二次世界大戦前は、満州国との境界であったことから、白頭山山麓の針葉樹の密林は反満抗日ゲリラの拠点ともなり、しばしば日本軍によるゲリラ掃討戦が繰り広げられた。

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)金日成主席は、自分が白頭山を根拠とするゲリラ抗日パルチザン)の指導者であり、1942年2月16日に小白水の谷にある白頭山密営で白頭山の女将軍である金正淑との間に長男の金正日(後の総書記国防委員会委員長)が生まれたと公表しており、現地では「生家」とともにそのような案内が行われているが、証言などから「金正日は1941年2月16日ソビエトロシア極東地域で生まれた」とする説が有力となっている。

領有問題[編集]

おおまかな白頭山付近の中朝国境線(Google map
清・朝鮮定界碑

朝鮮人が満州豆満江以北地域である間島へと移住する動きが絶えず、1712年と朝鮮の役人達は白頭山の分水界に国境を示す定界碑を建てた。ここに書かれた、国境を「西方を鴨緑とし、東方を土門とする」という表記の解釈をめぐり、土門を豆満江とする清側の主張と、土門江(松花江支流)とする朝鮮側の主張が19世紀末から20世紀はじめにかけてぶつかりあった[15]

中朝辺界条約

1962年に結ばれた中朝辺界条約ko:조중 변계 조약)によって天池上に中朝国境線が引かれる形で終結した。この条約により天池の54.5%が北朝鮮に、45.5%が中国領としてほぼ半分に分割される事になった。これに対して韓国の民族主義者などは批判的であり、中国側の主張を北朝鮮が呑んだといい、松花江を境界とする主張を続けている[16]。ただし、中国側においては、天池を含む白頭山全体が元々中国の領土であり、条約及び現在の国境線は北朝鮮に対する譲歩であったという認識がほとんどである[17]

韓国における主張

中国と北朝鮮の間では国境が画定しているが、中国と韓国の活動家グループの間で、白頭山および間島地域の領有権論争がある。韓国の活動家は、中国側で近年行われている経済開発、文化イベント、インフラ整備、観光資源開発、世界遺産への登録申請、冬季オリンピックの招致などはすべて、この白頭山地域全体の領有権を主張する動きの一環だとしている。中国側でこの地域を「長白山」と呼ぶこと自体に対しても韓国側は歴史の歪曲だとして反発している。中国の吉林省長春市で行われたユニバーシアードにて、韓国のショートトラック女子代表選手が授賞式で「白頭山は我々の領土」と書かれたカードを掲げたことで中国当局から抗議される事件も起きてる[18]。中国側は「東北工程」プロジェクトでこの地域を研究に含んでいる[19][20][21]

観光[編集]

長白山の入口 2009年撮影
  • 鴨緑江: 白頭山(長白山)を源にし、中朝国境を境に成して黄海へと流れ込む全長803kmの川(北朝鮮最長)。
  • 長白瀑布: 白頭山には他に兄弟の滝、思技文の滝がある。
  • 天池: 白頭山頂にあるカルデラ湖。約100万年前に生じた。朝鮮の日の出は天池に始まると言われ、それは世にまれな神秘境を呈す。雪の中に咲くシロバナシャクナゲと湖水に棲むイワナが有名。
  • 無頭峰: 白頭の橋から8km下りて行くと見られる標高1,930mの峰。踏査者の利用する無頭峰宿営閣がある。
中国の観光政策

大瀑布温泉などがあることから、中国政府はアジア最大級のスキーリゾート建設など外貨獲得のため観光地化を進めている。日本や韓国からツアー客が訪れる際は、交通等の便が良い中国側から主に入山する。また夏季を中心として(7 - 9月頃)北朝鮮側(平壌からチャーター航空便を利用して三池淵英語版へ飛行)からのツアーも行われている。最近、韓国の現代峨山が韓国から白頭山に向かう観光ツアーの実現について北朝鮮側と交渉を続けているが、今もって条件面で折り合いがついていない[要出典]

スポーツ[編集]

  • 2009年2月18日から28日に中国の吉林省長春市で開催された第24回世界ユニバーシアード冬季競技大会は大成功を収め、天池から聖火の採火を行うパフォーマンスも行われた[22]。これをきっかけに、中国政府は黒竜江省ハルビン市と中国側の長白山地域(長春)にて、2018年冬季オリンピックの招致に立候補することを表明していたが[23]、最終的に立候補を見送っている。

日本の気候への影響[編集]

