松井房治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松井 房治郎(まつい ふさじろう、1881年明治14年)7月23日[1] - 1937年(昭和12年)12月10日[2])は、朝鮮総督府官僚

経歴[編集]

京都府出身。1911年(明治44年)、東京帝国大学法科大学を卒業[1]大蔵省を経て[1]、朝鮮総督府で財務部長や税関長を務め、全羅南道内務部長、慶尚南道内務部長、京畿道内務部長、京城府尹を歴任し、1929年(昭和4年)に咸鏡南道知事に就任した[3]

1930年(昭和5年)に退官した後は、朝鮮米穀倉庫株式会社社長、朝鮮郵船株式会社取締役、朝鮮農会副会長などを務めた[1][3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 大衆人事録 1937.
  2. ^ 『昭和十四年 国民年鑑』国民新聞社、1938年。
  3. ^ a b 朝鮮人物選集 pp.140-143 1934.

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第12版』 帝国秘密探偵社、1937年
  • 阿部薫 『朝鮮人物選集』 民衆時論社出版部、1934年