白頭山はユーラシア大陸から日本に向け吹き付ける冬の季節風の経路中にある為、山体により気流が乱され日本海にカルマン渦や帯状対流雲を発生させる事がある(詳しくは日本海寒帯気団収束帯を参照)。この現象が発生すると、雲がぶつかる地域で局地的な大雪となる[24][25][26]

その他[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 韓国チームの「白頭山はわが領土」セレモニーに中国が抗議 中央日報 2007年2月1日
  2. ^ 長白山のイメージ強化のため、18の学校名を変更―吉林省長春市 レコードチャイナ 2007年2月4日
  3. ^ 沈み込んだプレートの穴と長白山火山の起源のなぞ ―NECESSArray計画:中国大陸からみる地球内部の活動―, Changbaishan volcanism in northeast China linked to subduction-induced mantle upwelling 東京大学アウトリーチ室 Jun. 20 '2014
  4. ^ a b 秋教昇・都司嘉宣・朴昌業・姜泰燮:歴史時代の白頭山の火山活動東京大学地震研究所彙報 第86号 第1/2冊(2011) (PDF)
  5. ^ 白頭山の歴史時代の噴火活動 歴史地震研究会 歴史地震第26号 (PDF)
  6. ^ 早川由紀夫・小山真人日本海をはさんで10世紀に相次いで起こった二つの大噴火の年月日-十和田湖と白頭山』、『火山』43巻5号、403-407頁、日本火山学会、1998年。
  7. ^ 朝鮮日報、2011/01/29 09:44:11【萬物相】九州の火山噴火。「946年の白頭山噴火の際には、およそ1000億から1500億立方メートルの火山灰が噴き出した。」(クラカトアは200億)
  8. ^ 巨大噴火の爪痕”. 白頭山の謎. 東北大学総合学術博物館. 2013年3月5日閲覧。
  9. ^ 中国長白山の大噴火とその森林生態系に与えた影響 地学雑誌 Vol.97 (1988) No.6 P634-637
  10. ^ 谷口宏充、姫野嘉昭:白頭山噴火による中国吉林省赤松原発への火山リスクについて 日本地球惑星科学連合2013年大会予稿集 セッションID SVC48-12 (PDF)
  11. ^ 白頭山、4~5年以内に噴火か中央日報、2010年6月20日
  12. ^ 白頭山4、5年以内に噴火も=日本に火山灰、韓国政府が対策、時事ドットコム、2010年6月19日
  13. ^ 中朝国境の白頭山が5年以内に噴火の恐れ、威力はアイスランド火山噴火の1千倍?ー韓国紙レコードチャイナ、2010年6月21日
  14. ^ 2011年11月7日・週刊北韓動向第1075号
  15. ^ “【その時の今日】朝鮮・清の国境会談が決裂”. 中央日報. (2009年12月3日). http://japanese.joins.com/article/530/123530.html 2017年10月18日閲覧。 
  16. ^ 金基燦 『空白の北朝鮮現代史―白頭山を売った金日成』 新潮社, 2003/06. ISBN 978-4106100192
  17. ^ 中朝恩怨60年关系遇冷不奇怪
  18. ^ “韓国チームの「白頭山はわが領土」セレモニーに中国が抗議」”. 中央日報. (2007年2月1日). http://japanese.joins.com/article/247/84247.html 2017年9月19日閲覧。 
  19. ^ "Beijing Eyeing N.Korean Territory: Lawmaker", 朝鮮日報, September 7, 2006. (英語)
  20. ^ "China Seeks U.N. Title to Mt. Baekdu", 東亜日報, July 31, 2006. (英語)
  21. ^ ショートトラック女子韓国代表「白頭山は韓国の領土」』、スポーツ朝鮮/朝鮮日報JNS、2007年2月2日。
  22. ^ “中国初の高速鉄道、名前は「長白山」?”. 中央日報. (2007年1月12日). http://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=83614 2017年9月19日閲覧。 
  23. ^ “中国、2018年冬季オリンピック招致へ”. 人民網日本語版. (2009年9月4日). http://j.people.com.cn/94475/6748898.html 2011年5月10日閲覧。 
  24. ^ 2006年3月 帯状対流雲に発生したメソβ下層渦 気象庁 衛星画像事例集 (PDF)
  25. ^ NASA散乱計(NSCAT)で観測された寒気吹き出し時の日本海の風の収束帯 本リモートセンシング学会誌 Vol.17 (1997) No.5 P518-523
  26. ^ 冬の季節風時の日本海上の収束雲帯の構造 ournal of the Meteorological Society of Japan. Ser. II Vol.62 (1984) No.3 P522-533, JOI:JST.Journalarchive/jmsj1965/62.522

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

写真